--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-31

アレックス・ミラーについて

このブログでジェフ千葉のアレックス・ミラー監督に謝罪をした後、雑誌をめくっていたら
今頃”ミラーは優秀。日本に多くのものをもたらしてくれる”という外国人記者(評論家?)
からの寄稿がされていた。

内容を見てみるとリヴァプールのヘッドコーチ時代に提出していたレポート類は有益で、
選手の洞察もよくなされていた、うんぬんといったような事だった。
他にも選手からも尊敬を得ていた、などの賛辞もあったが、今のジェフの雰囲気を
見ていても氏の人間性に問題はないのだろう。

ただ気になるのは、(監督としての実績は80年代)というところで、そこらあたりが劣勢な試合
での融通の無さや不明な交代術につながるのか、といったところか。リヴァプールでも試合に
口出しはできなかったようだし、要するに実際の采配から離れすぎているのだ。

もうひとつ気になったのがリヴァプールへと辞意を伝え24時間を待たずして日本に向かった、
なる箇所。それだけイングランドの名門チームにいるのが嫌だったのか、などのゴシップ
ネタには興味がないのだが、そんな状態でジェフと日本のサッカーをどれだけ理解してやって
来たのか、というところだ。

守備についてはまだしも、攻撃に関しては大きく放り込む傾向だが、精度はトレーニングで
いくらか改善もされようが実際ゴールを奪える迫力となると、日本サッカーの力で出せるは
ずもなく、ただむやみに放り込むだけの雑な攻めとなってしまう。
ジェフの戦力だから、というのもあるだろうが、先日たまたまリヴァプールの試合を見ていると
(Jリーグのタレントが揃ったチームでもこの半分の迫力も出せないな)と感じてしまった。
敵地では負けなければいい、といったガチガチのホーム&アウェー意識とともに、日本サッカー
への認識もままならないままやって来たという状態はやはり心許ない。

移籍の戸田は新たなチーム戦術のために必要な選手だったし、新外国人選手のミシェウも
有効なパーツとなりそうだ。この短期間の中で、これらをよくピックアップできたもので、
チームと選手を把握するミラーの眼力が低いものではないことは証明されている。
けれども監督という立場からながく外れていたブランク、また異なるサッカー文化圏(しかもアジア
という後進地域)への理解不足といった中で、果たしてミラーがどこまで素晴らしい采配を振える
かには、大きな期待は持てない。

最下位から脱したとはいえ、他の下位チームにはまだ大きく水を開けられた状態だ。
直接対決をした頃には(ジェフもひどいがここもひどい)なんて言われた京都サンガも、気づいて
みれば大きく順位を上げているし、すぐ上のジュビロは監督やフロントの交替と重い腰を上げ
意欲を見せ始めた。
一部解説者(粕谷さんとか)が”ミラーは肩書きだけで無能”などと来日の頃に言っていたが、
それは暴論だった事はこれまでを見てわかった。ただよく好まれるフレーズ”○○マジック”なる
強固なチームづくりと采配の冴えまでは期待できない。ジェフの残留のためには、監督だけに頼ら
ない選手とフロントが一丸となった、総力戦が必要だ。

最後に余談だが、ミラーは結果の如何に関わらず来シーズンもジェフに残ってくれるのだろうか。
ベンゲルのように日本でリフレッシュと監督への情熱(試合勘)を取り戻したら、ヨーロッパへ
さようなら・・・となるのだろうか。
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2008-08-30

代表FWの事を考えながら、浦和-東京Vを観る

J1リーグ第23節 浦和レッズ-東京ヴェルディ

バーレーンとのワールドカップ予選を前にした日本代表が、追加招集の選手を発表。
内田、妥当。
水本、今シーズンの様子を見てどうしたことかと心配したが、オリンピックではまずまず
だったのでこれも順当(あの絶対的二枚看板のバックアップにはもちろん役不足だが)。
大黒、ここだけはよくわからなかったので、ちょうど見ようと思っていた浦和レッズ-東京ヴェルディ戦
で気にしながら観る。

悪くないのではないだろうか。
ボールがないところでの動きすべてはテレビ画面では追えないが、やはりゴール前での動き出し
には特別なものがあるようだ。ボールをいったんあずけることもできる。優秀なパサーが多く、
近頃はサイド攻撃に偏ってきた代表には必要な選手だと感じる。
また後ろ方向へのディフェンスだけではなく、相手ゴール前に向かってもルーズボールを追い
プレッシャーをかける、いわば攻撃的なディフエンスをする姿にも好感が持てる。

田中達也がスタートから出れば、おそらくはアジア勢のディフエンスは翻弄されるだろう。
大黒は得点が欲しい終盤(先制されているか、アウェーでも勝利を目指すか)で投入されるのでは
ないか。そう、まんまジーコの時の大黒頼り。

玉田については辛辣な意見も見られる。
けれどもチラ見した今節の名古屋-清水戦などを見れば、やはり期待したくなるのもわかる。
以前見た試合では点取り屋以上にチームのチャンスメークも行っていた。
代表ではどうもうまく力が出せないが、こういう選手は往々にして存在する。監督がどこまで
固執するか、だろう。

巻はパワープレー要員と言われるが、これも所属のジェフ千葉でのプレーを見れば、その使われ方
では十分に機能しないことは明らか。第一代表にはいつだってパワープレーが求められる
過重労働のDF二人がいるではないか。必要もないのにいつも呼ぶのは、岡田が”オレ流サッカー”を
見せつけるための逆説的ベンチ要員に思えてならない。
佐藤寿人は良い選手。代表でどれだけ活躍できるのか。いつもプレー時間が少ないので
不明かつ残念。

とりあえずながい予選中、高原が復調してまた中村俊輔と点を取ってくれるかもしれないし、
ジュニーニョもどこかのタイミングで出てくるのだろう。3試合に1回は欠場かもしれないが、
大久保もいる。今のFW並みの活躍を急にし始める選手も出てくるだろう。
あれこれ言い訳をして長期でチームづくりをできる機会を潰してきた岡田だ。寄せ集めの
代表には、いつだって門戸は開かれている。

それにしても、浦和は代表とだぶる。
能力のある選手を揃えながら、個人頼りでまったく面白みがなく安定感のないサッカー。
先制されると闘莉王を前に残してパワープレー。
エンゲルスは、京都に住んでいる頃に天皇杯優勝の驚きと喜びをもたらしてくれた監督だが、
こんなにできない人だったか?
代表でサイドバックにされ、テレビ局には”MFもできる”などと屈辱的なテロップまで出された
阿部は下がり目のMFで登場。やっぱり阿部はこの位置だと思うのだが。
後半から一挙に変えられたツートップ(控えメンバーから凄いよ浦和)、けれども永井雄一郎
はサイドに押し出され、不満げに突破とクロスを繰り返す。どうも私のお気に入りの選手は、
便利屋に使われてしまう。

試合は東京ヴェルディが良いゲームプランで一点リードしたままロスタイムを迎えたが、
終了間際に阿部のヘッドにより執念でドローに。
願わくばバーレーンが、この日の東京ヴェルディ以上に素晴らしチームでありますように。

浦和について、現状の考察がされているブログ。
もはやACLは、絶望か・・・。

サイドプレイヤーの本質―実戦で生かす「サイド」の戦術 (B・B MOOK 551 スポーツシリーズ NO. 425 Socce)

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2008-08-29

下位の風景

J1リーグ第23節 ジェフ千葉-ジュビロ磐田

浴衣デーなのか、スタンドからは艶やかな女性の浴衣姿が多く映し出される。
先日のアウェーでの柏戦でも、タッチライン沿いからぬる~いブーイングが聞こえてきたが、
こんな穏やかなリーグの雰囲気は良い。本気で殺伐としたり、不満のはけ口の場にならない事
を祈りつつ。
けれどもプレーは、もう少し面白いものになって欲しい。下位争いだからこんなもの、と言われれば
その通りだが、チラチラ見ていた上位の鹿島の試合もそう楽しめるものではなかった。

(茶野はいるか、村井はいねか~)などの因縁を思い出すよりも、(少し前は上位争いだったのに・・・)と嘆くよりも、とにかく勝ちを狙っていかねばならない。
それはジュビロも同じ。ホームだし最近勝利もないので、その思いは強かろう。

試合が始まると(やはり降格争いだなあ)といった感じの展開。ジェフは巻が外れレイナウドと
新居がトップ。新居とうまく組めないからか、それとも(代表行くやつはあてにならんから)と
いう今後を考えてか。
そのためか大きなクロスを放り込む攻撃より、パスをつないだりスルーパスを狙う。ところが悲しい
かな、ジェフのレベルではうまくいかず引っかかったりトラップをミスしたりでチャンスにならない。
磐田もそうだが、知名度のある選手で2トップも、際どく外す。やっぱり日本のサッカーは、重要な
ポジションには外国人置いておかないとダメか?

後半は両チーム選手を交代させゴールを狙ったが、かえって雑になり両チーム無得点で試合終了。
ミラー監督の試合終了後のコメントは納得だが、
ホーム&アウェーの考えだけには首を傾げる。来日の頃ほど極端ではないものの、やはり(アウェー
では負けなければOK)という意識は強いか。今日の磐田には勝ち点3を奪っておかないと苦しい気
がするが・・・。

「Jリーグ」のマネジメント―「百年構想」の「制度設計」はいかにして創造されたか

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2008-08-27

早くも窮地

J1リーグ第22節 ジェフ千葉-川崎フロンターレ

(窮地って、ジェフは開幕前からずっと窮地なんだよ!)

と言われそうですが、そんなことは十分承知していますのでお許しを。
やや上昇気流にのったものの、それもながくは続かず早くもボスナーや谷澤、それにミシェウなど
重要な選手が欠け窮地のこの試合をどう乗り切るかが注目。

相変わらず体を張ってよく守ったものの、鄭大世の素晴らしいトラップから一失点。
日本人選手相手だったら大丈夫だったかもしれないが(?)、決めるべきポイントに外国人選手
を配す川崎相手にはダメだった。

とは言っても一失点はしょうがない。
余談だが北京オリンピックでの本田圭佑 のコメントについての(残念)の正体もこれで、
PKからの失点はしょうがないにしても、”(チームとしても)得点を取れなかった”という部分
をもっと考えて欲しかった(あのまま振り切られてもゴールを決められたかもしれず、そうなれば
かえって目立たなかったのかもしれないが、止めようとしたチャレンジはむしろ評価)。
事故のようなゴールもあるし、圧倒された日本代表が間違ってウルグアイから先制点を奪うこと
もあるのだから(笑)、失点をしないよりももっと”得点を取る”を意識して欲しい。

ジェフももちろんそうなのだが、ミシェウがいないと単純に放り込みか裏への一発だけなので
得点への予感はまるで感じられず。同点にでもできれば御の字と考えたが、川崎はうまく試合
を運んで無理はしないため(逆にカウンターで速くて巧い選手が追加点も取れるし)、その可能性
も低くなる。
ジェフの今シーズンの攻め手はこれだけなのだから、質を上げ迫力を持たせないと今回のように
アクセントとなるミシェウがいない状況ではかなり厳しい。
僭越ながら私はジェフのこの攻撃を支持しますので、ぜひ向上させ得点を奪えるようになって欲しい。

(日本代表だと散々、文句を言っているくせに!)

とツッコまれそうな雑な攻撃かもしれないが、代表は選手の質も高いし当面の相手である
アジア勢のレベルもそう高くないのに、上を目指さないから、そう言う。ジェフは選手の質が
おせじにも良くはないし、シーズン途中でこんな切羽詰まった状況の中内容を追うなんて
無理なので、せめて残留に向けての結果だけでも。

CBに新加入の早川、交代出場は若い松本と観ている時は(ずいぶんと余裕があるもんだ)と
イライラしていたが、考えてみればどこかで使わないといけない。レギュラーが抜けている、
ホームで上位チームを迎え討つといった状況では、悪い起用ではないか。

前節で良かったと思えば、また新たなイライラや不安は募る。下位とはこんなもので、
観る方もわきあがるネガティブな感情をモグラ叩きしていかねばならないらしい。
そういえば、日本代表の岡田監督が来ていたが、実は目当ては唯一の希望ジュニーニョか。
ところで、山岸は目立たない選手になったな。

「Jリーグ」のマネジメント―「百年構想」の「制度設計」はいかにして創造されたか

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2008-08-22

ジェフへの期待、高まる

J1リーグ第21節 ジェフ千葉-柏レイソル

連勝中のジェフ千葉はアウェーで柏レイソルと対戦。
序盤こそペースをつかめなかったものの、だんだんとエンジンがかかってきた。

ミラー監督がやってきて精度の低いクロスを放り込むだけの攻撃と思っていたが、ボールの質や
あげるタイミングは改善の余地があるものの、そこまでの過程に変化が見える。
加えて中央からのパスワークやミドルシュートもあるので、なかなか面白い。
選手たちが戦術を理解してしっかりトレーニングをしているという表れだろうが、ミシェウの加入
により中盤での変化やタメが作れるようになったのも要因だろう。
ブラジル人選手を中心にして頼りきるのではなく、その新しいピースを利用して個々の選手が
力を発揮するというやり方には、感心した。
というよりも、その力量を疑っていたミラー監督へ、ごめんなさい。

ディフェンスラインは固く、その前のボランチ二枚のチェックも厳しく大きな破綻は感じさせない
(戸田はちょっと厳しすぎかな、苦笑)。
クロスからパスを効果的につなぐ攻めの方にシフトさせるなど、選手交代により変化もつけられる。
(怪我が原因だったらしいが)出場機会が減っていた新居がゴール後監督のもとへ走っていき
飛び付いた様子などを見ると、雰囲気も良さそうだ。
内容も良かっただけに勝ち星が拾えなかったのは残念だけど、まだながいこれからのリーグ戦
を見据え、ダービーマッチの引き分けで気を引き締められたとプラスに考える事にしよう。

これで最下位からは脱出。けれどもまだマリノス、エスパルスなどとの勝ち点の開きは大きい。
ミシェウはこれからよりチームメイトとの連携を深められるだろうし、冒頭に書いたクロスの質
やタイミングの向上も期待できる。調子が上がってきた巻は、今シーズンの戦術変化により
ポストプレーや(これまで風聞ほどには強くなかった)クロスからのヘディングによる得点など、
また違った力を伸ばすことに成功していくかもしれない。
残留争いのハラハラとともに、残り試合でのジェフのチームや個々の選手の成長や変化を見る
のが、楽しみになってきた。

「Jリーグ」のマネジメント―「百年構想」の「制度設計」はいかにして創造されたか

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2008-08-20

絶望を感じた親善試合

キリンチャレンジカップ2008 日本代表-ウルグアイ代表

つばぜり合いで負けない。トラップはまず前を向く。チャンスになれば連動してスピードを
あげる・・・どうせいつもの親善試合、とタカをくくって見ていたら、ウルグアイがそんな
緩い気分を吹き飛ばすプレーを見せてくれた。そしてそれは、”絶望”を感じさせる、どう
しようもない差を明らかにした。

”世界に印象づけられる日本のサッカーを、考え展開すべき”。
このブログで日本代表を扱う時、多くはこの理念をもとに書いている。
既成の言葉を使うとそのイメージに縛られるだろうから嫌だが、それは
”日本らしいサッカー””世界を驚かす”などとほぼ同じと捉えてもらって
もいい(私は必ずしもそうではないけれど、”世界での勝利”とする人
もいるだろう)。

ただ今宵の札幌での親善試合で、(そんなものは無理だ。そもそも日本はサッカーそのもの
の動きが、選手に浸透していない)と打ちひしがれた。冒頭にあげたのがそのいくつかの例
だが、(だから意識づけをして)では及ばない。

世界基準の国々(あるいはサッカーが文化として定着した国々)は、頭で理解している
のではなく、もはや意識が肉体レベルにまで高められ、そう反応するようになっている。
だからルーズボールになれば、あるいはチャンスになればピッチにいる選手の誰もが
そうしたプレーを自然に行なえる。
激しいプレーをしている最中だ。例え頭でわかっていても、それだけでは
吹き飛んでしまう。テレビゲームやペーパー試験ではないのだ。
プレッシャーがかかる中でボールが来たらバックパス、チャンスでもきれいにボール
回しを続けていく・・・ずっとそんなサッカーをしてきたキャリアのある選手達が、
別のサッカーの動きをしようとしても、もはや体は受け入れないだろう。

こうした局面や流れの中での動きが自然にできてようやく、頻繁に言われる”得点力不足”
となる。
これも(まずシュートを狙う)(落ち着いてゴールに入れる)といった肉体レベルの意識
が必要だ。肉体レベルで反応できないから、これだけ批判されて頭でわかっていても、
シュートも狙わないし得点も決めきれない、を日本人選手は繰り返す。

これは戦術にも関係する。
大もとの動きができていないものだから、日本は戦術に縛られそこからはみ出した意外性が
発揮できない。また監督が変ると右往左往して、(また一から)を繰り返しいっこうに力が
積み上がっていかない。
あまりにも・・・あまりにも世界は、遠い。

北京オリンピックの若い世代でも、これらを高めるのはもはや手遅れだろう。
理想の日本サッカーの姿を見るためには、どんなに早くても今のユース年代の選手が
大人になるまで待たなければならないだろうし、あるいは実際この目で見ることができる
日は来ないのかもしれない。

ただしウルグアイ戦はあくまでも親善試合、本番はワールドカップアジア最終予選。
アジアの国々に対して守りは中盤からの早いチェックとディフェンスラインでの
はね返しで崩れることはないだろうし、得点はセットプレーから楽に決める事だろう。
また代わる代わる選び代えていける日本の選手層は、大きな武器だ。
同じグループのアジアの国々は事前に戦略が立て辛く、また試合中に臨機応変に対応
する柔軟性もないだろう(今宵の前半のように、ピッチに立ってみて左サイドが崩しやすい、
と対応することはアジアの国では厳しいだろう)。
軋轢もあるが、アジアでは通用するそれなりのレベルの選手たちを供給するJリーグの恩恵を、
代表は十分に受けている(もちろん海外でプレーする選手も含めて)。またそう考えると岡田監督
が節操なしに、いろんな選手をとっかえひっかえ召集する意味も見えてくる。

岡田監督の試合後のコメント
「逃げるプレーじゃなくて、前に行くことの大切さが皆分かったと思う」
は世界に挑むための指針ではなく、アジア予選前に油断が払拭でき心構えが
できて良かった、ということだ。

商業主義とFIFAの政治で、弱小アジアの出場枠は4.5もあるのだ。
その中で力を持つ日本が本大会に出場できるのは、止む得ないことだ。
だがもう、”世界に印象づけられる日本のサッカー”なんて夢は、見ない事にしよう。
聡明で誰よりも日本サッカーの身近にいる協会は、それがわかっているからこそ
きっと(本大会に出れればいいんだよ)という姿勢なのだろう。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2008-08-19

やっぱりパンダ?

ちょっと前の話題ですが、
「中国から新しいパンダがやって来るけどどう思いますか?」
と聞かれ
「いいんじゃないですか。可愛らしいし」
と答えていた人が
「年間一億円ぐらい払うことになりますが」
と聞いた途端
「えっ、そんなんだったらいらないわ」
と豹変してました。

人気の低下が囁かれるサッカー日本代表、パンダもとい小野伸二をウルグアイ戦に
召集しましたが、コアなファンは別として
「いいんじゃないですか。うまいし天才だし、頑張って欲しいです」
と概ね好評のようです。
(コアな連中は何だかんだ言っても見るからOK。問題は一般層だ!)
という狙いは、まずまず成功といったところでしょうか。

小笠原だったら?
「一般への集客効果があんまりないだろ。視聴率も上がんないし」
「それに鹿島のサポーターが(過密日程だ、怪我したらどうしてくれるんだ)
なんてブーたれ出したら余計うっとおしいしな」
フィクションです。

さて小野召集に関して、日本サッカー協会の新会長となった犬飼氏が発言されている
ようです。


「ただ、漫然と試合をやっていてもね。テーマが必要だし、監督にもどんどんマスコミの前で
(小野について)言ってくれと頼んでいる。そこをテーマに見に来てもらいたい」


エッ・・・パンダもといアイドルもとい小野をテーマに見ろと?
就任直後から川淵の傀儡だレッズびいきだという声もありましたが、実際に職務を遂行し始めない
といろいろ言えない、と思い・・・川淵氏より商魂はたくましいかもしれませんね。

再びパンダの話。
「そろそろ日本も協会を中心に”あるべき姿”を模索して、世界に印象づけられる
サッカーを披露していくべきと思うんですが」
「でもうまい選手集めてたらとりあえずワールドカップは出れるんでしょ? 
だったらいいんじゃないですか」

こんなんでも最終予選はグループ二位以内、どんなに悪くても三位は確保できそうなアジアが
恨めしいです。今最も期待を寄せる海外サッカーは、実はバーレーンだったりします。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2008-08-18

海外でのプレーがもたらしたものは?

北京オリンピックに出場した日本選手では、本田圭祐が多くの批判を受けている。
ただ良くも悪くも話題になる選手は幸せだ。
今回はそれほど”海外組”とくくられる事はなかったが、この年代の候補選手には
本田の他にも水野晃樹、森本貴幸がいた。
トップでの出場からながく離れている水野の落選は致し方なかったが(個人的には
極めて残念だったが)、森本は最終メンバーに滑り込み、先発で試合出場も果たした。
ただし話題になることが極めて少ない印象は受ける。

森本は”和製ロナウド”と呼ばれ東京ヴェルディでJリーグ史上最年少出場を飾った。
プレー面でロナウドめいたものを見せるわけではなかったので、メディアの煽りよりは
冷ややかに期待の若手の一人、といった感じで見ていたのだが、当時今より遥かに
力を入れてみていたジェフ千葉が初ゴールを許したりするものだから、少し注目の
度合いを強めてみたりもした。
その後セリエA・カターニアに移籍。試合出場とゴールも記録して、ポテンシャルを
秘めていることは引き続き感じさせていた。

けれども北京オリンピックのため召集されたU-23の壮行試合、本大会では強烈な
印象を受けることはなかった。
ボールを受けても無難に後ろにはたく、決定機のシュートはミートしない・・・その他
大勢の日本人FWと変らないプレーヤーとなっていた(ワントップでの起用など同情
すべき点もあるが)。

これを見て、永井雄一郎の事を思い出した。
永井雄一郎はしなやかなフェイントと独特のステップのドリブルでJリーグに華麗に
デビューした。その後ブッフバルトに請われドイツのカールスルーエでプレーしたのだが、
ここでポストプレーや長身を生かした競り合いなど本来のプレーと違うものを要求される。
その結果どうなったかを、1999年のワールドユースナイジェリア大会で見る事になる。
永井雄一郎はFWの一角として常時出場を果たしたが、得点は取れずまたプレーにも
積極性がなく迷いが感じられた。
トルシェがわざわざ呼び寄せ二大会連続出場をさせた選手だが、正直(わざわざ
呼ぶ程のFWか・・・)と思ったものだ。
ただ永井のポテンシャルの高さを印象づけてくれたのもこの大会だ。
準決勝のウルグアイ戦、永井はしなやかなステップで相手をかわし、勝ち越しとなる
美しいゴールを決めた。得点の数と活躍の多さではもう一人のFWである高原に軍配
が上がるが、鮮烈な記憶として残るのはこの永井雄一郎のワンプレーである。

この後Jリーグの浦和レッズに復帰した永井は、常時先発出場は難しいものの、サイド
にまわったり大舞台で得点をあげるなど随所に素晴らしいプレーを見せてはいる。
けれども(あのドイツ時代がなければ、もっと個性を生かした選手になったのではないか)
という思いもある。

異文化での生活、言葉の問題、チーム内でのコミュニケーションなどピッチ以外でも
海外でプレーすることにより得るものは多い、とはわかっている。
けれども今回U-23代表チームでの森本のプレーを見ながら、果たして今イタリアに
いることがプラスになっているのだろうか、と疑問は感じた。

僕たち「海外組」がホンネを話した本―フロンティア精神に学ぶ世界で勝つためのサッカー論

theme : サッカー
genre : スポーツ

2008-08-15

少数派はむなしく涙するしか

北京オリンピック、サッカーU-23代表批判のひとつとして”オーバーエイジ枠
の未使用”ということが多く言われているようだ。
個人的には(あんなもの、使わなくていいんじゃないの)なのでこの事には
これまであまり触れてこなかったけれど、このブログを読んで(前提を思えば・・・)
と考え込んでしまった。

私がオーバーエイジに執着しないのは、

1、あんなものはオリンピックの商業主義の一環で始まったもの。
2、そもそもオリンピックは世代別大会のひとつといった程度の認識で、
  サッカーの世界大会としてあまり重視しておらず、W杯を目指すA代表
  への育成の大会と考えている。

といった理由からだ。
1は近年のオリンピックサッカーの歴史を紐解けばわかるし(オーバーエイジを巡る私の拙文)、
2については(オリンピックはアマチュアの大会で、ワールドカップと比べる事もできない。メキシコ
の銅メダルの栄光を金科玉条の如くいつまでも掲げる日本は愚か)という教育(?)を施された世代
だけに、オリンピック軽視の思いは余計強い。

ただ”(サッカーがそれ程大事でない)一般層にとってオリンピックは注目される重要な
大会。だから結果を出すよう真剣に取り組まねばならなかったのではないか”という風
に言われると、商業主義だの育成だのマイノリティの考えでいるべきでないのかも
しれない、とも思う。

(日本の上の世代にメッシやロナウジーニョのようなスペシャルな選手がいるか?)
という反論もあるが、わずかでも勝利の可能性を高め結果へのこだわりを見せると
いうことであれば、オーバーエイジでポジションの補強と経験の注入をした方が
良かったのかもしれない。
今回消滅した大久保と遠藤は、前回のアテネでの土壇場での合流や指揮官のまる投げ
スタンスと違い、チームの一員となっていれば高い確率で機能したようにも思える。

けれどもマイノリティの目では、やはり育成のための3枠が使われるのには勿体無い気が
する。(今回は違うが)二大会連続でGKの枠がオーバーエイジで埋められた事と、いつまで
もA代表のゴールを川口と楢崎がかわりばんで守っている姿を見るにつけ、その相関関係を
思わずにはいられない。
またJリーグや選手の今後も考え、クラブ経営やコンデション調整を二の次にまでして召集
されるべきものかという疑問はつきまとう(これはオーバーエイジそのものへの疑問でも
あるが)。

結局日本サッカー協会がオリンピックを”結果を求める大会か、育成の場か?”の指針を
明確に示すべき必要があり、さすればこの馬鹿者もどの見方でオリンピックを捉えていけば
いいか理解できるのだが。
もっとも(4年に一回の大きな商売のチャンスより、2年毎の方が儲かるだろ、馬鹿!
それにオリンピックサッカーの見方の啓蒙なんて面倒なことはできないんだよ!)という
スポンサーと代理店としっかりタッグを組んだ巨大スポーツ営利団体の恫喝が聞こえて
くるようで、その答えは自ずと明らかに思え、少数派はむなしく涙するしかないか・・・。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2008-08-14

結果を出すより、世論操る方がずっと楽

昨日は北京オリンピック三戦全敗。今日は早くもウルグアイ戦に向けたA代表のメンバー発表。
20日に試合という日程を考えればおかしくはないけれど「13日にオリンピックの結果が出るから、
発表は14日ね」と考慮して決められたスケジュールでは、と邪推する。
小野、大黒などツッコミどころ満載だけど、そうはいくかいとばかりにA代表の話題にはここでは
触れまい。

そうこうしているうちに日本サッカー協会(JFA)の小野剛技術委員長がオリンピック代表にコメント。
早いな、おい! いや早いのはいいけれど、またもやツッコミどころ満載のコメントのオンパレード。
というか、タメ息・・・。この人はアトランタオリンピックでのスカウティングなどで力を発揮、広島で
監督としてはまだ未熟だと露呈したものの、その観察眼と分析力には一目置いていたのだが、
最近の言動からただ”ポチ”のひとりに過ぎなかった模様。

この総括めかしのコメントでオリンピックについては幕引き、昨日書いたように世論はワールドカップ
アジア最終予選モードへ誘導されよう。
一部の選手と反町監督には当分風当たりが強かろうが、W杯予選の一喜一憂でそれも忘却
の彼方へ(ところで反町監督、本当に大宮?)。

JFAは”結果を出す(勝つ)ことよりも、世論を操る方がずっと楽”なことに気づいているから、
これは当然の流れ。
メキシコ五輪銅メダル獲得時の(勝つ事でサッカーを盛り上げないと)なんてドロ臭くリスクの
高いことなんかしたくない。フランスW杯の時のように(本大会に出れなければ、Jリーグは
潰れて日本のサッカー人気も終わる)なんて身の凍る思いはご免だ。
アジア予選を勝ち抜く事はもう必要最低条件になってしまっているけれど、本大会で活躍して
下手にハードルを上げる必要なんてまったくない。
(大会後しばらくの批判が鬱陶しいな)なんて思っていたら、前会長(現名誉会長)が見事な
小芝居でそれさえも抑える方法を示してくれた。

バックアップは日本最大の広告代理店、扱うメディアに理念なんてないから情報を垂れ流して
おけば早々に世論は思ったところに顔を向けてくれる。
政治でさえ代理店つけて世論誘導してるのだもの。サッカーファンなんか赤子の手をひねる
より楽。
政治も(あらゆる面で)成果を出すより、世論誘導をした方が選挙は勝てて人気も上がる。
いわんや、一スポーツにしか過ぎないサッカーをや。
先日某大臣が「消費者がやかましいから」と発言し物議を醸したが、そのやかましい存在を
扱う事は、サッカーでゴールを決めて勝つ事よりカンタンに思われているらしい。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。