--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-31

走らない現実

テレビではアナウンサーが盛り上がり、TBSの契約社員と化した小倉
がきっちりと”お仕事”をこなす。金田さんも専門誌やスカパーとは違う
”ゴールデンタイム向け”コメントに終始。

予想通りオシム観戦はメディアへの格好のネタ提供。
”仕方がない”ではない。サッカー協会は対処しようと思えばできたはず。
電通とがっちり握った会長がしきる協会には無理な相談か。

それでもピッチの中で試合は行われ、一週間後にはタイ戦も待っている。
いくら観戦はできるようになったとはいえ、オシムに指揮を執ってもらうこと
も不可能。茶の間でテレビを見ていても、現実は胸を打つ。

世界で勝つ、インパクトを残すために高校サッカーにたとえれば流経の
ようなサッカーをになると思われたのに、今の日本代表は藤枝東。
うまいしパスも回るんだけど、走らないから強くない。
ボスニア・ヘルツェゴビナは強くなかった。3点と無失点。スコアは本番
の予選を前に良いものだけど、今までと何も変わらない結果と内容を
見せられても、もう国立を埋めるほどの熱気を呼び起こすことはできない。
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2008-01-29

卑怯なのはどなたですか?

ハンドボールが盛り上がっているようだ。
"中東の笛"に始まる数々の疑惑に、再試合が決まると
不当な圧力がかかった。

中東は卑怯だ!

けれどもサッカー側にいる私は非難する気になれない。
クラブワールドカップで開催国枠を主張し、Jリーグの
チャンピオンを出場させるようにした日本。
一部の評論家たちは対談で「鹿島は若手の場として
ACLを使うかも」などと平気で話していたが、Jリーグ
チャンピオンになればクラブワールドカップには出場
できるのだから天秤にかければ一方を頑張ればいい、
ということだろう。
もちろんこれは一向に補強をしない鹿島、という裏づけ
もあるから評論家たちが勝手に喋っているだけとはな
らない。

この制度ができた年にアジアを制覇したというのは皮肉
だが、口を悪くすれば(すべり止めがあって気持ちに
余裕が出たのだろう)となる。
中東はクラブワールドカップを持っていってくれればいい。
そして不当な制度をつくりこの大会にミソをつけた日本
に、しっぺ返しをしておくれ。

theme : サッカー
genre : スポーツ

2008-01-27

キリンチャレンジ、一戦目は粛清の場だったのか

「この寒いのに、やっぱり見に行かなくて良かったよ」などとひとしきり
日本-チリ戦の感想を友人と語り合った後、「ところで千葉勢起用は
粛清のためかい?」などと聞かれた。

こういうことだ。
監督が変わっても、そこそこいい結果を残しているチームや主力が固まって
いる代表はメンバーをガラリと変えると世論が反発する。そこで初っ端
は以前からいる主力を使い、(ほら、ダメでしょ)といった試合をおこなう。
日本代表では加茂さんが監督を受けたとき、ラモスたちを使い続け結果
を出せず段々と居場所を無くさせていったことが生々しい。

けれども今回はケースが異なる。
皮肉っぽい友人は”千葉勢”などと言ったが昨晩のメンバーはほぼそっくり
以前の代表だ(それでも内田を入れたのはささやかな主張を感じるが)。
これが半年だ、3ヶ月だとあるのなら”公開粛清の着手”とも考えられるが、
本番までに1ヶ月もない今は無理だ。チームのベースは引き継ぎつつ、
本番の中でソフトランディングとなるだろう。

山瀬あたりはそこでチャンスを掴む可能性が高いが、海の向こうに中村
が控えるだけに断言はできない。激戦区のボランチには鈴木に代わり
今野。この可能性は高い。アテネの時鈴木の落選に怒った私としては、
望む展開ではないけれど。
今ひとつ元気がなかった高原と、脅威となった大久保は? 絶対的と
思われていた選手が活躍できず、ポッと出の選手が急に脚光を浴びる。
FWというポジションは理不尽なサッカーの中でも最も理不尽なことが起
こる。もっともそれは、ゴールという結果によってだから理由が明快とも
言えるのだけれど。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2008-01-25

最近のことあれこれ

日本代表戦のチケットが売れていないという記事を目にし、
(明日はキリンチャレンジカップだな~)と思う。
空いてるし国立に行こうか、とも思うがこの寒い中何故に親善試合なぞ、
と思いなおし多分行かない。
岡田が嫌いな訳(だけ?)ではない。

千葉の監督に就任したクゼ氏。
サッカーダイジェストのインタビューで意気揚々とコメントしていたが、
主力選手の大量移籍を聞くと(聞いていない・・・)とポツリ。
点が取れない、チャレンジをしない、閃きが少ない、自己主張に乏しい・・・
まだありましたね。
それは”卑怯”ということ。
選手引退したら、こうした性質も芽生えてくるようで。

theme : サッカー
genre : スポーツ

2008-01-18

人事異動の時期なのか?

この時期は移籍情報が山盛り。
Jリーグの特集では売れないらしいから専門誌には良い時期
ではなかろうが、来るべきシーズンに向け期待に胸を躍らせ
る・・・となるはずが、まるではずまぬ。

新潟→浦和、川崎→千葉、川崎→名古屋??

まるでJリーグ株式会社内の人事異動。
日本人はもちろん、外国人までただの配置換え。

”あの”浦和がエジミウソン??
ワシントンが世界に全く通用しなかったのに、その穴がこれなのか。
いやワシントンの代わりは高原なのかもしれない。
しかし高原はドイツの中堅クラブで”そこそこ”活躍した選手に過ぎない。
いざとなれば開催国枠もあることだし、世界と同じ舞台に立つだけで
持ち上げてくれるマスコミ、満足するファンと考えれば無理する必要
もないのか。
この戦力ならば、手堅くやって国内タイトルのひとつぐらいは問題なかろう。

浦和でさえこの惨状だ。
他のJクラブは語るべくもない。
懐かしの千葉は?
ストヤノフがチームを去るきっかけとなった言葉をもじって、
送ってあげよう。
「こいつらはフットボールを理解していない。淀川は元サッカー選手
ではないんじゃないか? 」
どうぞ去年の横浜FCを上回るぐらいの最速記録をつくっておくれ。

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2008-01-14

特性を試合に生かすには

「国立は立ち見でもでるかというぐらいの満員」
という実況を聞き、会場に行かずに良かったと思う。
「当日券を買えず、テレビ中継を見るために急いで帰る人たち」
自分もそうなっていたかも、と思いホッとする。
選手権人気は健在、いや関東圏の千葉代表と王国・静岡代表の
対戦だけにそれも当然か。

以前書いたように静岡には怨念(私怨?)があるために、応援する
のは流通経済大柏。藤枝東のスタンドに中山の姿があろうが、そこ
は揺るがない。

流経の流れるような攻撃から早々に先制点。
”3-1ぐらいで勝ってくれ!”とこの時思う。
結果は完封勝利、しかも4点を叩き込んだ。
出来過ぎ、というのは正直な感想だろう。
藤枝が調子が悪かった、という訳ではなかろう。
それを出せないぐらい圧倒していたのだ。

実況では藤枝への枕詞として”パスサッカー”を強調していた。
確かに丁寧にボールを繋いでいた。
けれども印象も、結果もすべて流経が上。
こぼれるボールを、高い位置で拾う動きには感嘆した。
動きで圧倒していた訳だ。

流経は選手の質によりスタイルを変えるというから、これが彼らの
形ではないのかもしれないが、昔から言われる”日本のサッカー”
技術力があり、パスを繋ぐサッカーに欠けているものはこれだった
のだと思う。
動きがなければ、試合では活きないのだ。
そんな事、とっくの昔にジェフが見せてくれていたのだけど。
今はただ、これが忘れられず日本の高いレベルでも見られる事を
祈るばかりである。

theme : 全国高校サッカー選手権大会
genre : スポーツ

2008-01-08

高校サッカー 準決勝の情景

前回は静岡バッシングめいたものをしてみたものの、
準決勝の藤枝東-高川学園を見ているうちに(これは
藤枝東だな・・・)と思う。

サッカーの勝敗はどちらに転ぶかわからない、大きな
力の差がなければ尚更とはいうものの、見ているうちに
”これは逆転は無理”と思うような試合もある。
この試合はまさにそれだった。

(ぜひ流通経大との試合が見たい!)
そう思った時、私はまた静岡に負けていた。
それはW杯でブラジルよ負けろゝ、と念じつつ、いざ一回戦
などで負けようものなら急にテンションが下がる様子にも似て・・・。

その流通経大。
圧勝したが、今触れたいのは敗者の津工業。
三重の地方校と言うなかれ。
八十年代はインターハイ二連覇、近くで言うと小倉らを
ようし選手権優勝も飾った伝統ある県の代表である
(記録は四日市中央工)。
ノスタルジーにかられ、三重の高校サッカーを書き連ねよう
と考えていたが、大敗に今はその気分も意気消沈している。
救いはドリブルを生かす奔放なサッカーの姿か。

流通経大については決勝の後でふれよう。
”サッカーの勝敗はどちらに転ぶかわからない”
は、果たして決勝戦に当てはまるかどうかはわからぬが。

theme : 全国高校サッカー選手権大会
genre : スポーツ

2008-01-06

怨念

その昔、高校サッカー選手権で優勝した静岡県代表の東海大一の監督
(望月、だったか)が試合後のインタビューで「全国で勝つより、静岡で
勝つほうが難しい」と言ったことがある。
あれで私は(憎し静岡!)となる。
私はもともと清水東が圧倒的な力で韮崎を粉砕し全国優勝する姿を見て、
それに憧れを持った人間だ。だから静岡勢は応援の対象だったし、前年の
清水商業の優勝にも喜んだ。
ところがこの東海大一の一件からアンチ静岡に転向となる。
どこが出てこようが、静岡は私の中では悪役になったのである。

全国の選手、指導者の思いも同じだったか、そこから国見が躍進を見せる。
また市立船橋といった関東の新興勢力はもとより、地方の強豪校に過ぎな
かった愛媛の南宇和までもが全国制覇を果たす。
その後徐々に静岡勢が地盤沈下、全国のレベルが均一化していったためか
群雄割拠(といっていいかどうか)の時代を迎え、静岡は古びたブランドに
成り下がる(失礼)。

今回の高校サッカー選手権、藤枝東がベスト4へ進んだが県勢の国立行きは
10年ぶりらしい。さすがにそこまでとは、正直驚いた。
だからと言って静岡への怨念は消えていない。
服部監督のインタビューには好感を持ちかけたが、その後のアナウンサーと
解説(タブン城)が「静岡勢はベスト4なんかでは満足できないんでしょうね~」
やらなんたらの軽口にまたもトラウマ復活。静岡憎し! は蘇る。
ということで相手は高川学園。山口代表か・・・私は結構、ブランド好きだったり
するので気分は複雑でもある。

theme : サッカー
genre : スポーツ

2008-01-01

日本は司令塔のサッカー

近頃(Jリーグってどうなの?)と思っている
元旦の天皇杯決勝鹿島-広島はそれを象徴するかのような試合になった。
とにかく小笠原の存在感が凄い。攻めの起点は必ず小笠原、パスもとにかく
効いている。

なにが”どうなの”かと言えばつまりこの司令塔を中心としたサッカーだ。
中盤にこういったタイプの選手を置き、組み立てていく。鹿島は小笠原だが、
日本人で適した選手がいなければ助っ人外国人を連れてくる。浦和のポンテ
がそうだ。

これは日本代表でもそうで、必ずと言っていいほど中盤にこういった選手を
配する。ただ日本ではレベルが高くとも世界ではせいぜい中の上程度の技術、
おまけにJリーグをはるかに上回るプレッシャーのため大抵は機能しない。

世界のサッカーを見渡せば、このタイプの選手はもはや必要とされていない
のがわかる。かつては中盤にドンと構えていた技術、タイプの選手も今は
サイドにいったり攻守両面の運動量を要求されている。これは今の選手が
どうこうではない。サッカーの質が変わったのだ。

言ってみれば日本のサッカーは80年代までのサッカー。
協会などから威勢のいい言葉が多く聞かれるが、マスコミ向けのリップサービス
と現実はしっかりと分けて認識しておいた方がいい。

theme : サッカー
genre : スポーツ

ブログ内検索
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。