--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-31

それも特徴だと思うのだけれど

わたしはそれほど戦術や布陣にプライオリティを感じないので
杉山茂樹氏の書きものを積極的に見る事はないのだが、久しぶりに
目にすると”批判のための批判”といった
感じだった。

アジアカップ決勝(日本代表-オーストラリア)に関する杉山氏のブログ記事

結果<内容、という考え方には共通点があるから南アフリカ
ワールドカップの前には親近感も感じていたし、本大会後の
(岡田武史監督に謝れ)という奇妙なバッシングには同情
もした。

けれども(今回のアジアカップ決勝について)ここまで
否定的だと、氏に対する世論の嫌悪感も理解できなくはない。

そこまで頑な理想があるならば日本に拘る事は止め、
ヨーロッパのどこかに移住する事をお薦めしたい。
また机上の理論ばかりを振りかざすなら、ヴァーチャルの
世界のサッカーを楽しんだ方が良い。

========================

とまあ、怒りはここまで。

この記事の中で気になったのが日本のパス回しに拘泥する姿についてで、
これに関しては程度の差こそあれ頷く人も多いだろう。

けれどもわたしは、必ずしもこの傾向を否定しない。

アジア予選などでボールをキープしているにも関わらず点が
取れない姿にイライラするのは確かだが、それは日本の特徴、
と思っている。

特徴というのは必ずしも勝利、進歩するためのものではなく、
その国のクセのようなもの。だからこれはスポーツの分野
ではなく、文化論に近い話になる。

小野伸二たちの世代がワールドユースで準優勝した頃、わたしは

日本は必ずしも世界一になる必要などない。
中盤にきらめくような選手が多く輩出されるのだから、
’80年代のフランスのように勝てなくても魅力的なパスサッカー
を目指すべきだ。


とした。
期せずしてそのあと、後藤健生氏が労作『日本サッカー史』の編纂中に
「日本は伝統的にショートパスを繋ぐスタイルがある」という
結論を導いた。

もちろん(たとえ、勝てなくても)などというエクスキューズは
ないのだが、個人的には勝つために自分たちの特徴、伝統まで
変える、という風な事は望まない。

フランス代表は移民政策を推し進めるとともにそのスタイル
も変貌させていったが、日本は代表選手の過半数が移民、
などといった事にはならないのだから、スタイルはほぼ
考え方、目指すところによってのみ左右される。

サウジアラビアが
(性懲りも無く、監督変えちゃったよ)
なんて事が繰り返されるように、
(またパス回しまくってたけど、結局点は取れなかったよ)
となる日本が続く事を、(あくまでも個人的には)望んでいる。
それで今回のように最良の結果が出れば万々歳。
そうでなくても、ご愛嬌。娯楽なんだから、苦笑いして楽しみたい。

サッカーのファミレス化、チェーン店化が進んだ時、
人はどこまでファッションでない興奮を得られるもの
だろうか。少なくともわたしは、ときめいている姿を
想像する事ができない。

<PR>
欧州サッカー批評 3 (2011 SPECIAL ISSUE (双葉社スーパームック サッカー批評別冊)

これからの「日本サッカー」の話をしよう 旧ユーゴスラビア人指導者からの真摯な提言
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2011-01-30

踏み違えないこと

アジアカップ 2011
日本代表-オーストラリア代表


長友の美しいクロスから李忠成の見事なボレーで決勝点、
アジアの頂点に立った。

日本代表とオーストラリア代表の試合は、互いが異なるプレースタイル
を駆使しながら且つ、レベルもまずまずの戦いで1点を争う、という
アジアでは珍しい風景。

これこそがオーストラリアがAFCに入った意義なのだが、
「オーストラリアがアジアというのは、おかしい」
という意見をいざ決勝の相手となると口にする人が多いようで、残念。
以前にも書いたが、日本はアジア予選や大陸内の大会でレベルの
高い相手と真剣勝負をできるという事で、そもそもこれを歓迎して
いたのだし、それを顧みずに雰囲気だけに流される風潮を憂う。

李忠成に関してもそうで、ザッケローニ監督は預かり知らぬ事だ
ろうが、もしこの投入が功を奏さず勝利を逃していたら、無用な
バッシングが溢れた事だろう。
その意味でも李忠成が決勝ゴールを叩きこんでのアジアカップ
制覇というのは、想像を遥かに超える大きな驚きだった。

==========================

純粋にサッカーで言えば、藤本から岩政の交代も結果が
出なければ批判の対象になっていただろうが、これも
奏功した。

日本は流れの中での戦術変更への対処はできないだろう

と考えていたから、前回に引き続きザッケローニ監督のミス
となるだろうかと思ったが、これも結果オーライ。
下手をすれば選手との溝もできてしまっただろうが、事無きを得た。

ザック監督はこの公式戦で課題を把握し対処を施していく事が
できるのか? がこのイタリア人監督への本当の評価へとつながる
のだが、これまでの振る舞いを見ると個人的にはこちらの記事
考え方に近く、若干の不安も感じている。

付け加えると、選手の入れ替えについてもそうで、このメンバーが
そのままブラジルワールドカップ予選、本大会で戦うはずがない。
藤本の交代にしても、香川真司の代役として十分に機能していれば
無かったのだから、(特に攻撃面での)スタメン以外の選考、底上げは
早くも危うさが見えた。
今後遠藤保仁あたりは抜ける確率が高い(ないしは今ほどのパフォーマンスは
見せられない)のだから、今を頂点として騒ぐだけの大政翼賛解説者、メディア
に頷いてばかりはいられない。
現在の選手のコメントを聞く限りその意識の高さには敬服するが、それに続かね
ばならない選手たちについては霧の中、だ。

==========================

いずれにしてもがっぷり四つに組んで、南アフリカワールドカップの
チームを継承、今の中心選手たちのピークと言えるオーストラリアを
下した事で、日本の実力は証明された。

加えて日本にしても全く新しい選手はいないのだから、ワールドカップ
のチームを継承、と言っても大きくは外れない。だから、

ワールドカップで勝つには、あの(守り一辺倒の)戦いしか無かった

は間違いであると、もう一度繰り返す。

もちろん大会直前の悲惨な状態から起算すればそれしか無かったとも言えるが、
仕様的には今回と変わらないオーストラリアともアジア予選ではしっかりと
戦っている。
だからチームをつくる過程において
(グループ二位でも良い)
(本大会に出られればOK)
などというチャレンジ精神の無い雰囲気が、ブラジルへ続く道では
起こって欲しくない。

<PR>
欧州サッカー批評 3 (2011 SPECIAL ISSUE (双葉社スーパームック サッカー批評別冊)

これからの「日本サッカー」の話をしよう 旧ユーゴスラビア人指導者からの真摯な提言

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2011-01-29

ザッケローニ、唯一のミス?

ザッケローニさん、日本でそれはやっちゃダメなんだよ。

アジアカップ、日本代表の準決勝までの闘いの中で、唯一そう叫びそうになった
場面。

前田遼一 OUT

伊野波 IN

準決勝、対韓国戦の延長前半16分の交代だ。

メッセージは明確。
細貝の得点で勝ち越したため、ディフェンスを強化しての逃げ切りだ。

けれども日本は、終了間際に失点。
PK戦の勝利によっていつものように”無かった”事にされているが、
守りきれず同点にされたのは大きな反省材料だ。

解説の松木安太郎なども「人は足りているのに、つききれていない。
危ない」などと途中までまともに言っていたのに、いざ同点にされる
と”韓国の執念”だとか”日韓戦は甘くない”と感情論、観念論に
切り替わった。
もちろんメディアはこの論調、一色。
誰も守りきれなかった事には触れない。

かつてトルシェは「日本には守備の文化がない」と言った。
オシムは前回のアジアカップ、カタール戦で終了間際に同点に
されると「おまえたちはアマチュアだ」と激高したという。
淡い思い出のように永遠に語り継がれる”ドーハの悲劇”も
率直に言えばリードを守りきれなかったのだし、加茂周が
更迭され岡田武史が祭り上げられるキッカケになったのも
アジア予選、ホームの韓国戦でリードを守りきれなかった
のが発端。

こう見ていくと重要な試合でこうした類のミスは何度も
起こっているし、当事者が厳しく指摘している。
ところが”厳しいアジアの戦い”だとか”ワールドカップ
は甘くない”なんて物語に終始するものだから、いつの間
にやらうやむやになってしまう。
もちろんサッカーなのだから(絶対に防ぎきる)は不可能
だとしても、ただ雰囲気に流されるだけの状態が歯がゆい。

ザック監督は(あれ、おかしいな?)と思っただろうか。
それともまだわからないだろうか。
(イタリア人だから・・・)は言いたくないが、”守りきる”
という面で成長させてくれる事も、期待している。

いずれにしてもザッケローニ監督の功績のひとつが
(日本を知ってようが知るまいが、合う監督は良い)
という事。
Jリーグで実際にプレーしたジーコも、そして監督として
長期間日本に滞在していたオシムも、「なぜこんなに
得点を入れる事ができないんだ?」など代表監督になってから
もカルチャーショックを受け続けた訳だし、Jリーグの経験
うんぬんがそれほど役に立つようには見えない。

南アフリカワールドカップの前後はやれオリヴェイラだ
ピクシーだ、とJリーグ経験者でなければ監督はできない
といった風潮もあったが、今後はそんな愚かな話が出ない
ことを祈るばかりだ。

=======================

今宵はいよいよ、オーストラリアとの決勝戦。
因縁づくりに必死のメディアは”日本を知りつくす敵将、
ホルガー・オジェック”と煽るが、上述のように代表監督
にJリーグの経験が必須で無いのと同じく、相手の監督に
Jリーグでの指導経験が有る無しは重要な事には思えぬ。
こうしたストーリーづくりを見るにつけ、ありきたりの
言葉だが内向き、島国根性むき出しのナィ-ブの塊、
としか言いようがない。

そんなくだらない煽りがなくても、オーストラリアとの
決勝戦は面白い勝負になるだろう。

純粋なレベルは、ヨーロッパの中堅国よりやや下、といった
ところか? ヒディングはそれを引き上げ成功を収めた訳だが、
オジェックはどうか?
一方、日本も似たようなレベル。ザッケローニ監督がどれだけ
チーム力を引き上げる事ができるのか、この試合で垣間見える
かもしれない。

<PR>
欧州サッカー批評 3 (2011 SPECIAL ISSUE (双葉社スーパームック サッカー批評別冊)

これからの「日本サッカー」の話をしよう 旧ユーゴスラビア人指導者からの真摯な提言

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2011-01-28

気が早い? 大会展望

こんな時期にアジアカップをやって、何を目指すのか?

というのが大会前に投げかけた疑問。
すなわち南アフリカワールドカップに出場したチームは当然ながら
新チームへの移行が遅れている訳だから、ここで結果を求めるなら
ば相応に(ここまでワールドカップのチームを継続するなど)
対処しなければならないだろう、という事なのだが、日本代表は
トントン拍子に決勝まで進出。それどころかベスト4にはオーストラリア
と韓国も入り、不利どころかまったく逆の結果。

比べてワールドカップにいずれの国も出場できなかった中東勢は全滅で、
この地域の国々に積み重ねや継続といった強化プロセスを当てはめよう
としたのがそもそもの間違い。自分の眼力の無さを反省するとともに、
正直予測などまったく不可能、という諦観もある(苦笑)。

予選リーグでは日本と首位争いをするチームと考えていたサウジアラビア
などすっかり弱小国で、グループ最終戦では手負いの虎どころかヤル気
のない駱駝のような感じ。大勝の記録だけがメディアでこれからは都合良く
喧伝されるのかと思い、何とも罪作りな事をしてくれたものだと苛立ち
さえも感じてしまう。
開催国に加えワールドカップ開催が決まったカタールはわずかに多国籍路線
という強化策(?)を継続だが、如何せん寄せ集めの感もあり成果が出るか
どうかは霧の中。
中東勢ではないが、まずまずの結果も出したウズベキスタンぐらいが唯一の
光明にも思えるが、選手層などは十分なのだろうか? そのあたりに不安
がある。

==========================

ただし日本が結果を出している、というのは事実だし、実力的にも相応しい
ものに映る。
これは南アフリカ大会でベスト16という結果が良い影響
を与えていると見るのだが、巷で言われるように
(守備はできたから、後は攻撃)という積み上げ論では
ない。

ワールドカップで結果が出せた。
しかし満足のいく戦い方ではなかった。


この相反する気持ち、自信とコンプレックスを得た事で
良いバランスの精神になっているのが要因と考えている。

日本の選手は決して悪くないのだ。
その証拠に選手の海外移籍は増えているし、しかも
マーケティングの一環としてのものは無くなってきている。

「海外移籍は、ワールドカップで結果が出たからだ」

の声には、頷かない。
吉田麻也や香川真司は関係がなかったし、逆に松井や本田圭佑
といった本大会で光った選手はそれほど好条件とはならなかった。
”ワールドカップこそ唯一最大の見本市”などという時代は、
セピア色の記憶でしかないのだ。

なのでワールドカップと同様に、今回の成果は選手達個々人の
力と団結力の強さといったものをあげたい。
吉田や前田遼一といった初めての選手もいるが、日本の選手の
力量がアジアで大きく劣るはずがないのだ。
メンタル面では海外でプレーしている前者が高く、Jリーグ内にいる
後者を低く感じるのは、うがった見方だろうか。

さて、そこでザッケローニ監督の評価なのだが、まだ良くわからない。
チームのまとまり、本田などの言動から選手との
コミュニケーションはしっかりとれる監督に思える。
モチベーションも上げてくれるようだ。
アジア勢の把握など、奢らずきちんと見極める事もできる。
コメントなどから察するに、勇気ある前向きなサッカーを
志しているところも好印象。

ただ戦術、(劣勢、相手の力が完全に上の場合での)采配などに
ついては、まだ未知数。
これはアジアカップうんぬんというよりも、トレーニング期間
の短さによる所などが大きいため決して悲観論ではなく、
本当にわからないという事。
主力選手の入れ替わりをなどをスムーズに行えるのかも、
未知数。

メディアの馬鹿騒ぎ、その尻馬にのるサッカー協会のコメントから
は判別する事はできないから、ザック監督で本当に良いのか悪い
のかの判定は、もう少し先の事になる。

さしずめ夏にはコパ・アメリカという絶好の機会がある。
前回出場した時には”ふわふわ”と終わってしまったが、今回は
日本代表の成長とザッケローニ監督の評価を見極める、非常に
有意義なチャンスとなるだろう。

<PR>
フットボールサミット 第1回

「最後」の新聞 ~サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」の成功~ (ワニブックスPLUS新書)()

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2011-01-27

解説者やメディアについて

しばらく入院していたため、アジアカップの決勝トーナメント二試合
(VSカタール戦、VS韓国戦)はイヤホンでしずかーにテレビ観戦。
ただ(まさしく)怪我の功名で、最近では珍しいぐらいじっくりと
試合に集中できた。

ただ松木安太郎くんの大騒ぎ解説がイヤホン越しに響いてくると鬱陶しい
な、と思っていたら、カタール戦で日本代表が先制されても意外に静か。
ところが後半になってくるといつものようにトンチキ騒ぎ。
決勝点となった伊野波のゴールの時は「PK、PK」と騒ぎ続け、辟易。
(じゃあ得点を取り消して、PKにしろよ!)と思わず怒鳴りそうに
なった。自粛自粛。

このカタール戦。個人的には最近の日本代表の試合ではかなり満足度
が高かったのだが、福田正博のテレビ解説をはじめ「格下相手に二点も
取られた。取られ方が悪かった」と厳しい意見も続々と。まったく、
日本代表への外野からの要求は天井知らずだ。

さて、今回一番あきれた解説がスポーツ新聞に載った秋田豊の韓国戦
に向けての展望で、いわく「守ってカウンター」「力が上の相手には、
そんな戦い方で勝てば良い」といったもの。
京都サンガですっかり負け犬根性が身に着いたのか、それとももともと
そんな認識なのか。
いずれにしてもそんな考えの方が”元日本代表”の肩書を引っ提げ
アホメディアでサッカーの啓蒙活動に携わるのかと思うと、暗い気持ち
になる。
本田圭佑が「個の力は韓国の方が上」と口にしていたメンタルとは
まるで違う。長友をはじめとする今の中心選手が口にする「世界
との差」を正しく認識できずに”守って守って、勝てば官軍”という
本当は日本の力など信じていない岡田武史的な発想の人がプロ発足以降
にもいたのかと思うと、暗い気持ちになった。

さて、昼のワイドーショーもアジアカップネタで大盛り上がり
(入院していたのでこんなものまで見てた)。
Jリーグでの活躍はまるで記憶にないのだが、こうした番組では
中心的な活躍をする”スポーツジャーナリスト(?)”
中西哲生くんは電波解説者ぶりを発揮。
「オーストラリアには十年近く勝っていない」
と決勝戦の関心を高めようと爽やかに笑顔を振りまいていた。

確かに、前回のアジアカップでのオーストラリア戦はPK戦による
勝利だから記録は引き分けだろう・・・と考えていたが、そう
すると「勝利、勝利!」と騒いでいる今回の韓国戦も引き分け
ではないのか?
結局、都合の良い部分だけを見せ、婉曲に伝えるといういつもの手。
そういえばスポーツ新聞なんかでも、前回のオーストラリア戦
などについては少しも触れられてなかった。

最後に松木、堀池、その他ほとんどの方がそうだが、
「判定がおかしい、おかしい」
と言い続けるのは如何なものか?
判定に不服を唱え続ける。
その他特定の選手ばかりを持ち上げる、日本代表の妄信的
な声援=解説であるといった事も含め、メディアの成長もだが
解説者もそろそろ”いっぱしの”存在になって欲しいのだけど。

<PR>
フットボールサミット 第1回

「最後」の新聞 ~サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」の成功~ (ワニブックスPLUS新書)()

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2011-01-16

苦虫

ウチが良くなかったのは前半、あれだけ得点のチャンスがありながら、
このゲームを(早い段階で)決定づけられなかったことだ。


アジアカップの日本代表-シリア代表戦。
また判定に対する報道やコメント一色になるか、とうんざりしていた
ところ、ザッケローニ監督(ザック監督)が試合後の会見で真っ先
にこうした発言をしたとの事で、安堵。

やれオフサイドだっただの、やれ川島の退場はおかしいだのというのは
わかるが、一度出た判定にいつまでもグチグチ言うのはオモチャ屋の前
で駄々をこねる子どものようなもの。

それよりも予測される”事故”があっても勝利を確実に得られるよう、
早いうちに追加点をとっておくべきだった。
オシムが代表監督だったとしても同じように言うはずで、仮に引き分け
たとして質問者がこの判定に対するコメントを求めたとしても、
「早い段階で点を取れなかった自分たちのミス」と言っただろう。

こうした”1失点の事故”はいつでも起こり得るし、ある程度日本代表
がボールを持てる展開であれば早々に勝負を決める必要があるのは
明白。ところがいつまでも「ドーハの悲劇」を持ち出してロスタイム
の戦い方がどうとかこうとかノスタルジーにばかり浸るものだから、
同じ事の繰り返しになってしまう。


ところでスポーツニュースで武田修宏が
「代表監督は(高い金をもらっているんだから)このアジアカップで
結果を出すべきだ。目標を明確にするべきだ」
と言っていたが、前者は別の議論になるが、目標設定について。

果たしてこれは代表監督がする事なのだろうか?
私は(協会がすべき)という意見を繰り返しているが、そちらの方が
おかしいのか?
グループリーグ突破がほぼ確実になってきた、という状況で、また
ぞろ周囲の状況に苦い顔になっている。

<PR>
フットボールサミット 第1回

「最後」の新聞 ~サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」の成功~ (ワニブックスPLUS新書)

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2011-01-10

アジアカップを絡め、短信

あんたブログ、止めたん??

と言われたもので、慌ててアップ。

====================

いろいろあってなかなか更新できずにいる。
理由はあるのだが、またそれは改めて。

実へ12月のクラブワールドカップ、
国内の天皇杯、
高校サッカー選手権、
そしてアジアカップ。

実は前のふたつは、まだ見ていない(録画保存中)。
高校サッカーは、今決勝戦を見たばかり。
そして昨晩はアジアカップに気づき慌てて見たのだが、
(日本代表になると書きやがるなあ~)
と思われると嫌なのでどうしようかと思ったが、
見たのでとりあえず。


アジア制覇だ前回の雪辱だといつものように大騒ぎして
いるが、W杯後の活動はまだほとんどないのだから、
どれだけ日本はアジアで突出した存在と思われているのか?
と苦笑い。

世間はそれでも良いが、熱心に見ているファンには目標を
明確にして欲しいのだが、いつものようにそれも無し。
なので何を基準に見れば良いのかわからず、興味もそそられ
ずにいた(相手がヨルダンというのも放送が始まってから知る始末)。

国内シーズン終了直後で怪我人、辞退者続出。加えて待遇問題など不測
の事態まで起こり、向かい風ばかり。
唯一のプラス材料は日本人選手の多くが海外移籍を果たしている、
つまり個々人のクォリティは高いという事。
これを鑑みて”日本がブラジルだったら、優勝も狙える”という
のが開幕前の個人的な見方。

つまりアジアの中でも突出した”個”が直前に集まるだけでも
勝てるのならば、日本はアジアのブラジルだ、という事だが、
(やっぱり)そうでは無かったようだ。

だからきちんとチームづくりをしないといけないし、方針が
迷走しないように日本サッカー協会は目標設定などを公開
しておかないといけない(サウジのようにひとつの結果で
解任を即断するのも驚きだが、日本のように世論任せで
いつの間にやら解任論、というのも気持ち悪い)。

もし本当に優勝を狙っているのなら、この大会まで岡田武史に指揮を
とってもらえば良かっただろうに。その方がより現実的だし、岡田監督
にしても結果オーライの悠々自適な姿でなく理想の戦い、というのを
ぜひ最後に見せてもらいたかった。

こんな論調で新年から始めるのが、嫌だったんだよなあ~。

<PR>
フットボールサミット 第1回

「最後」の新聞 ~サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」の成功~ (ワニブックスPLUS新書)

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

ブログ内検索
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。