--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-19

国見からオシムまでの断層(後編)

1992年。もし日本代表最初の外国人監督がハンス・オフトではなく
イビチャ・オシムであったならば、どういったチームになっただろうか?

想像するに(メディアやファンが盛んに使うキャッチコピー的なものでは
なく)、”走る”行為をより全面に出したのではないか。

オシムがジェフでつくったチームと、南アフリカへの日本代表で
つくっていこうとしたチームは多分、まるで違う。選手の質が
違うからだ。
2002年以降の日本代表クラスの選手の質はアジアではトップレベルだし、
世界的に見ても大きく見劣りするわけではない。
テクニカルな選手が機動力を持つ。
成功すればかなり理想的なチームが、そこにはあったはずだ。

ただ1990年代初めの頃の日本の状況は、まるで違う。
選手の質がアジアで突出している訳では無かったし、アマチュアの選手たちが
予選敗退を繰り返し、自信も経験もまるで無かった。

イメージとしてはジェフ(市原)千葉の最初の頃だ。
Jリーグの中位前後に位置し、有名選手もほとんどいなかったジェフ。
オシムが最初にやらせたのはとにかく走力で圧倒。それにポジション
を捨ててでも攻撃に出る時はいく勇気。適切な判断力がつくまで
にはまだいくらか時間がかかったし、試合運びの面で頼りがいが持てる
ようになったのは(残念な事に)オシムが辞任したシーズンあたりから
だった。

もしかしたら90年代初頭の中心選手の顔ぶれは、いくらか違ったかも
しれない。
そしてラモスあたりの反発は、オフトの時の比ではなかったので
はないか?

(ラモスの運動量は、オシムの期待と一致したのではないか)

という意見もあるだろう。
ただサッカーに対する考えがまるで違う。
引退後にはオシムのサッカーに興味や共感を窺わせるような発言もあった
ラモスだが、現役時代はガチガチのブラジル、いや読売クラブの価値観。
それは(完全には重ならないのだが)ジーコにいくらか近い。

国見がフィジカルとユーティリティーな能力を合わせた組織力、という
近代的サッカーの光を灯し、日本代表にハンス・オフトがやって来て
おざなりにされていたサッカーの基本が徹底され始めた頃、日本国内の
トップであるJSL(日本サッカーリーグ)では、読売クラブ、日産自動車
という突出した選手が集まった二強が、タイトルを独占していた。
つまりは個人能力に優れた選手が集まれば勝利する、という
価値観が、そこにはあったのだ。

アジアの中で日本の選手たちがこうした地位を得るには、少なくとも2004年頃まで
を待たねばならなかった。そして世界的には未だ達する事ができていない。

ここを”自信”や”闘志”を持つ事で立ち向かえるとしたのがジーコで、
'90年代にまだ現役であったラモスは、この思想の塊だったと言えよう。

勇気や自信の必要性を説くのはオシムも同じだが、現実を見つめ適切に
対処する戦略に欠けたならば
それが蛮勇、空元気でしかないことは、
2006年のドイツでものの見事に証明されてしまった。
初の外国人監督就任から十四年もの歳月がこの気づきに必要だったか
どうかについては意見が分かれるところだろうが、高校サッカーで
全国の頂点を目指してシビアな闘いが繰り広げられていた光景を
思い出すと、それは長すぎる時間だったように思えてならない。

<PR>
フットボールサミット 第2回  検証・中田英寿という生き方

日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011(仮) [DVD]

ザッケローニ 新たなる挑戦
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2011-02-13

国見からオシムまでの断層(前編)

前回の記事で”'80年代の日本サッカーのトップは高校サッカーであり、
世界的な変革(=体力とオールラウンドな能力)の姿は、国見に見られた”
とした。
では本来、日本のトップチームであるはずの日本代表はどうだったか?

年齢制限がなくフル代表が参加を目指していたソウルオリンピックは、
アジア予選で敗退。1988年から石井義信の後を受け、横山謙三が監督
となった。
当時を知る人の多くは”混迷の時代”と言うだろうが、今考えると
横山監督もサッカーの変化を取り入れようとした跡はある。
象徴的なのがウィングの選手をサイドバックにコンバートした事で、
浅岡朝泰、佐々木雅尚、平川弘などが次々とディフェンスラインへと
組み込まれていった。

つまりはイタリアワールドカップで(この大会で現れた唯一の進化)
と言われたウィングバック的なコンバートだったのだが、長年FWで
やっていた選手を使った事で守備に手が回らなくなった。肝心の攻撃面
にも貢献できたと言えず、(世界的にも斬新な起用)と皮肉る国内の
メディアさえいた。

時代を少し飛ぶが、加茂周監督が代表監督に就任した時は、”ゾーンプレス”
を標榜した。これも前線からのチェック、コンパクトなラインなど’80年代
の変化の基本となる事だったから、当然の事をやろうとしただけだったし、
メディアにはこう言いながら実際には前園、中田英寿といった中心選手を
起用する日産、フリューゲルス時代からの加茂さんのサッカーだった。

こう見ると横山監督、加茂監督ともに近代化したサッカーの変化を取り
入れようと苦心した様子がうかがえる。
けれども悲しいかな、実感としての理論も経験も無かった。
今と違って日本サッカー協会もお金が無かったから海外視察、遠征など
ほとんどいけない。海外からチームも呼べない。海外サッカーの映像も
今のように気軽に見る事はできなかった。
極東で生まれ育った監督たちが近代的なチームを作り上げる事など、結果
も踏まえ不可能だった、と言うしかない。
もちろん監督だけでなく、選手たちにもそうしたサッカーのイメージは
できなかっただろうし、実践する技術も体力も無かった。

オシムの最初のアプローチは、この近代的なサッカーを実行する礎となる
トレーニングを実行する事で、止まったボールを扱う技術に問題は無いと
見た上でそれを試合で生かす能力、判断力は向上させる必要があると考えた
のだろう。
さらに”走力”の重要性を説いたのは、それらを生かす絶対条件であるとともに、
最も短期間で上昇が見込める能力だからではないか?

ただ日本の最下層でボールを蹴っていたようなわたしなどが指摘するまでもなく、
横山監督や加茂監督は十分にその事は承知していたはずだ。
オシムに関して重要なのは、それを実感として知っていたという事でなく、
選手たちに実際に”やらせる(トレーニング)”ができた事にあると思う。

言うは易く行うは難し、というのはまさに至言に思える。


'80年代半ばからの日本代表の具体的な姿、変化は、
西部謙司氏の著作『サッカー日本代表システム進化論』
に詳しくあります。



<PR>
SPORTS GRAPHIC NUMBER ( スポーツ・グラフィック ナンバー ) 2011 年 2/24 号 2011アジアカップ 雑誌

日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011(仮) [DVD]

ザッケローニ 新たなる挑戦

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2011-02-10

以前から書きたかったこと~オシムと国見について~

本当であれば前回からの流れで2007年のアジアカップについて
まとめようと思っていました。
けれども、急きょ変更。
やっぱり今書きたい事を書かないと、熱が無い。
伝えたい内容も、ちょっぴりズレてくる。
という訳で、今回は以前から書きたかった事を。

=========================================

'80年代、ACミランがヨーロッパのサッカーシーンを席巻し始めた頃、
日本にも大きな変化があった。
高校サッカー界において、長崎の国見高校が凄まじい勢いを
見せ始めていた。

(何だ、高校サッカーか)
と言わないで欲しい。
Jリーグ以前の日本サッカー界のトップは、日本代表でもJSL
(日本リーグ)でもない、高校サッカーだった。

国見のサッカーは

”走る(豊富な運動量)”
”ピッチの選手たちが、さまざまな役割をできる”


いかがだろうか?
前者はもちろん、後者もこの時代は”ポリバレント”
”ユーティリティー”などという小洒落た言葉こそ使わなかった
けれど、オシムが繰り返していたキーワードそのものではないか。

国見ではないが、小嶺忠敏監督がそれ以前に勤務し全国制覇の
礎を築いた島原商業では、サイドバックの吉田という選手が
サイドを縦横無尽に駆け上がり、見る者を驚嘆させた。
今では当たり前の光景かもしれないが、まだ守備の選手がそこまで
運動量豊富に自分のポジション以外の仕事をするというプレーは、
浸透していなかった。
国見ではその吉田という選手の記憶が霞むほど、ピッチ上のほぼ
全部の選手たちが、どんどん前に走り込んでいた。

私がいた高校のサッカー部でも、(こういうサッカーを目指すんだ)
と練習試合の前に国見の試合を見せられたりしていた。
その際に監督が「後ろの選手もどんどん前を追いこしていくだろう?
これを意識するんだ」と話したのを、今でも覚えている。
地方の無名弱小校だけがこうだった訳ではない。
全国大会の常連校の連中は「死ぬほど毎日走らされるんだ」とよく
話していた。豊富な運動量で勝ち進むサッカーを行うため、いつも
地獄のようなトレーニングをしていたのだ。

もちろん、全国規模でどのぐらい実践されていたか? までは把握できない。
ただ磯貝洋光といった多くのスター選手を揃えた帝京や、ポテンシャルの高い
選手が豊富な静岡の強豪校のようなサッカーは、何処でもはできない。
しかし選手の供給では恵まれているとは言えない九州の国見高校が
成功しているのを見て、多くの学校でその指導、スタイルが取り入れ
られていたのは間違いないだろう。

つまりは”走る”とか”選手がさまざまな役割をする”といった
考えは、オシムがジェフの監督に就任するずっと以前にあったし、
実践もされていたのだ。

ただ日本サッカーがプロ化し急上昇している頃、多くのサッカージャーナリスト
が”国見バッシング”を始めたという。
それにより何が生まれたかと言うと、フラットスリーなど部分的な戦術論、
バイタルエリアなど知識偏重の現場で、基本であるはずの”走る”という
行為は蔑ろにされ、選手たちも自ら考えてのダイナミックな動きはしなくなった。
オシムがジェフにやって来て(多くの場合は日本代表監督に就任して)、
これらの事に再び注目が集まったのは、嬉しいというより歯がゆい気持ち
もあった。

ところで、”ファンタジスタは不要”と多くのメディアが騒ぎ軋轢が起こる
のを虎視眈眈と狙っていた中村俊輔を、オシムは重用した。
国見高校を批判した人達は「体力に頼ってばかり」と言っていたらしいが、
面白い事にここでも其田秀太、永井秀樹といったテクニックと想像力に優れる、
いわゆる”天才”もその才能を潰す事なく、重要な役割を担っていた。

サッカーとは言うまでも無く”バランス”であって、”走る”がキーワード
だからそんな選手ばかりを集め、ピッチに送り出す訳では無い。
メディアの称賛も批判も、この国のサッカースタイルのように猫の目のように
変わり、一貫性がない。オシムの記憶が薄れるにつれ、再びこの気配も漂ってきた。
それが悲しい。

最後に、もうひとつだけ。
「休みから学ぶものはない」
国見の勝利への執念、その裏付けとなる多くの練習も、批判の標的とされたという。
なぜ時代によって、本質的な事の評価さえも変容してしまうのだろうか。

theme : サッカー
genre : スポーツ

2011-02-08

オシムの代表って、何だったんだろう?

アジアカップが終わった。
ご承知のように日本代表は見事に優勝。
これで2000年以降に行われた4大会のうち三度を制覇。
2007年の四位が最低の成績、となる。

すなわち、イビチャ・オシムが率いた時代だ。
アジアカップの成績だけを見れば最も悪い代表だった、
と言うしかない。内容重視、成長過程という言葉も、
多くの場合で”結果のみ”が重視されるスポーツなのだから、
この評価に反論はできない。


ここでは、オシムの代表というのは一体何だったのか?
を今一度考えたい。
時間の経過とともにその実態はますます無くなっていき、
冒頭に書いたようにただ(最低の結果)だけが残る。
いつもの如き”検証すること無き前進”だ。

だからここで不肖ながら、あの頃の姿を少しでも書き残し、
かつ検証したいと思う。

==========================

切り口にしたのだから、まずは2007年アジアカップから
取り上げたい。

ベスト4にまで進んだ訳だが、決勝トーナメント一回戦
のオーストラリア戦はPKによる勝利。
あの時は(ワールドカップの雪辱を果たした!)と盛ん
に持ち上げられていたが、記録上は引き分け。勝ち切れ
なかった。
三位決定戦の韓国戦を含め内容では上回った、ボールは
キープしていたとされるが、日本に必要だったのは毎回
言われるその類の事ではなく、(点を取る事)だったのだから、
この時点で決してチームは上手く回っていた訳ではない。

加えてこの頃は(ジェフ勢を優遇する)という声も多く
聞かれていた。
選手個々の能力ではそう特別な選手たちでは無い、と考えられ
ていたのに加え、ジェフというチーム自体も失速していたから、
この選手選考については度々批判の的となった。
これに関するエクスキューズ的な意見が、(オシムの練習
を浸透させるために、まずはジェフの選手たちを多く入れた)
というものだった。

けれども、代表監督を退いた後のオシムの話を聞くと、それは
怪しい。
あくまでも前線には高さがあって頑張れる選手(=巻誠一郎)
を考えていたようだし、羽生の評価も高いままだった。
ジェフでも大車輪の活躍を見せていたこの二人はまだしも、
山岸智をサイドで中村俊輔と絡める選手、と考えていたよう
だから、やはりジェフ勢を代表でも本物の戦力、と考えていた
節はある。

ここで思うのは、”オシムは自分のコントロールしやすい選手しか
使おうとしなかったのか?”
という事だ。

これに関しては、旧ユーゴスラビア代表でのエピソードを
考えてみれば、少しは見えてくるかもしれない。

天才の誉れ高かったサビチェビッチはメンバーにこそ入っていた
ものの、スタメンでは無かった。あまり大きく報道される事は
なかったが本人もこの事については、多くの不満があったようだ。
他にも代表から外れたスター選手(詳細は失念。スイマセン)
もいたと思う。

こう考えるとオシムが最終的な代表(つまりワールドカップに
臨むためのチーム)を形づくった時も、タレントに優れるが
個性が強い選手が入っていたかどうかは、わからない。
例えば、本田圭佑。
その才能が開花し相応の実績も積んだ今、もしオシムが代表を
率いていたら、彼をどう扱っていたか。
とても興味深いのだけど。

(一回でビシッ、とまとめようと思ったら、全然まとまりませんでした。
Jリーグもオフシーズンなので、このテーマでしばらく続けさせて
頂きます)

<PR>
ザッケローニ 新たなる挑戦

信頼する力 ジャパン躍進の真実と課題 (角川oneテーマ21)

やめないよ (新潮新書)

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2011-02-02

外国人監督の意味を忘れない

前回、今野の「ボランチはしばらくやっていないからダメだけど、サイドバック
ならOK」というのと同日、別の番組で今野は(引っ張りだこだ)

「若い選手たちに気持ちが感じられなかった。
そこで、長谷部がミーティングをおこなって意識を高めた」


という話もしていた。

世のザッケローニ賛歌を揶揄するような話が次々出てくるが、
これらはメディアでは大きく扱われていないような気がして、
まさに”不都合な真実”。
中にはこんな風に協会の担当者を褒めたたえるものまで存在
して、上杉隆が記者クラブを諸悪の根源とするのに近い雰囲気
が、相変わらずサッカー界には蔓延している。

========================

誤解して欲しくないのは、ザック監督を批判する気はまるでないという事。
原博実強化担当が、ツテなし&コネなしの状態の監督をヨーロッパから
引っ張ってきた、という事実も、色褪せない。

ただアジアカップの闘いぶり、選手たちの発言などをもとにすると、今回
の優勝は監督というよりも選手たち自身の力が大きいように思える。

これは常日頃、わたしがここで書いている事だから良いのだが、わざわざ
外国から監督を呼んでいるのは未だ発展途上にある日本代表を、底上げ
できるように、
というのがあるはず。
それを考えると今回の代表自体は結果が出ているので何も言う事はないが、
ザッケローニ監督の様子を見ると過大評価は時期尚早に思える。

まだ就任して半年も経っていないし、今回も準備期間が少なかったから
様子見かもしれないが、今の態度を見るとこれからも積極的な
指導をするのかは怪しくも思える。

ベンゲルたちのように(日本で何年も過ごしたら、ヨーロッパのサッカーに
戻れなくなってしまう)と、引きがあれば契約をせずにさっさと帰ってしまう
ぐらいの気の入れ方にしか見えない事もある。

野暮なことを言うな!

と怒られそうな気もするが、ジーコの時の2005年、コンフェデ杯での選手が
ノリにのって闘った頃の世論はどうだったか。そして翌年、どう悲嘆に暮れたか
(あるいは掌を返したか)。

原さんにしても本当に喝さいを送るべきなのは、(ブラジルまでとは言わなくても)
こうした点で良い兆しが見えた時だと思う。

<PR>
ザッケローニ 新たなる挑戦

信頼する力 ジャパン躍進の真実と課題 (角川oneテーマ21)

やめないよ (新潮新書)

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

2011-02-01

アマチュアかプロか?

近頃は松木安太郎の解説に、好意的な意見も多いようだ。

しかし心にゆとりの無いわたしは、アジアカップ決勝でも
テレビに向かって、数回怒鳴ってしまった。
とにかく、ペナルティエリアで接触があるたびに「PK、Pk!」
と騒ぐ。これではまるでバスケットボールだ。

いったい実況、解説の役割とは何だろうか? という疑問
が渦巻く今日この頃だが、松木はともかくアナウンサー、
そしてピッチリポーター名波浩(なぜか質問に対して違う
答えが返ってくる事多し)、セルジオ越後とこれだけの人数
がいながら、誰もちゃんとした情報を伝えてくれずに困ったのが、
岩政の交代が保留となったシーン。

「長谷部や今野が×マークをつくっている」

という話の後、いっこうにこれに関しての情報はなく
”日本、ガンバレ”の大合唱ばかりだから
(一体どうしたんだ?)
と疑問は募るばかり。
もしピッチ内の選手が交代を拒否したのだとしたら、
何十年もサッカーを見てきて初めてお目にかかるシーン
だし、このチームは無秩序状態だとも言える。

試合から二日が過ぎこの事についても記憶が薄れて
かけていたが、当事者の今野がテレビ出演して
「ずっとボランチをやっていなかったので、不安だったから
(交代について)ダメ出しした」

と語っているのを聞いて、再び思い出す事になった。

ザッケローニ監督が日本人選手の特徴を短期間で把握した、
準決勝で(守りの選手を投入したが守りきれないなど)
流れの中でのシステム変更に不安を見た、という話は
少し崩れ、実際は選手側からの要求を受け入れた
という事だが、短時間でそこを調整して再投入をできたの
はこの監督の手腕、と評価できるだろう。

======================

さて、相変わらず前振りがながくなってしまって恐縮だが、今回
考えたかったのは
”選手(ここでは今野)のこの行為は是が非か?”
という点。

わたしは当初、このエントリーのタイトルを
『良くも悪くもアマチュア』
としようと考えていた。

要求される技術に不安がある、急なシステム変更に対処できない。
これらはプロとして能力的に問題がある、と考えたからだ。

しかしながら、別の思いが浮かんできた。
監督に対してしっかりと自分の意見を言える。
それはプロらしい振る舞いだ、と言えるのではないか? と。

結局その答えはハッキリと出ないのだが、見ていた人はどう
お考えになっただろうか。

============================

ところで今回の当事者である今野だが、わたし自身は(FC東京の試合
をほとんど見ていない事もあり)、むしろボランチのイメージが
強かったため、この真相については意外だった。

アテネオリンピックの時はハイパワーエンジン、鈴木啓太を押し退け
メンバー入り。近しい世代で抜群の能力を持っていた阿部勇樹にも
守備能力だけを見れば勝るとも劣らなかった。
今回、アジアレベルではセンターバックとしても十分な力を見せてくれたが、
世界では正直不安もある。現にオーストラリア戦では高さや強さで見劣りする、
という弱さも露見しかけた。

さてザック監督が今野をボランチにした場合、攻撃への関与、中盤の繋ぎ
に関してはほとんど期待していなかったようにも思える。
サイドのカバーと中盤からのロビングを上げさせない、こうした守備的
な役割だけを期待したのではないだろうか。
そう考えると長友を上げ今野をディフェンスラインに置いた事が結果的に
この試合(そして大会)においては奏功したが、今野という選手自身の
これからを思うと、やはり”否”なのかなあ、とも思ってしまう。

<PR>
ザッケローニ 新たなる挑戦

信頼する力 ジャパン躍進の真実と課題 (角川oneテーマ21)

やめないよ (新潮新書)

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。