--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-30

策略?

中田英から5秒カウンター!豪州戦3-5-2

3-5-2、少ないタッチからの速攻。”?”。
今までの4バックで守りを安定とかポゼッションは、どこにいったの?

悪いことではない。むしろいい事だと思う。
しかし一体、何故この時期に?
疑問、疑問だらけだ。

もしかして、相手国を騙すため4年近くかけて偽りのサッカーをしようと
してたのか? それだったら、ヒディングなんかよりも遥かに凄い策士だ。
でもやっぱりサッカーは、得意なスタイルに磨きをかけていく方がいいよう
な気がするのだけれど。
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2006-05-25

ジーコの変化

ジーコの就任当初からの、微細な変化について。

それは、DFに関してだ。とはいっても、世間で騒がれる3か4か
ではない(それも関係するけれど)。

ジーコ監督就任の報が流れた時、解説の金田さんだったかが
「ジーコはブラジル人ですよ。センターバックにはでかくて
強いの置きますよ~」と口にしていた。自分の戦術理論をひけ
らかした前任者のDF構成が頭にあっての発言だろうが、ブラジル
の歴代のセンターバックを見れば、これは極めて正しい。
そしてブラジルの文化のもと生まれ育ったジーコも、当初はこの
路線でいこうとしていたはずだ。

しかしながら中沢はともかく、今DFの中心にいるのは宮本だ。
日本にはそんなに”でかくて強い”センターバックがいないから
というのもあるだろうが、ジーコはフィジカルよりも頭脳と戦術眼
に優れたセンターバックを選んだ。変わらない、頑固と言われた
ジーコも、実はかなり柔軟になっている?

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2006-05-16

久保の落選から思い出されたこと

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060515-00000061-mai-spo

久保の落選理由を語る時ジーコは「自分も選手時代に苦い経験をした
ので、このチームでは起こってほしくないと思った」と語ったという。

ブラジル代表として3度のW杯にのぞんだジーコだが、これまでその
経験に照らし合わせた発言はあまりなかったと思う。だがこの土壇場
になって、ついにそれを口にした。しかも苦い経験として。

’86年、伝説の名勝負と言われるブラジル-フランス戦は、試合中に
得たPKをジーコが外し、幕を閉じた。トヨタカップでの活躍、日本
で神と崇められる姿に隠されていたが、あの時の感情を今頃になって、
こんな形で聞かされるとは-サッカーは、多くの人間ドラマで彩られて
いる。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2006-05-15

日本代表メンバー発表

予想されたとおり、サプライズはなかった。強いてあげれば
久保の落選だろうが、今の状態では止む無しか。一方怪我の
柳沢は入っている、との意見もあるだろうが、動きの質が評価
される柳沢ならば、復帰した後も計算がたつという事だろう。
しかし願わくば、久保のスケールがワールドカップの舞台で
通用するかどうかを見てみたかった。あのジーコがトルシェ
のような愉快犯的な裏切りをするはずはないから、苦渋の
決断であったに違いない。

ジーコのチームづくりは欠けたヶ所に同じタイプを当て込む
やり方だから、久保の落選で巻が選出されたのは順当だろう。
ジェフを応援する私にはもちろん嬉しい決定だが、好調時の
久保よりスケールが落ちるのは否めない。しかし彼の持ち味
は長身だけでなく、ジュビロ中山にも似た気迫と頑張りなの
だから、ぜひそのプレーでチームを鼓舞し、サポーターを
盛り上げて欲しい。

またこれはサプライズではないが、松井の落選は残念だ。
かつては上手さをひけらかすようなプレーが目についたが、
フランスで経験を積みすっかりチームで機能する存在となった。
ボール回しで悦に入る今の中盤で、一体誰が前に飛び出すプレー
を見せてくれるのだろう? 中村俊輔が好調である事を祈るしか
ないのだろうか。


theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2006-05-11

投げやりな1ヶ月前

1日遅れでブルガリア戦を見た。当日に録画して見ていたが、
途中で寝てしまっていた。巻がゴールするシーンをテレビで
見てしまったので(あーあ、引き分けか)とのん気に思って
たら、負けていた。本番まで後1ヶ月だったはず?? こん
な完成度の低いチームで、ホントにいいのん?? もう少し
本番が近づいてきたら、ジーコに対してポジティブな内容を
書く気でいたけど、なんか萎えてきました。

今週のサッカーダイジェストでクロアチアの記者が
「(FIFAランクから)世界で日本が本当に17番目に強いとは
思えない。ヨーロッパだけでも17ヶ国以上強い国がある(要約)」
おっしゃる通りです。

また、
「弱点は監督のジーコ」
これもまた真なり、か。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2006-05-08

明日の試合

明日はキリンカップ、VSブルガリア戦。もし私が協会スタッフ、
もしくはチーム関係者なら、「中2日、3日でこんな試合を組む
必要があるのか!」と上司に噛み付くだろう。もし私が選手、
特に中盤より前の選手なら、練習から何からモチベーション
は上がらず、露骨にやる気のない姿を見せるだろう。”どうせ
もう、決まってるんだろ”。

みんな偉いと思う。だからこそあんなドン底人気のサッカーが、
ここまでになったのか(代表ね)? これは嫌味だけど、
選手たちは純粋に凄い精神力だと思う。サッカーに限らず、
仕事でも勉強でも人生でも、結果のほとんんど決まっている
ような状態で(当落線上)なんて位置に並べられたら、多く
の人がキレるはず。でも今回選出された選手はそうでない。
黙々と、前向きに試合の準備を続けている。
だからこそ人を魅きつける”プロ”という存在になれたのだろう。
それでも、いやだからこそ、こんな状況で試合を組まれている
選手たちが可哀想でならない。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2006-05-07

小野は手を抜いていたのか?

雨が降っていて、少し時間が空いていたのでテレビの浦和-鹿島戦
を見ていた。とはいっても他のことをしながらだったので、展開
そのものはあまり追えていない。
先日の千葉ー浦和戦では、千葉が組織としての素晴らしいサッカー
を見せてくれたが、やはり浦和や鹿島はタレントに依存したチーム
だと感じられた。ちなみにそれは、今の日本代表の姿でもあるの
だが・・・。

その中で小野は、らしいボレーで先制点、そして技術を見せつける
ようなキックで3点目を奪ってみせた。小野は不調にあえいでいた
はずではないのか? 中断前、最後のJリーグ戦でこんなプレーを
見せられると、”手を抜いていたのか?”と皮肉でも言いたくなる。
日韓W杯の決勝でのロナウドのトゥキックシュートが騒がれたが、
今日の小野のシュートとどちらが凄いだろうか?

この日の小野のプレーがどうであれ、ジーコのリストでは小野は
元々当確だっただろう。願わくば、本大会で小野には光って欲しい。
それは日本代表を応援しているからではなく、彼そのものがその
力を存分に発揮して欲しいと願うのだ。
かつて雑誌に後藤健生さんが(18歳の時のジーコと18歳の小野、
果たしてどちらが上手いだろうか?)と書いていた事がある。
私たちはまだ、その才能を十分に見せてもらっていないと思う
のだ。

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2006-05-06

二連戦を終えて

浦和戦での千葉は、おそらくオシム監督の予想や期待
を超えていたのではないか? 選手たちはそれぐらい
質のい高いサッカーを展開して、内容で浦和を上回り
結果も出した。

さて、そして次の横浜マリノス戦。これだけ良いゲーム
をすると、次は苦戦することが往々にしてある。果たして、
その通りであった(それとも横浜の相変わらずの粘り腰
を褒めるべきか)。
それにしても千葉は新人選手に弱い気がするが、気のせいか?
昨年のマリノス戦では(新人ではないが)山瀬に終了前に決め
られていたし、磐田戦では前田にやられている印象が強い。
東京ヴェルディの森本が初ゴールを決めたのも、千葉戦だった。
そして今日はゴールそのものを決めたわけではないが、マイク
・ハーフナーのあのヘディングにしてやられた感じが・・・。

それでも、一勝一分の結果には満足すべきか。ストヤノフが終盤
異常に倒れていたのも、アウェーで確実に勝ち点1をあげられれば
といった感じか(それとも疲れていたのか?)。
ともかく、Jリーグはしばらく中断となるが、再開後もこの勢い
を持続して、W杯でお祭り気分にひたった後に、また鳥肌の立つ
ような質の高いサッカーを見せて欲しい。

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。