--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-26

アジアカップ敗戦と慢心と

日本がサウジより有利な理由、なんていうのが書かれてあった
が、それを言うなら日本が不利な理由を同じようにあげる事が
できた。

それは昨年のW杯以来の宿敵となったオーストラリアに勝利した
気の緩み、達成感だった。加えてベスト4に残ったチームはすべて
(というよりアジアは全部そうなるのだが)オーストラリアより
格下だ。優勝候補に勝利したチームが”もはや優勝したも同然”
とその後コロリと敗退するケースは、トーナメントにありがちだ。
残念ながら昨夜の試合を見る限り、それは顕著だった気がする。
”疲労”というのは、慢心や油断が増幅させたものだ。
オシムは引き締めたというが、悲しいかな日本代表レベルの選手
たちは千葉の選手たちほど純朴ではなかった。

格下意識は序盤のパス回し、サーカスサッカーでそれはハッキリ
した。
あれだけボールを支配しいていたのに、サウジがシュート3本、
日本2本という数を聞いた時は愕然としたものだ。

カタール戦で危機感を持ちその後力を発揮し始めたのに、
オーストラリア戦の勝利でまたもとに戻り今度はそこを
超えられなかった。
大会を勝ち抜くには山を二回は越えないといけなさそうだ。
いや本当の強豪国なら、山をひとつ越えれば少なくとも精神的
にはそれが持続できよう。
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2007-07-16

勝利に何も言うことはなし

早いうちに先制されて、すぐに同点。この流れで引き締まって
結果出して。
前半のうちに逆転もしたのでさらに良い流れとなりました。
早く点取ったせいで緩んでしまうかな、と思いましたが、
今日はそんなこともなく。チームも成長してるんでしょうか。

というわけでグループの他のチームを見渡すと、本日の対戦
相手ベトナムはいいチームでした。昔のタイを見ているよう。
しかし組織的に成長できないのがアジアなので、先はわから
ないですが。
なんだかんだで最下位のカタール。これは是が非でも
エメルソン召集ですな。私はエメルソン恐怖症です。
あんな選手を個人で止めれる選手が日本に出るのかな・・・。

UAEは意地なのかどうか知りませんが、とりあえず最後に
結果を出しました。若手中心で臨んだ、ガルフカップで
勝っている、という事をあわせアラブの国がこの結果を
どう評価するのか・・・つまりメツ監督の進退です。
2002年の後、日本の監督へと個人的には望んでいた時期
もありますが、今はそうでなくて良かった、と感じています。
何だか、その場限りで結果だしとけばいい雇われ監督、の
ような印象を受けるからです。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2007-07-14

バカメディア

今衛星放送が入らないため、民法によるテレビ観戦。
テレ朝かよ・・・。

報道ステーションを切り上げ、おまけに番組内ですでに
試合前の様子とスタメン発表。
「やはりジェフの選手が多いですね」(by古館)
慌てて頭の中で確認してみましたよ。
どう見ても巻ひとりなんですが・・・。

思いこみって怖いですね。とにかくどう叩こうか、ああ
またジェフを優遇しているで決まり、のバカメディア。
古館も忙しいだろうしサッカーに格別の興味もなくお仕事
でやってるだけだろうから、余計なことは言わんでよろし。

おおつるジダンさんのおっしゃるように、
”巻を叩くぞ、ガオー”
”またジェフがいっぱい出てきたぞ、こいつで叩けるぞガオー”
と記事の準備を始めたマスコミ連中、並ぶ見出しが目に
映りました。おまけに点も取ってないし目立った活躍も
してないし、と証拠もばっちり。

けど今羽生みたいに動いてかき回すとか、水野みたいに
鋭い切り崩しができる選手って日本にいるんですか?
事情によりJの観戦を最近できないんで迂闊な事は
言えないんですが、どうなんでしょうか?
間違いなく小野ではないでしょうけど。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2007-07-12

アジアでもこんな舌戦が始まるとは

アジアカップでの、日本をとりまく監督たちのコメント
である。

カタールのムソビッチは試合が終わったにも関わらず
語る。当然ながらグループ通過を有利にするためだ。
UAEのメツは例え開催国とはいえ、格下のはずのベトナム
によもやの敗北を喫しその心中は穏やかなはずはないのに、
言葉で日本に圧力をかけている。

そしてそれ程賢くない日本のメディアは”崖っぷち”だの
”予選落ちの危機”だの煽る。世界を渡り歩いてきている
監督たちにしてみれば、なんと誘導しやすい連中だろうと
ほくそ笑むことになる。
初戦である。負けずに良かったのに、そんな論調はきれいに
なくなってしまった。

しかしアジアの大会でこんな監督同士のプレッシャーの
かけ合い、駆け引きが行われるようになるとは。時代は
変わったものだ。
まあワールドカップでは相変わらず勝てないから、世界
はそれより遥かに進んでいるわけだけど。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2007-07-10

ジーコ呼んで来て、シュート練習させろ!

アジアは甘くないというべきか、またやったというべきか。
1点を守りきるなんて難しいし、何が起こるかわからないのが
サッカーだから、やはりあそこは追加点をとっておくべきだった
ろう(だからといって守りきれないチームを擁護できないが)。

華麗なパス回しをしても、結局は点は取れず。
何となく昔(ドイツの頃)に比べてややゴール前の鋭さがあった
ような気もしたが、とにかくシュートが枠に行かないのでは・・・。
思わず”ジーコ呼んで来て、シュート練習させろ!”と怒鳴って
しまった。敗戦の次の日はやっぱりクルね・・・。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2007-07-02

自分を通す

自分を通すことは難しい。
最新の『サッカー批評』では選手の立場からオシムを語るということで、遠藤が選ばれていた。
遠藤はトルシェにもジーコにも認められ、さらにはオシムも真っ先に選んだ選手だ。その実力に疑いようはないだろう。

ただ遠藤自体はオシムのスタイルを全て肯定する存在ではない。パスや技術でゲームをつくる選手だ。だからこそ『サッカー批評』は異質から語るという視点で彼を選んだのだろうが・・・。

思ったより彼はストレートに監督が公に提唱するスタイルと異なる自分を口にしていた(もっとも監督のスタイル自体がマスコミのつくり出した虚実入り乱れたものなのだが)。
ただそこは、チームの目指す方向に合わせながらいかに自分の個性を発揮するかという前向きな意見である。
思えばグランパスの藤田もかつてそんなことを口にしていた。

何年かにひとり現れるような天才を除き、多くの選手の成功はこのバランスをどうとるかにあるような気がする。そしてそれはまた、サッカー以外の学校や社会というフーィルドでも、きっとそうなのだ。

サッカー批評 issue35―季刊 (35) /

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。