--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-30

コップの中のスパイク物語

私が最初に履いたスパイクは、忘れもしないアシックスのものだった。
今みたいにブランドが百花繚乱、なんて時代ではなかったから、
選ぶものは限られていた。

その中で少なくともアディダスは止めておこうと思ったのは、ことサッカーに
関しては何かにつけ張り合っていたのか私が勝手に敵視していたのか知らない
が、とにかくそういう奴がその頃に履いていたスパイクだったからだ。

そういえばあいつとの関わりではスパイクだけでなく、購読するサッカー雑誌も
影響があった。あいつがサッカーマガジンを買うものだから、私は他を買っていた。
まあスパイクなんかとは違って、これはお互いが貸し借りをして読みあえたから
良かったのだが。

アディダスとプーマ、その成り立ちが兄弟の対立、発展の過程に壮絶な血縁
どうしの対立があるとは不明にも知らずにいた。
もちろん私が物心ついた頃には超一流ブランドとして確固たる地位を築いて
いた両者が、洗濯室の小さな小屋で産声を上げたなんて知る由もなかった。

あいつとの関係でアディダスを履かなかった私が戒めを破ってそれを手にしたのは、
バーゲンで大幅な値引きがされてあったからだ。新しいスパイクを買った喜びよりも
妙な葛藤に苛まれていた私は、それを履いてボールを蹴った時にさらなる悩みを抱える。
それまでに履いた何足かより、はるかに良く足にフィットしたからだ。
(スパイクは、アディダスが一番合うのかも・・・)
妙な意地さえ持たなければ、私はもっと気持ち良くボールを蹴る時間をながく持てた
のかもしれない。

私の憧れは”革が薄く、素足に近い”と宣伝された天然皮革、中でもカンガルー革の
スパイクを履くことだった。そしてもう一つの憧れが、プーマを履くことだった。
これが一番ボールを蹴っていた頃に実現できずにいたのは、わずかな小遣いでは
賄いきれない、値段の問題に他ならなかった。

カンガルー革、プーマブランド。
ボールを蹴る回数が少し減った頃に、私は思いがけずこの夢を同時に叶える
幸運に恵まれた。
(うちのチームでスパイクが安く手に入ることになったんだ。
おまえの分も、注文しといてやるよ)
そう言って私にこの幸せを与えてくれたのは、他ならぬ”あいつ”だった。


スポンサーサイト

theme : サッカー
genre : スポーツ

2009-07-22

そんなことはないよ

忙しさにかまけてこのブログを怠けていたら、衆議院が解散していた。
かつては政治ネタ、宗教ネタなどは取り扱うべからず(日常生活でも話題にすべからず)
と決めていたが、近頃はもはや芸能との境界線はないような扱いなので、その不文律
も破ることにした。

不思議に思っていることが現自民党を動かしているのは森喜朗ということ。
喉元過ぎればなんとやら。様々な過去の所業を鑑みて、こんな男が政治の重要な役割
を握っていて、それを見過ごしている世間に呆れる。

こうしたことはサッカー界でもよくあることで、森喜朗にだぶる(あんな奴が・・・)となる
重要人物というと、やはりあの川淵三郎名誉会長だろう。
近頃は鳴りを潜めているが、またぞろどこかのタイミングで現われてくる可能性は
否定できない。

さて政治の世界ではてっきり(もう恥ずかしくて世間様に顔向けができない)となり二度と
表舞台に出てくることはないだろう、と思っていた安倍晋三あたりも何食わぬ顔で出てきて
いるのに呆れる。しかも内閣人事にまで口を出したり、いけしゃあしゃあとメディアで国を語る
様子を見ると、もはや恥という文化はこの現代にはないらしい。

サッカー界では小野剛、田嶋幸三あたりがダブるか。
日本人はつつましいしズルさもないから得点が取れないんだよ、というのは日本サッカー
擁護の枕詞みたいなものだが、はてさて、このような人たちを見るとそんなことはないよ、
言い訳は止めようよ、などと苦笑いも浮かんでしまう。

<PR>
「51歳の左遷」からすべては始まった (PHP新書)

theme : サッカー
genre : スポーツ

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。