--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-21

日本代表の嘘1

ひかりTVを契約していることをすっかり忘れてしまっていたが(苦笑)、
もったいないので久しぶりに見ることにした。
今年はワールドカップをどれだけ見れるだろうかと心配しているのだが、
考えてみればいつでも見れるプレミアリーグを放置しているのも、
もったいない話だ。

===================================

久しぶりに見た海外の試合で、私は日本代表で岡田監督の体制に
なってながく忘れられている事を思い出した。
”ボールをゆっくりと、丁寧に持つ”
というのがそれ。

これは今の日本代表の小刻みなパスワーク、絶え間なく素早く動き回る様子に
すっかり忘れていたこと。日本の強み、特徴はここにあるとされるから
得点力不足、無用なパス回しの多さに比べ批判されることが少ない部分だ。

確かに海外の監督や選手、Jリーグにやって来る外国人選手はこの”素早く
パスをつなぐ、動き回る”様子を長所としてあげる。
けれども日本のサッカーにもとから合わずに去っていく助っ人外国人は
別として、しばらくすれば怠慢なブラジル人選手は余裕でボールを持つ
ようになるし、得点という最大の仕事もあっ気なくやって見せるようになる。
親善試合をおこなうチームは試合の序盤で日本の特徴に気づくとともに慣れ
ていき、決定的な破綻を見せることはまずない。

日本の動きは確かに素早く、多い。
足もとのボール扱いも巧み。
けれどもこれが勝負で役に立っているかはまったく別。
日本代表監督として優れた仕事はできなかったジーコだが、
”ボールそしっかり保持して、丁寧に扱う”という風な指導(?)
をした。
この見慣れぬ代表チームの風景に批判は集まったわけだが”チョコマカ”
動き回って結局は勝てない日本の弱点を、ジーコは的確に見抜いて改善しよう
としていた訳だ。しかしながらオフトのように噛んで含めるような言い方を
メディアに向けてしなかったために、ただ批判だけされて終わってしまった。

後任のイビチャ・オシムがそれに気づいていなかったかと言うと、そうではない。
”走る”などと言うキャッチフレーズでメディアは大騒ぎしていたものの、
アジアカップなどの戦い方を見ればオシムもジーコと同じく”ボールを
しっかりと保持し、丁寧に扱う”という当たり前のチーム像を描いて
いたのは間違いない。

日本人である岡田武史監督に率いられ、前線に小柄な選手を揃えた現在の
チームの方が日本人の特徴をよく出しているというのも事実ではある。
けれどもそれが”サッカーの試合で勝つ”チームかどうかはまったく別
もので、親善試合とはいえ地元に招かれてのゲームでは強豪に軽く捻られ
(オランダ戦など)、アジアでも同等かそれ以上のチームには勝てない
(オーストラリア戦、韓国戦など)でいる。

”柔よく剛を制す”という言葉と重ね、日本の小刻みに素早く動き回る
サッカーこそが日本人のベストのスタイルという考えもわからなくもない。
けれどもそれは、あくまでもそれにはしっかりとした技術が伴ってのことであって、
試合で使える基礎技術は決して高いとは言えない現在の日本人選手のいるピッチ
において、この言葉を重ねることはできないのではないだろうか。

<PR>


スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2010-02-17

日本サッカー界は、角ばった石ころ

あんた矛盾も甚だしいわ。
「新聞とかが”負けたのは闘莉王(トゥーリオ)が退場したからだ、
などと書くだろう”って、あんたがイの一番に書いてますやん」


前回の内容を見た友人から指摘された。

ただこれには内心(しめしめ)とほくそ笑んだ。
理由は、こうだ。

(明日の代表の話題は、岡田監督の解任論一色になるだろう。ここはひとつ
違う切り口で・・・)

というへそ曲がりぶりが出たわけだ。
まあトルシェがトルコ戦でおこなったような奇をてらったやり方だが、勝敗が
ある訳でない、好きな事を書き綴ったブログだから、ここは大目に見てもらいたい。

ただ理由はもうひとつあって、
(日本代表の選手たち。果たして、誰がどれぐらい成長したか?)
をこの週末考えていた。

いないわけではない。
長谷部に本田だ。森本もまだ可能性の域だが伸びている・・・
すべてが海外組だ。

今回の東アジア選手権はすべて国内組。
国内の選手だけでは、今ひとつ力無いチームとなってしまうのは
ジーコ時代の半ばからの見慣れた光景。おまけに今はJリーグ勢がACLの
決勝にも進めない有様だ。
国内組のレベルは、明らかに落ちている。

ただ海外組はほとんどが中盤の選手。
FWやDF、GKはJリーグの選手で組むしかない。
しかもサッカーとは言うまでもなくチームスポーツであって、個々人の
選手の能力があっても闘えるものではない。加えてヨーロッパの日本人
選手は”チームに不可欠な存在”というわけでもない、せいぜい
”貴重ではあるがパーツのひとつ”に過ぎない。
ワールドカップを考えれば、(海外組が帰ってくればすべてが変わる)
などと楽観できる代物ではない。

=====================================

(代表監督に育成など期待するな。選手の能力アップは、チーム内や
個人の努力でやるものだ)

そんな声も聞こえてきそうだ。
けれども、わかっているはずだ。
サッカー後進国、日本の代表監督はその役割まで負わねばならないことを。
それをしなければ、世界と闘えないことを。

闘莉王のことは一年半ほど前、岡田は闘莉王の顔色をうかがっているのか?
という内容で書いて、その心配がまったく的外れではなかったという思い。
所属クラブ(浦和レッズ)でも野放し状態となっていた闘莉王のレッドカードを受けた
試合後のコメントなどを見れば、今後サッカー選手として成長する余地はないようだ。

遠藤は日本の選手にありがちな”オレってこんなパスが出せるんだぜ”という単なる才能が
ある上手い選手に留まってしまった感。岡崎は本当に格段に成長しているのだろうか?
玉田はワールドカップの経験を伝える、いやそれ以前にFWとしての責任を果たしているのだろうか?
疲弊しきってしまった中澤を、休ませる決断は今の時期できないのだろうか?(まさに12年前、
カズをそうさせなかった記憶とだぶる)
海外の雰囲気をまだまとっている稲本は気を吐くが、同時に阿部勇樹のことを考えると寂しくなる。
サイドチェンジ一本で稲本を軽々と越えるポテンシャルを見せつけた万能ボランチは、このまま
陽の目を見ずに消えていくのだろうか---------。

==================================

日本-韓国の試合の日、私は当初テレビ録画で深夜にこの試合を見る予定だった。
けれども予定を切り上げ、急ぎ帰途へ。
(どうせ何も変わらないのに、自分はなぜこんな無駄なことを・・・)

犬飼会長、原博実強化委員長らによるパフォーマンスにも似た会議の後に出された、
絶対に変わることのないシナリオ。
私の諦観は見事なくらいの現実となってしまった。
日本のサッカー界は、まるで角ばった石ころのようだ。
丸いボールが予期せぬ方に転がって思わぬ結果を生む実際の試合と違って、
とんでもないドンデン返しなど起こることはないらしい。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2010-02-14

闘莉王とラモス

東アジア選手権
日本代表-韓国代表

(闘莉王がジャマだなあ)
1985年のメキシコワールドカップアジア地区最終予選から日韓戦を
見始めて以来、
「テーハミング!」
をこれほど頼もしく聞いたことはない。
いや、韓国を心から応援したのも初めてだった。

中国に0-3という衝撃的な負けを喫している韓国に、不安はあった。
(もしかしたら今回の韓国代表はかなり弱いんじゃないか?)
大昔の絶対に敵わない、という恐怖。また一時期の強さにテクニックが
加わってきたと感じた脅威はなかったが、韓国はやはり韓国だった。
公式の大会とはいえ各国の代表が国内の選手や若手選手で占め、
いつ無くなってもおかしくはない東アジアのマイナーな大会でも
激しさは変わらない。いや、やはり日本相手だから特別なのだろうか?

懸念したのは、初めに書いたとおり闘莉王(トゥーリオ)。
守備でも、攻撃でも(?)。

守りでは前にグングン向かってきて、跳ね返す。
そして攻撃でも、怖いのは闘莉王の上がり。
セットプレーも遠藤のプレースキックよりも、闘莉王の存在の方がよほど
脅威に感じられた。

このブラジル人のメンテリティを持つ帰化選手をどう崩すか、抑えるかが
勝負のポイントと見たが、一点こそ献上したものの韓国は”何もプレーを
させない”という方法を選択した。
こんなアグレッシブな選手をどうやって自由にさせなくするのか?
ご承知の通り、退場にしてピッチの外に追い出したのだ。

================================

かつてラモスが日本代表に入った時、私はヒヤヒヤしていたものだ。
それは
(短気を起こして退場してしまうのではないか)
という事。
年齢は上がっていたがプレー面ではまったく心配なく、むしろ頼もしい限り
だっただけに、ラモスがもしピッチの外に追い出されてしまうような状況
になると日本代表初のワールドカップ出場は大きく後退することになるのは
明白だったからだ。

なぜこんな心配をしたかと言うと、Jリーグ以前の読売クラブ時代、ラモスは退場
の常連だったからだ。日本リーグ優勝を懸けた試合で懲罰的な出場停止処分もあった
(この時は読売を快く思わない勢力の嫌がらせ、ともされるが)。
熱い感情をコントロールできないラモスの怒りがアジアの予選で爆発してしまったら・・・
代表では自制したのか、それともキャリアを重ねた賜物か。青いユニフォームの
ラモスが退場となることはなかった。
けれども、そんなラモスが別の方法で消された試合がある。

アメリカワールドカップ予選の、対イラン戦だ。
序盤に相手の激しい当りを受けたラモスは、いつものキレを失っていた。
ラモス本人は否定するだろうが、国際試合の激しタックルに怯んでしまったのだ。

イランは、日本のキープレーヤーを最初のうちに試合から消そうとしたのだろう。
初のワールドカップ出場まであと一歩と迫った日本は、この試合で手痛い一敗を
喫し結局本大会に進むことはできなかった。
左サイドバック(都並)の不在、イラク戦ロスタイムの同点ゴール(いわゆる
ドーハの悲劇)などさまざまな事が予選敗退の因として語られるが、私はあの
イラン戦の敗戦、そして引き金となったラモスを”消した”プレーもあげたい。

=========================================

サッカーの勝敗は、さまざまな出来事、駆け引きがあって成立するということだ。
ラモスのようにピッチにいても消されてしまう場合もあれば、今日の闘莉王のように
完全にピッチから追い出されてしまう場合もある。
それは日本国内だけでは知ることのなかった激しさだったり、狡猾さだったりする。
ワールドカップに出場する上位クラスのチームであれば、完全にプレーで抑え込む
ことも可能だろう。いくらラモスが、闘莉王が歯向かおうが、その差は誰が見ても
歴然とすることもあるだろう。

”敗因は闘莉王がいなかったからだ”
関係者が口にするかもしれないし、新聞や専門誌がそう書くかもしれない。
けれどもそんな事を挙げてはいけないのだ。
技術や体力、戦術だけで勝敗が決するものではない。
感情の動きや駆け引きによって生じる心理戦----------現実は、数値や理論、
テレビゲームなどより遥かに複雑な世界に成り立っている。


theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2010-02-11

不穏な空気

東アジア選手権
日本代表-香港代表

一般的には快勝のはずの結果が、ここまで盛り上がらないのも珍しい。
前半半ば過ぎ頃までは重い空気になってきたが、日本が点を取った。
ただ点の取り方が相手のミス絡みだったためか、観衆も喜んでいいのか
悪いのかとまどっているように感じた。
後半に二点を追加し結局は3-0としたものの、テレビ画面から見えてくる
スタジアムは不穏な空気が漂っているように思えた。

いつも強がりを言う岡田武史監督の言葉にも、まったく勢いがない。
試合結果、内容が悪い時の目はいつも泳いでしまっているが、今日は
それは悟られないようにか帽子を深めに被ったままインタビュー終了。
「開催国が優勝できないというジンクスもありますが~」
などと言うノー天気風のインタビュアーの問いかけに
「そんなジンクスあるんですか。知りませんけど~」
などと返すのが、今日精一杯の強がりか。
この人のキャラクターなのか、相変わらず神経を逆なでする受け答えだ。

”日本代表‐踊る大4連戦”
などと言うコピーをつけてしまったフジテレビも、哀れ。
いつも大言壮言でサッカーファンを苛立たせるメディアも、今の代表
の扱い方がわからずとまどい気味のよう。

もっとも、最もつまらなさそうに見えるのが選手たち。
試合前からまったくサッカーに向かう喜びが感じられない。
二試合連続無得点、バッシングもあれだけ受ければそれも無理はないか。
通常であれば得点を取る、勝利するという結果で雰囲気はガラリと変わる
のだが、今日の試合後はそれがまったく感じられず、重い空気は増す
ばかり。

ワールドカップで日本と同じグループで最強とされるオランダは、
(多くの場合、大会前に内紛が起こりチームが空中分解してしまう
のが欠点)とされる。
同組で最弱とされる日本に同じような不穏な空気が充満しているのは
興味深いが、サッカーの実力よりもさらに弱い自己主張は、今回も
それを爆発させるまでにはならないか。
ドイツ大会の時も(レギュラーと控え選手の溝が生まれ~)(中田英寿
が孤立して~)などと後から醜聞がもれ、ゴシップネタとして扱われてしまい、
サッカーをただのスキャンダラスな見世物のようにされた。
今度の南アフリカ大会はベスト4だのホーム以外での初勝利だの一発屋めいた結果
は良いから、とにかく選手がサッカーを楽しくプレーする姿が見たいものだ。


theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2010-02-07

結果なんてどうでもいいから

東アジア選手権
日本代表-中国代表

「わたしがお客さんを呼ぶために人気のある選手を使うとかそういうことではなく」
「お客さんのことに関しては、そこまで背負い切れない」

岡田武史はインテリ風の生き方を目指すような男。現役時代のプレーに関する評価も
(知的なプレーが持ち味)と言うから、現状を正しく認識していないわけでは
ないだろう。

=======================================

”人気がある選手”というのが誰をさすのか、首を傾げる。
小笠原満男のことだろうか?
なるほどマスコミは小笠原が代表入りしたただの、なぜ使わなかったのかだのと騒いでいるが、
小笠原がどれだけ人気選手と言えるのだろうか?
鹿島アントラーズのサポーターも「使えよ」とは思っていても、集客力がある全国区
のスターだとは思っていないはずだ。

”客のことまで背負いきれない”は監督の仕事の範疇として賛否が分かれる言葉だが、
私は明確に”NO”とする。
岡田監督が現役を過ごした時代はアマチュア気質のJSL時代だが、今は全員がプロ。
(お客が離れれば、食いっぱぐれる・・・)
と背筋を寒くする選手たちも少なくはないだろう。
勝てなかったことに対する悔しさにこんな恐怖が加わるのは、その道で飯を食う人間
たちの極めて真っ当な感情だ。

冒頭の言葉に私が腹を立てているのは
(どうせファンなんてスターが見たいだけだろう。何でも勝てば騒げるんだろ)
そんな思いが透けて見えるからだが、それだけでもない。
(ウソもつき通せば・・・)。
自分をインテリだと思っている岡田武史は、十分承知している。
サッカーファンの不満がスター選手がいないことではないことを。
そして日本代表に、何を求めているかということも・・・。

=========================================

遠藤が
「もっとクリアボールを拾ってとか、しっかりパスをつないでとかだけではなくて、
一か八かのボールを裏に出して、岡崎が泥臭くボールを拾ってとかが、ゲームの中では必要」
と口にしたところ、
「それは岡田監督のコンセプトと違うのではないか?」
などと取材者が口にしたそうだ。

小笠原の件しかり、いまだに「なぜカズを外したのか・・・」と聞くインタビュアーしかり。
なるほどメディアは十年以上経っても進歩の跡がない。
けれどもファンはどうだ。
世界各国のリーグが生中継で見れるデジタル化、Twitterなどひとりひとりがレポーター、
評論家となれるネットなど環境の進化はどうだ。
”しょうがないから”サッカーを担当している連中より、ファンははるかに真剣。
だからこそ、裏切られた時のショックは大きくそれがガラガラのスタンド、低迷する視聴率
となってくる。

「もう本大会まで時間がないんだから、仕方がない」
その意見に、私もほぼ傾いていた(いや、諦めていたと言った方が正しい)。
けれども、昨晩の試合を見て、考えた。
(岡田武史には即刻監督を辞めてもらいたい。
監督なんか誰でも良いじゃないか。規定に沿うよう名ばかりの存在でも連れて行って、
選手が自分たちの戦いやすいよう試合をすれば良い。
日本のような主張のない国では、選手だけでまとまるのは難しいだろう。ましてや今
のチームにはリーダーもいない。試合は大敗が続くかもしれない。
でもファンを馬鹿にしている代表監督なんかが率いるチームより、ずっとマシじゃないか----)。

<PR>



theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2010-02-03

奇跡の可能性

キリンチャレンジカップ2010
日本代表-ベネズエラ代表

オフ明け、コンディション不良の二月の試合。
キリンチャレンジカップがしがない親善試合に過ぎないことは、
もはや常識(日本サッカーをながく応援いただいているキリンさん
には、申し訳ないのですが)。
しかも(大分の方にも申し訳ないのだが)地方の試合となると、
選手もいささか熱がない。
サッカー選手には、(めたにない首都圏以外の試合。良いゲーム
を見せてやろう)というプロ魂はどうも希薄のようだ。

そんな訳で、予想を上回りも下回りもせずの光景。
しいて言えばベネズエラ代表がなかなかの好チームだったことが意外。
これで二軍以下、しかも遠いアジアに遠征しての試合だという
のだから、恐れ入る。

日本チームはほんの少し良いパス回しと、高い個人技を時折見せる。
それもそのはず、中盤はほぼ”黄金世代”。
いまだにこの選手たちがトップを張り続けていることに、嬉しさ
よりも近い将来への不安が募る。
トップは”動と静”という言葉を忘れたか? いやそもそも要求
さえされてないのだろう。ディフエンスはこのレベル相手にまでは
鉄壁を誇るが、本番レベルの相手になると粗が出るのは証明済み。
「若い選手のテストもできた」
と岡田武史監督は胸を張ったが、センターバックの交代は相変わらず
無しで、無得点の中でここを代え、逆に黒星を喫して叩かれるのは
嫌だったのだろう。
つまりはレギュラークラスのバックアップはこのポジション
には皆無ということだ。

もっともそれは、中盤から前も同じ。
冒頭で書き忘れたものの、国内組のみのチームということも
つまらないゲームになる確率が高くなる大きな要素。
中村俊輔、長谷部誠あたりが入れば全然違うチームになる。

もうワールドカップまで半年もない。
このチームは、ごく少数の選手たちの大きな影響下にあるチーム。
奇跡が起こればベスト4にも入れる。それがサッカー。
FW、中盤・・・果たして、今いる中心選手のレベルを大きく超える
とんでもない選手が、これから数カ月で彗星のごとく現れる可能性と、
ワールドカップベスト4入り。
どちらの奇跡が起こる可能性が、高いのだろうか。


theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。