--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-29

退場で壊れたチーム、いつもの壊れ方のチーム

J1第8節はまず浦和-京都を観戦。
私自身が思い出深い地だからか、京都に肩入れ。
浦和は言うまでもなくスター集団だが、京都もかつてよく知る顔がチラホラ。
森岡、田原、柳沢・・・さながらそれは本流を外れた野武士集団のよう。
この日はベンチ入りできなかったが、監督の加藤久も日本サッカーの
本流にいながらそこから外れていった存在だ。

前半は京都のペース。
このままのペースが続いて、もしくは先制をしていたら浦和がジレて崩れて
くれたかもしれないが、田原が報復行為で退場に。
これですべてが崩れ四失点で完敗。
あれで退場なら、なぜせめてファウルをした阿部にイエローでも出ないのか。
理解に苦しむ。

ともあれ野武士集団京都は良いサッカーを見せていた。
これまではJ1に上がった時は力のありそうな選手を取り寄集めのようなサッカー
をしていたが、前節の新潟戦でも退場者が出ての敗戦だったようだし、こうした
試合が続いて精神的に崩れなければ期待もできる。
できればエンゲルス時代のような若手の躍進があれば良いが、今のところは
そこは厳しそうか。

さて一方関東では、千葉がホームに磐田を迎えての一戦。
茶野、村井という初代裏切り者がいるが、今となってはそんなことより目先
の一勝が欲しい千葉(村井交代の時は大ブーイングだったが)。

かつての千葉-磐田戦と言うと身震いするような激しい一戦を見せてくれていたが、
下位でやっている同士の対戦、のんびりと見ていたがなかなかスピーディーな
展開に身を乗り出す。
ただし千葉は先制すると何となく腰が引けたサッカーに変化。
前半終了間際に磐田に同点にされると、後半に追加点を奪われまたも敗退。
終わってみればいつものような敗戦。

悪いサッカーもしていないし、点も取るが良いペースは続かず守りもできない。
経験がない選手たちが多いからか、チームがまだ固まっていないからか。
ただし8節でもこの状況は、非常にマズかろう。
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2008-04-28

小野伸二信仰

日本には小野伸二信仰というのが根強くあるようだ。
”代表に小野が入っていないのが残念”
”小野を入れるべきだ”
チームでレギュラーでない、目立った活躍をしないにもかかわらず
こう言われるのは"天才MF"というイメージによるものだろう。

小野伸二信仰というよりも、これは昔からの日本人の性質だ。
私は小野を見ていると礒貝を思い出す。
十年に一人の大天才と言われたが、その素晴らしいパフォーマンス
を実際に見せたのは(特にJリーグに入ってからは)数回限りと言われる。

小野自身は自分がベストでないことをよくわかっていて、それが
救いと言えば救いだ。
Number702号で自身は(パッとしていたのはJリーグ1年目と高校生の
頃かな)と語っている。そう言えば礒貝も自分のイメージ通りに蹴れ
なくなった時期を客観的に回想していた。

同じくNumber702号からだが、その小野についての論考「埋もれた才能」では
(とことん決定的な仕事にこだわっていい。リケルメのような王様的なキャラクター
を貫くのも・・・云々)という記事が掲載されている。
要はトップ下で攻撃の中心となりタクトを振うことに専念せよ、ということである。
(現代サッカーの枠組みから外れても)というエクスキューズはついているが、
これは全く空論に過ぎない。
小野がベストなパフォーマンスを発揮した時を見たことがないので、その力量
で判断はできない。
ただその形で結果を出すならば、小野のために点を取れるFW、守備範囲の広い
MFなどまわりにそのシステムを成立させるための選手を配置しなければならない。
日本人選手を中心に据えるクラスの海外クラブでそうした陣容を取ることは不可能
だろうしJリーグ、代表では条件を満たせる選手がほとんどいない。
また一番の問題は小野自身の”怪我”という問題である。
頻繁に欠場せねばならない選手を中心に据えたチームをつくるなどという選択を
するプロ監督などいないだろう。


theme : サッカー
genre : スポーツ

2008-04-24

JリーグとJSL

知り合いから
(あんたのブログは丸の内御三家とか古い言葉が使ってあってわからん。
調べたわ)
とお叱りを受けた。
前千葉社長の淀川氏への皮肉を込めた以前の内容を読んでのものだったが、
私もまあそうだろうなと確信犯的に書いている。

リンクを貼ろうにもネットが普及する以前のことだから適切なことが少ない。
また探してみるとJSLに関するものはあまり見つからない。
JSLは遠くになった。

ただ今のJリーグを見ているとJSLを見ているような錯覚もおぼえる。
外国人も一流には遠く及ばないブラジル人ばかりになっていた。
Jリーグ開幕の頃には峠を越えたようなベテラン外国人選手が多くやってきて批判もされたが、
話題にもなったしきっちりと光るものを見せてくれた選手も多かった。

また問題だと思うのは、試合を見ていてもそれ程白熱しないということだ。
ここは一番問題で、若い選手などは自分たちはプロでやっているという気持ちで
いるだろうが、危機感がなければ土台はぐらつく。

地域密着などで地元でのサッカー普及や、我が町のチームを応援というピッチ外での
盛り上がりを考えればJSL時代との比較は適切ではないのかもしれないが、このまま
ではJSLにように右肩下がりの衰退を見せていくような気もしないでもない。

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2008-04-22

山を登り続けること

「やると決めたのは理屈ではない。周りを見たら登った山ばかりだったけど、
ちょっと横を見たら、断崖絶壁で、これにチャレンジしなきゃいけないという気持ちがわいてきた」


これはサッカー日本代表監督の就任会見での岡田武史氏の言葉。
Jクラブからの最近のオファーにも(周りを見たら登った山ばかり)と言って断りを入れていたと聞く。

札幌をJ2から昇格させた、横浜を優勝、連覇させた。
確かに岡田氏には”登ったことがある山”だったのだろう。
しかし監督というのは山に一、二度登ったらその栄光だけで過ごすものなのだろうか?

Jリーグでいえば長谷川健太監督は就任2年目でエスパルスを4位という成績に浮上させたが、
続けて指揮を執る今季は不振にあえぐ。
関塚監督はフロンターレを昇格、近年は好成績も収めるようになりその手腕を評価されているが
今季はやはり不調で自身も体調を崩した。

世界的に見ればマンUのファーガソンは数々のタイトルを獲得しているにも関わらず毎年タイトル
目指し指揮を執り続けている。
同じく老将ではイタリアのトラッパトーニは数々の栄光に彩られ、もはや晩年をのんびり過ごして
良い年齢にもかかわらず絶える事なく監督業を続けている。

洋の東西を問わず、みんな山に登り続けているのだ。
ひと休みすることはあっても、また1つのシーズンが終われば振り出しに戻り、下から頂点を目指す
のだ。

それをほんの数回頂上に登った経験をたてにして(周りを見たら登った山ばかり)などと言う人間
に名将の資質があるとはとても思えない。
人には過去の栄光を大事に守ろうとする人間とリスクを伴う新たなチェレンジを続ける人間がいるが、
監督というのは自分の人生にリスクを賭ける絶え間なき挑戦者であり続けるべきだ、と私は思う。

(蛇足になるが、そもそもクラブレベルにおいてアジアでろくな成績を残していない岡田氏がJクラブ
を(周りを見たら登った山ばかり)とするのは、不遜極まりない態度だとも思っている)

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2008-04-21

足でもいけるのね

Jリーグ第7節。
浦和-大宮のダービーがドロー。
不思議なもので実力差はあるはずなのにまたもこの組み合わせ
は引き分け、試合内容を見ていないので何とも言えないが、
さいたま市は市町村合併の念が強いのだろうか。

”多摩川クラシコ”と大それた、けれどもよく考えたら小規模な一戦は
(負けたらもう多摩川を渡れない)と言われたFC東京が勝利。
ナビスコの終了間際の失点を引きづり厳しいかと思っていたが、
多摩川を渡りたかったのかムービングフットボールが芽を出したのか
結果を出した。

さて名古屋-千葉戦。
またしても結果を事前に知ってしまうという失態を見せたものの、
斜陽の千葉はともかく好調名古屋を見たいためにテレビ観戦(おかげで
録画しているチェルシー-アーセナルがまだ見られない)。

前半は今ひとつの名古屋だったが後半スピードにのった攻撃で逆転。
驚きは2得点を決めたヨンセン。
前半PKを”ズドン”と決め力強さを見せたが、注目は後半のボレー。
長身ということもあってかその豪快なこと。
”足でもいけるのね”
今年の名古屋はこの絶対的な選手がいない時どんなサッカーをするか、
結果を残せるかで真価が決まる。

一方相変わらず降格街道まっしぐらの千葉の勝利はいつになるのか。
悪いサッカーはしていない、徐々に内容も上がってきているということだが
こうも結果が出ないと選手もサポーターもやる気を失くす。
一体社長の淀川はどう責任を取るのか・・・いや、任期満了で退任
されたのだった。
成績不振、選手大量離脱などの責任も所詮はこの4月まで。
ご自身は大きな恩を売ったサッカー協会の関係で今後も不安はなしだろうか。
丸の内御三家の出身者は、このあたりにはぬかりはあるまい。

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2008-04-19

優勝戦線の大一番、テレビあり

昔まだ日本のサッカーがJSLであった頃、”国立競技場を満杯にしよう”なる
スローガンがうたれた。
シーズンを通してではない。たった一試合、ピンポイントでだ。
いつも閑古鳥がなくスタジアムを、せめて一試合だけ満員にしてみようというのだ。
それだけ、サッカーに人気はなかった。
対象となった試合は日産-ヤマハ。当時実力伯仲のチームで、日産は人気選手
を多く揃え、ヤマハは正月の天皇杯決勝で素晴らしい試合を見せてくれていた。
当日はNHKでテレビ放送も行われることとなった。JSLの試合が放送されることは
極めて稀だった。

”どうか面白い試合をして、サッカーの魅力を伝えて欲しい”
関係者はもちろん、私のような一ファンも祈るような気持ちだった。
しかしながら、それ程わくわくする試合にはならなかった。
残念だった。

================================

連勝はストップしたものの、今年も好調な鹿島アントラーズ。
今季の調子は今一つだが、実力的には文句なしのガンバ大阪。
今季の優勝戦線を占う注目の一戦。
地上波での放送が激減してしまったJリーグ。
この試合はNHKにて放送された。しかし内容は果たしてどれ程の
ものだったか。

連敗を避けたい鹿島、星を落としたくないガンバ。
実力も伯仲、キープレーヤーを互いに欠く(特にアウェーのガンバには)
両チームが見合った試合になるのはわかる気もする。
ただイングランドでいえばアーセナルとチェルシーの試合を期待して待ち、
こんな試合を見せられたら、人々は次にサッカーを見ようと思うだろうか。

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2008-04-18

Jリーグ、上位陣序盤のあれこれ

Jリーグも6節が終了し、今年の上位陣が見えてきた。
まず好調な名古屋。
正直ヨンセン頼みっぽいサッカーをしそうだったし、ストイコビッチ
がいくら優れた選手だったとはいえ監督としてはすぐに結果は
出せないと思っていただけに、ここは驚き。
鹿島は昨年の優勝がフロックではないことを証明。
ただ今年はACLもある。アジアで勝てないチームを強豪と呼ぶわけ
にはいかないので、ここは両方が佳境を迎える夏以降まで様子見。
また横浜Fマリノスが今年はじわりと優勝戦線にからみそうな感が。
ここはJSL時代と違い優勝する時は地味に、いつの間にか勝ってた
というチームカラーになっていた。
京都サンガの5位も驚きだが、昇格チームが序盤で好調なのはよく
あること。もう少し様子を見る必要がある。個人的には思い入れが
あるチームだが。
(浦和はどうした!)
と埼玉の方から聞こえてきそうだが、ここはチーム力からいって当然。
この間の鹿島戦の後、たぶんキーパーの山岸だったと思うが「だいぶん
攻撃的になってきたんで、いい感じです」とか言ってたが、あの内容で
どこが攻撃的だともツッこみたくもなるものの、オジェクの時よほどストレス
が溜まってた事を伺わせるコメント。
ガンバはここから数戦が分岐点。
もしリーグも勝ち無し、ACLも予選敗退するようだと見放すことにもなるが。

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2008-04-17

日本サッカー、勝利のためのエッセンス

セルジオ越後の大島渚的怒りに辟易していた昨今、別角度の辛口批評で楽しませてくれている杉山茂樹さんが
編集したという本を見つけたので、買って読んでみた。
(ヨイショ記事にはもう飽き飽きだ)という刺激的なサブタイトルほどには中身は革新的ではないのだが、
辛口っぽくぬるいブログを書いていた自分を反省。もう少し思っていることを素直に吐き出してみようと
考えた。

本日は最近発見した東京のローカル放送がナビスコカップのFC東京-磐田戦を放送していたが、
特に見るべきものもない試合だったので感想はない(というかほとんど画面を見ていないので
書けない)。
そこで杉山さんの本の特集が岡田は是が否か(というか日本サッカーの未来はあるのか)だった
ので、それに関連したことを。

やれ個人が、とかやれ中盤がという”日本のサッカーとは?”の議論が繰り広げられ、(まだ日本
のサッカーは始まったばかりなのだから、これから何年、何十年かけて作りあげていくものなのだ)
とJSL時代に選手だったはずの方が自らの過去を否定するような昨今で、(話題のないサッカー
はとりあえずこれをコンセプトに記事を書いておきましょう)的なノリには正直うんざりしている。
私にしたら日本のサッカースタイルなんて当の昔にある訳で、監督によって右に倣えをしてみせる
サッカー協会の気がしれない。

ただそのスタイルだけで世界を勝ち抜けないのは歴史が証明しているのだから、そこに何らかの
エッセンスは加える必要がある。
日本人を語る時はよく武士だのなんだの言われるが、世界に伍する技術も体力ないのに(やあやあ
我こそは)と真正面から切り込んで見せても返り討ちにあうのは目に見えている。
また日本人は農耕民族だからゴールが奪えないとか何とか言うが、農民階級の人間がプロ、
ましてや代表クラスにはなれないのだからこの意見も単なる言い訳だ。
世界と戦うために必要なエッセンス、それはずばり”忍者のサッカー”だ。
変幻自在に現れて、敵を惑わし味方を勝利に導く。
ピッチ内のイメージは、概ね想像がつくでしょ?
それだけではなく日本人に欠けているマリーシアとかいうのも、忍術をイメージすれば備わるだろう
しスカウティングもホームでの敵チームのもてなしにも応用は効くはずだ。
(忍者なんて・・・)
と言うなかれ。
群雄割拠のライバルに、あるいは弱者が強者に挑むには何か隠し味が必要になるのだから。


↓杉山茂樹さんが編集したという本『サッカー番長』

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2008-04-15

赤き力は予想さえひっくり返す

(ACLがあったとはいえ、やはり鹿島が有利だろう。立て直したとはいえ、
今の浦和では難しい)

戦前はそんな予想を立てていた。
画面にスタジアムの様子が映し出され、考えは一変する。
(鹿島が負けるかもしれない)

浦和サポーターでつくられた赤きスタジアムに圧倒されたのだ。
浦和とは、ここまで凄い王国なのか。
例えやっているサッカーがスペクタクルでなくても、たとえフロント
がヘボくても、この一団に支えられたチームがホームでの天王山
を落とすことがあるだろうか?

予感は的中した。
大事な試合でゴールを決めるのは、やはりこの男だ。
永井雄一郎はルックスはもとより、その独自のボールタッチや
得点感覚にもっと注目が集まって良い選手だ。
惜しむらくはコンスタントに力を発揮できない(させてもらえない)
ところか。
2点目はセンス抜群のボールタッチで相手をかわし、軽く流しこんだ。
これぞ永井。ワールドユースのウルグアイ戦で決めたゴールを思いだ
させる美しいプレーだ。

永井の絶賛ばかりになった。
ゲーム開始時、闘莉王が前より、終盤では後ろに下げる。
後半、機能していなかった高原を躊躇なく交代。
そうか、ベンチにはエンゲルス。
オジェク解任にばかり目がいっていたが、この策士が指揮をとって
いるのだ。

これで浦和は復活。
今季も首位戦線に戻ってきた。
一方の鹿島は、スキのないチームで今後も中位以下に取りこぼす
ことはないだろう。
次節のホーム、やはり首位戦線に名乗りをあげたいガンバ大阪との
一戦が、再び大きな山場となる。

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2008-04-13

疲れていても

2008Jリーグ第6節、ガンバ大阪-アルビレックス新潟。
やや調子が上向き、ホームはガンバ有利。一方アルビレックスは今季初勝利がモチベーションか。
ACLでの長距離移動が、ガンバにとってどれ程の影響を与えているのかわからない。

前半30分からの観戦のため、スコアは既に1-1。
直後にアルビレックスが1点を奪う。
ただ1点差は、実力差のある相手に対してはガンバなら十分に返せるスコアだ。

後半に入ると案の定PKにより同点とする。
蹴るのはもちろん遠藤だが、近頃の私の楽しみはこの遠藤のPK。
日本代表のオーストリア遠征ではオーストリアのベンチもこれを見て苦笑いをしていたが、
ぜひ大一番で見せて欲しいPKだ。

ガンバのサッカーはある意味日本的。
パスを巧みにつないで、スルーパスやクロス。
疲れや不調もあるが、今年のFWはやや迫力不足か。
一方のアルビレックスには攻撃陣にいま一つ初勝利への気迫が感じられない。
むしろライン際ではガンバの方が熱がある。

結局試合は2-2のドロー。ガンバの疲れとアルビレックス守備陣の粘りの成果か。
アルビレックスは10節までに勝利があげられないようだと、鈴木淳監督の解任も
あり得るだろう。ガンバは例えリーグ戦は不調でも、2年前のようにACLを捨てるような
マネはせずアジアで活躍して欲しい。

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。