--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-30

日本サッカーは、バブルの後に誕生した

松田直樹、横浜Fマリノス退団

浦和レッズ、フィンケ監督退団

ここにあげたのは個人的に”?”と思った直近の契約、クラブ運営の
ニュースなので、人によっては「それより○○の件が納得がいかない」
など読み変えて頂ければ良いと思います。


松田直樹に関しては先日久しぶりに見て、全盛期ほどの力がないのは明らかだった
ものの、逞しい闘争心は健在で、不振のチームの中で気を吐いていた。
余談だが、ポンテに冷静に見ればマイナスにしかならない突っかかり方をしている
姿も、草食系のJリーグの中にあっては頼もしく、個性が光る数少ない選手。

フィンケ監督に関しては就任直後、このブログに「サポーターが我慢できなかったら、
レッズはもう終わりです」といったコメントをいただいたが、こういう結果になって
しまった。
ただ、サポーターの声が今回の解任にどれだけ影響したのかは、大いに疑問だが・・・。

===============

この時期の日本サッカー界は、途端に暗くなる。
馴染みのある選手、監督、スタッフたちの退団のニュースが飛び交うので
当然だが、その多くに(納得しにくい)ものが混じっている事が暗くする大きな理由。

ベテラン選手は活躍うんぬん以外に年齢面で契約されない事が多いし、監督やスタッフ
の退団に関しても成績を理由に突然、というものが少なくない。
そして共通しているのが、
”クラブからの誠意、感謝の無さ”
”目標、ヴィジョンの達成率、確認の無さ”
といった点だ。

Jリーグはバブル経済の直後に生まれたもので、言うなればそれ以前の日本的な
社会が崩壊した後に立ちあがったプロスポーツだ。
そのせいか、まるで合わせ鏡のように変容した企業や組織の姿と重なる。
すなわちそれは
・社員は家族という組織の否定、崩壊
・リストラは当然
・結果のみが重要
・経営者の責任回避
・消費者重視と言いながら、真のところはあまり顧みられない
(これは企業というより政治に言える事だが)
といったものだ。
サラリーマンと違うので終身雇用など当てはまらない面もあるものの、
バブル崩壊を境にした企業の姿と一致する点が多い。

江尻監督のジェフ千葉退団、今年は夏の巻誠一郎の
退団などでジェフに呆れてしまったものだが、どこのクラブも
似たようなものだ、と実感する。

その国のサッカーは社会を映す、と言われシュートを打たない事や
ドリブル突破を仕掛けない事を国民性とともに語られることが
多いが、プロリーグは組織づくりやあり方など大いに共通する。
温かさの無い組織に、夢など描けるものだろうか。

<PR>
フットボールサミット 第1回

サッカー 最強の戦略・戦術論

スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

2010-11-24

負けた時だけ、このブログは更新されるのはなぜですか?

ツッコミやすいからです。

ではないですよ。
(ちなみにタイトルの言葉は、先日のフィンケ監督の記者会見
をもじったものです)

タイミングが合わないだけです。
あと、実際に(テレビ観戦等で)試合を見ていないものは、
書かないからです。
(だから、勝った試合の時も更新してます。
文句言ってる事が多いから、まるで負けた試合ばかり
扱ってるみたいだけど)

まあ誤解があるといけないので、今回は(日本が)
勝った試合についてです。

アジア大会の準決勝、日本代表-イラン代表戦はじっくりと、
というほどではないですが見ました。

(このぐらいの成績で終わっても、上々)

と思っていたら、あれよあれよと逆転。
A代表に関してはワールドカップのアジア予選、本大会
(南アフリカ)ともに勝っても気分が悪かったのに、
このU-21の試合は、終了のホイッスルが鳴った瞬間に
手を叩いて喜びました。
本当、日本代表絡みの試合でこんなに素直に喜んだのは
久しぶりですね。

正直、全然期待していなかったし関心もあまりありません
でした。
勝つ事で興味が沸くっていう感覚、サッカーではいつ以来
でしょう。

解説の金田さんは終盤に守る場面が多くなった時「攻め
の姿勢を持たなきゃいけない」って苦言を呈していまし
たが、私は(どういう形でも良いから、逃げきってくれ!)
でしたね。

そう考えると、(ワールドカップは結果が出たんだから、
それで良かったんだ)という意見も尊重しなければいけ
ませんね。

それから、女子代表も、おめでとうございます。
素晴らしい戴冠でした。

<PR>
フットボールサミット 第1回

サッカー 最強の戦略・戦術論

theme : サッカー
genre : スポーツ

2010-11-09

横並びサッカースタイル

アジア大会
U-21
日本代表-中国代表


日本が三発で快勝。
スコア、試合内容は文句なし。
準備期間の短さ、全選手を召集できないなどのマイナス要因、
それに加えて本当のアウェー戦。
その中で頼もしい結果。
若年層の戦績、強化に不安を抱いていたので、余計驚き、嬉しい。
下手にパスを繋ぐ事をせずゴールを奪うサッカーが機能し続ければ、
これまで思っていた日本サッカーに対する自分の認識も見直さないといけない。

============================

関塚監督はザック(ザッケローニ)監督のスタイルをこの年代の選手
たちに浸透させようとしているという。
ここが疑問。
なぜJリーグでの実績を買われて就任しているはずの監督が、A代表
の新任監督と同じサッカーを安易に踏襲しようとするのか?
反町監督の時も同じ。オシムの弟子のようにメディアは報じ、本人
もだんだんとそんな振る舞いになってきたが、Jリーグの監督と
してみれば同格。

(同じスタイルでのチームづくりは若年層の代表、オリンピック代表から
スムーズにA代表に上がれるからだ。それがベストじゃないか)
もちろん、その理屈は正しい。
ただ経験のある監督が自分を抑え、付け焼刃のようなサッカーを採用しても、
そのチームではベストな成果が出せない。

そういう意味では岡田武史は、出色の監督と言える。

加えて、この考えはスタイルありきで選手を当てはめていく、という考え。
今のA代表にはこんな選手がいるからこなサッカーをしている。下の年代
から経験を積んだ別のポテンシャルの人間が出てくれば、変わる事もある。
サッカーは選手ありき、という考えも一方にある。

スタイル絶対の考えを突き詰めていくと、Jリーグはもちろん、大学や高校まですべて
同じサッカーをしないといけなくなる。
実際アイコンタクトだ、フラットスリーだ、考えて走るだと、その都度変わる
傾向がある。
それが日本ではサッカーの面白さがない要因のひとつに思える。

蛇足ながら、ザック監督もブラジルワールドカップまで指揮をとる、という
確定はしていない。アクシデントによる急な交代も、あるかもしれない。
一番の問題は、日本サッカー界がスタイルを決めるのではなく、その時の
A代表監督のサッカーを模範としているという事にある。


<PR>
サッカー「真」常識 (学研スポーツブックス)

考える力を身につけるサッカー練習メニュー100―戦術の基本と応用


theme : サッカー
genre : スポーツ

2010-11-05

サッカーはサッカー

ナビスコカップの決勝がおこなわれ、ジュビロ磐田がサンフレッチェ広島を破り優勝。
戦前は(黄金期のジュビロ磐田VS魅力的なジェフ千葉)という、ひと昔前の
ノスタルジーを想う。

もちろんそれは甘い夢でしかなく、今ここにいるチーム同士の凌ぎ合いが現実。
ジュビロにはかつての迫力はないものの、かつては”可能性でいっぱいの若手”
だった前田遼一がトップレベルのストライカーに開花。
一方、粗削りながらサンフレッチェは、ヨーロッパ風の香りがするJリーグの中では
貴重なチーム。ジェフは何故かうまくいっている流れを一掃するという
奇妙な行動でチームを壊し伝統をつくることを拒否したが、サンフレッチェは
JSL時代の後半から見ても大きなブレがない。

試合の中で気に入ったのが広島の一点目、ミキッチのドリブル突破のチャンスメイク。
こうした魅力的なプレーが日本の選手にも多く出ると面白いのだが。
磐田では前田の二点目が良かった。
後は国際試合でもこうした点をたくさん取れると、時代に名を刻むFWになれる。

点が入ったことをメディアは称賛するが、延長はやや大味な展開になってしまった
事が残念。
個人的には、サンフレッチェの敗北が悔しい。

==================

続けてはU-16アジア選手権、日本代表-北朝鮮代表。
北朝鮮の二点目が決まったところで、見るのを止めたため、試合自体については
語れない。
それにしても、U-19アジア選手権でも優勝する北朝鮮とは、一体何なのか?
(ユース年代だから)
と揶揄する向きもあるが、ワールドカップにも出場している。
南アフリカでは大敗したものの、堂々とチャレンジしていった内容には、感動。
ジーコ時代には、気が緩んだタイミングとはいえ日本は敗れた。

(独裁国家)と政治的な批判を絡めたり、(将軍様が内容に口出し)
(負けたら強制労働)などというメディア、一般を含めゴシップ記事
ばかりで”なぜ北朝鮮が結果を出せるのか”にはまともに言及しない。
(走力に任せたサッカー)(体力だけ)と揶揄する向きもあるが、
それだけには見えない。
もちろん一般市民よりは国策として多く優遇されているだろうが、
豊かさや自由だけがサッカーを強くする訳ではないことを、この
隣国は教えてくれる。
政治は政治。サッカーはサッカー。
私自身も偏見を持っていた時期があったが、色眼鏡をはずして
見て行きたいチームだ。

<PR>
サッカー批評(48) (双葉社スーパームック)

恐れるな! なぜ日本はベスト16で終わったのか? (角川oneテーマ21)

theme : サッカー
genre : スポーツ

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。