--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-31

世界を驚かす要素は”ゼロ”

「良い素材で料理すれば、だいたい美味しいモン
できんねん」

これは昔かよっていたラーメン屋のおっちゃんの言葉。
洋食のコックだったということで、仲良くなってからは

「いい肉が今日はあるから、ピカタ食うか?」

などと普通ラーメン屋にはないメニューを出して
もらっていた頃が、懐かしい。

===================================

日韓戦でほぼ一方的に負けた日本代表は、選手同士で
話し合いの場を設けたらしい。

そして迎えた、対イングランド代表戦。

阿部を中盤の底に入れる、中村俊輔を外す(これは怪我
のためかもしれないが)などと、布陣を変えてきた。

”セットプレーで点を取る。
守りはしっかりと固める”

狙い通りに闘莉王が先制したものの、後半オウンゴールで
逆転を許した。

闘莉王、中澤のオウンゴールを揶揄する声も多いが、馬鹿言え。
あれだけ攻められたら、ミスも出る。

わかった事は”90分間を守り抜くのは、相当キツイ”。

もっともこれは超一流国のイングランド相手だから。
カメルーン、デンマークにはどうか?
けれども、この日のイングランドは所詮、調整試合
ということもあるのだが・・・。

もうひとつわかったのは”セットプレーでは取れるな”
という事。

こんな事は、アジア予選の時から見えてはいた。
オーストラリアのアウェー戦では、したたかな
試合運びで逆転されてしまった。
改善の兆しは、まるで見えなかったその後の日本代表。
けれどもカメルーン、デンマーク、そしてオランダでさえも、
試合運びが格段にうまいかと言うと、それほどでもない感じだ。
うまくハマれば、日本が勝ち点を積み上げていく可能性もある。

いずれにしても、中村俊輔が口にした(これまで積み上げてきたもの
が消えてきている)という言葉は、的を射ている。
アジアの中堅国やキリンカップなどの親善試合で、組織のサッカー
らしきものを見せていた岡田監督(そして大木コーチ)は、
実はまったくそんなものなど作れていなかったことを露呈した。

”守備を固める。
セットプレーで点を取る”

それはワールドカップに出場する中で最も力のない国が
(ただ結果だけを目指して)取り組む、現実的な戦い方。

たとえそんなやり方で勝ち進んでいっても、世界中のサッカー
ファンが日本を歓迎し、記憶に残してくれるものだろうか?

”選手同士で話し合って、自分たちの良さを出し切る”

(日本人選手の力を、世界にアピールできれば)
そんな段階は、とっくに終わっているようにも思える。

イングランド相手に選手個々が力を出し切ってある程度弱者
のサッカーをすれば、結果は昨晩ぐらいのものになる。
加茂時代のイングランド戦、トルシェ時代のスペイン戦など、
こんな戦いはずっと見てきたじゃないか。

”日本、善戦。ワールドカップへ光明”

こんな見出しが白々しくてしょうがない、開幕二週間前だ。

<PR>
オシム勝つ日本



スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2010-05-26

しんきろう座談会 あれは冗談編

-
さあ、気合いを入れて日韓戦を語りましょう!

nike3-
え~、もうええやん。あんなの。
それよりチャンピオンズリーグ決勝についてやろうよ。

-
あの試合はあんたが録画間違えて、後半途中までしか
見れてないじゃないですか!

nike3-
・・・・・・・・・・

-
気を取り直して、本田圭祐に関して。

nike3-
まあ、可愛そうやよな。
力を見せよとしても、今までほとんど一緒に
やってないんやから連動はない。
個人でやろうにも、力不足。

-
バイエルンのロッペンばりの切り込みを試みましたね。

nike3-
あれが力及ばずの象徴。
前半の途中からはうまくいかないもんで、気合いだけが
空回りしてしもうてドンドン存在感もなくなっていった。

-
惜しいですね。
今まで何度も使うチャンスはあったのに。

nike3-
中村俊輔は、完全にプレーしとらんかったな。

-
本田との関係ですか?

nike3-
いや、もうチームがイメージからかけ離れた形に
なってるんやろ。コンディションもかなり悪そう。
スタッフがもうちょっと、ケアしてあげときゃな。

-
'98年のカズに近い感じですかね。
他の選手について。

nike3-
長谷部がえらい褒められてるけど、どうかな?
長友も個人では目立ってたけど、チームの役に
立ってたと言えるのか。

-
遠藤もコンディションが悪そうでした。

nike3-
今シーズンは、ずっとあんな感じやからな。
(国際試合じゃ、あんなもんか)
という意見も聞いたけど、それはジーコ時代
に証明済みのはず。

-
ディフェンス陣をいってみましょう。

nike3-
なんや、岡崎と大久保はスルーかいな(笑)。
阿部、今野の便利屋コンビは、最後までこんな使われ方
やったな。
阿部のセンターも、後ろから攻撃を組み立てる意図が
あればわかるし、今野もサイドを抑えるなら合点がいく。
でもあれじゃあ、ただの頭数合わせ。

-
意図がないという意味じゃ、選手交代もそうですね。

nike3-
ドイツ大会の時の小野伸二の場合は、(キープか? 攻めるのか?)
と迷う選手がいたという事やけど、中村憲剛の場合はカオス状態やろ。
矢野貴章の投入もようわからんし。

-
まあ、矢野の場合はパワープレーでしょう。

nike3-
けど、矢野ってそもそもパワープレー要員なんか?

-
何か、アジア予選の時も同じような疑問を提示したような。

nike3-
屈強なセンターとか長身FWとか、選手がいないのはわかるけど
それなりの構成はつくっておかないと。

-
岡田監督は無能、と。

nike3-
そんな事はないやろ。
コンサドーレとかマリノスじゃうるさくリクエストしてたんやろ。
結局、安定の中には真剣味は生まれんのやよ。

<PR>
ドーハ組VS南ア組 時空を超えたサッカー日本代表論

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2010-05-25

バンザ~イ、無しよ

未だに希望を持っていたのかと、自分事ながら驚いてしまった。

岡田監督、進退伺は冗談!

韓国戦の敗北のあと、某掲示板で
”岡田が進退伺いを出した”
と目にした。

掲示板に書き込んだ人も、
(まあ、カッコだけだろうけど)
としていたように、私もそう思った。

==============================

電車内で携帯から、検索する。
めったにはやらない行為だ。

”岡田監督、進退伺は冗談”

携帯を折ってしまいそうなぐらい、腹が立った。

(ああ、自分はまだあの監督の辞任を期待してたんだなあ)

と、冷静になって苦笑い。

オシムだ、トルシェだ、ベンゲルだ。
そんな声が現実的でないのは、重々承知。
オールスター戦のことを思い出せば、オリヴェイラの顔
もよぎるが、
「このメンバーで、どう闘えと言うんだ」
と笑うだろう。

「バンザ~イ、無しよ」

とは、ふた昔以上前に流行ったギャグ。

これだけサッカーファンが憤ってるのに軽口を叩けるとは、
岡田武史という人間はよほど図太いのか、壊れてしまって
いるのか。
”うつ病報道”もあったが、同情できない。

昨晩の敗戦後の選手達の呆然自失の表情も、冗談のひとつ
だったのか?
そうだとしたら、サッカーなんて軽薄者のするスポーツだ。

<PR>
ドーハ組VS南ア組 時空を超えたサッカー日本代表論

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2010-05-24

世界を驚かす椅子

キリンチャレンジカップ2010
日本代表-韓国代表


世界に対してもだが、韓国に対しても不遜だ。

「あいつらができるんだから、オレたちにもできる」

それが岡田武史監督の”ベスト4”論の根拠のひとつだ。

Jリーグが開幕し、ジーコやディアスがやって来た。
レオナルドやドゥンガという、ワールドカップ現役
優勝メンバーが勢ぞろいしていた時期もある。
そんな光景を身近に感じ、また体系的な育成プログラム
で小野伸二や稲本潤一という黄金世代も生み出した。
ワールドユースでは準優勝という結果も出した。

アジアに韓国は君臨していたものの、そのテクニック
は粗いとされ、日本が直接対決で遅れを取ってしまう
のは”体力”と”韓日戦での異常な闘志”だけとされた。

ひと昔前、日本は明らかに韓国サッカーを時代遅れの
集団と見ていた。

ただ韓国は、強く、巧く、鋭い集団になっていた。

「Jリーグでプレーしていた選手です」

そんな紹介が、空しい。
イングランド? ドイツ? ロシア?
今の所属は、どこだと言うのか。

力まかせでない体の使い方を身に付けた韓国の選手の
幾人かは、全盛期の中田英寿が当たりに行っても
止められたかどうか。

早々の得点は出来すぎだとしても、横に後ろにしか
パスを回さない日本からは、前半のうちに得点を
奪っていただろう。

後半のペースダウンは、予定通りか。
まったく役に立たなかった中村俊輔。
自分の存在を見せつけようとする姿がかえって痛々しい、
本田圭祐。
無用に対立を煽られ続ける日本の中心選手たち。
個々の力も日本の選手たちを凌駕しているのに、
チームとしての意志統一も図られているのだから、
手も足も出ない。

もしかしたら韓国は、世界にそれなりの存在感を
見せつけてくれるかもしれない。
もっともアジアの中からそんな驚きを世界に見せる
のは、一チームだけで良い。
ワールドカップでは血を奮い立たせるような新鋭の
チームが、いくつか現れる。
けれどもその椅子は、わずかでしかない。
そんな貴重な椅子に、目も虚ろな監督や選手たちが
例え偶然であっても、座るべきではない。

<PR>
ドーハ組VS南ア組 時空を超えたサッカー日本代表論

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2010-05-23

メディアサプライズ

ワールドカップ南アフリカ大会が目前に迫り、
日本代表も発表されたのに、自分の中では一向に
盛り上がらない。

仰々しく出陣式が行われたりテレビで特集が
組まれたりして予想通りに持ち上げられては
いるものの、世間の関心もそう高まっている
感じではない。

そんな中でGKの川口能活が”サプライズ選出”
として取り上げられ、スポーツニュースなど
でも次々にインタビューをされていた。
個人的には矢野貴章の選出の方がよっぽど
驚きだったが、このアルビレックス新潟の
FWは、マスコミ的には”おいしくない”
存在なのだろう。

日韓大会では中山雅史に秋田豊、そして
前回のドイツ大会では巻誠一郎。
眼中にも入っていなかったようなベテラン
や当落線上にいた選手の土壇場での選出に
比べ、川口の代表入りがどれほどの驚きだったか。

結局マスコミは話題をつくらないとメシの種
がない訳だから、今回はその対象として常に
ワールドカップメンバーに選出され続け名前も
知れたGKを選んだ。それだけに過ぎない。

中村俊輔と本田圭祐の共存、あるいは対立もそうで、
役割的にそれほど被っているとは思えないし疲弊
しきったベテランと上り調子の新鋭を、こんな雑音
でまぜくるのは良い事には思えない。
勢いに乗る選手を重用するのは当たり前だし、
短期間の勝負であればベテランの力が必要な
場面も必ず来るからだ。

==============================

数週間のうちに、これらのストーリーを覆す
ようなネタは新たに作れないだろうし起こらない
だろう。

そうなると次に来るのは、負けた時の戦犯”
つくりだ。
おそらく出場機会はない川口はともかく、
既にストーリーの主役となっている二人の
どちらかか、それも負けた時のやり玉
に上げやすいFWか。

スポーツどころではなく自国のリーダーでさえも
こきおろすしかないマスコミ連中はずっと変わらない
だろうから、こんなくだらない話題づくりなどする
必要もないぐらいサッカー人気が落ちるのは、
あながち悪い事ではない気がする。

<PR>
JAPANサッカーに明日はあるか (文春文庫)

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2010-05-12

盛り上がってるのか、盛り下がってるのか

ワールドカップの日本代表が発表されたが、
私の中ではまったく盛り上がらない。

世間的にも
(別に・・・)
といった感じに見えるが、テレビや広告などは
盛り上げに必死。
このビックイベントに乗らなければ、これまで
サッカーに投資していた金と時間を実らせる事
ができないのだから、当然。
これから少しは盛り上がっていく事だろう。


鹿島、前王者・浦項に敗れる…日本勢全滅/ACL


ガンバ大阪につづき、鹿島アントラーズもACL
敗退との報。
盛り上がりに水をさす・・・というより、サッカー
そのものにそれほど関心がないから、話題にさえ
上らない。

岡田監督がどうこう言う前に、これが日本サッカー
の現在地。
すべてのアジアの中で、今はどのぐらいの実力なのか?

ワールドカップは
”絶対に勝てない”
なんて組合せには見えない。

ただ日本サッカーの伸びが止まっているのは、ほぼ間違いない。
メディアの煽りや本大会の成績如何で、盛り上がる時期も
あるかもしれないが、根幹が弱くなってしまった
日本サッカーの未来は、そう明るいものには思えない。

<PR>

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。