--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-21

十年かけた貯金も、すぐに無くなるもの

わたしの認識だと、
・ACL 二連敗
・Jリーグ 二連敗
計、四連敗。
プレシーズンマッチも負けているゾ、といった意見もあっただろうか?
ガンバ大阪の今シーズンの戦績だ。

十年前、西野朗の就任直前に知人と交わした会話を、今でも思い出す。
知人「ガンバの監督やけどな、誰がいいと思う?」
わたし「さあ」
知人「俺はな、西野とかええと思うんやけど」
わたし「西野ですか・・・」
それほど西野を好きでなかったわたしは首を捻ったものだが、
その後就任発表となった。知人はスポーツ新聞を読んでいた
ようだからそうした報道も受けて、話を振ってきたのだろう。

しばらくするとわたしは関西に済みながらオシム率いるジェフ千葉に
心奪われてしまうのだが、あのグダグダだったガンバが”いてまえ”
サッカーを見せ始める。ナビスコカップもJリーグも西の地から千葉を
応援する自分に少し後ろめたさを感じるものの、(いままでガンバは
さんざん裏切ってきたのだから・・・)と何とか自分を肯定したものだ。
そんなガンバは成績こそ絶対とはいかなかったものだが、西野監督
のもと、クラブワールドカップでも堂々とした戦いを見せてくれた。

そのガンバが、今年は泥沼状態。
西野監督が継続すべきとは必ずしも思わなかったものの、後任が
ロペス・ワグナー、ライセンスなどの関係でセホーンなるブラジル人
監督だと知り一抹以上の不安が漂った。
果たして結果は見ての通りだが、この二人を悪人に仕立て上げたりは
しない。ながき迷走から西野という異端を迎え継続させた事でそれなりの
成功を知ったはずに思えたクラブが、その実まるでヴィジョンなどつくり
あげて来なかった事に愕然とする。
ピッチ上は選手の入れ代わりやコンディション、スケジュールなども
あって同じ成績を維持し続ける事は不可能。けれども背広組は貯金
さえもしてこなかったのかと思うと、憤懣やるかたない。

<PR>
フットボール・ラブ ~俺たちはサッカーをあきらめない~ (SHUEISHA PB SERIES)

サッカー批評(55) (双葉社スーパームック)
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

ブログ内検索
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。