--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-25

何も変わらないだろう

2014 ブラジルワールドカップ グループリーグC
コロンビア代表-日本代表


いつものように盛り上げ役に徹していた松木安太郎が、試合終了間際から電波芸者を止め真摯な素顔を見せた事がこの大敗の衝撃を物語っていた。セルジオ越後は明確にそれが選手、監督のせいではなく日本サッカー協会、メディア、そしてファンの罪だと口にした。

わたしはこの試合だけは予想をしていなかった。仮にコロンビアが2勝した場合、どういった姿勢で臨んでくるかつかめなかったからだ。2位抜けになった場合、相手が開催国で大本命のブラジルともなれば順位を考慮するだろうが、それ以外であればどの道あたる相手だけに深謀遠慮をする必要もないだろう。ただレギュラーの休息、控え選手の試合慣れなどの可能性もある。
果たしてコロンビアは先発を大きく変えてきた。残念に思ったのはコロンビアの素晴らしいプレーをこの試合で見る事ができないであろう事だった。しかし後半にハメス ロドリゲスなどレギュラー格が登場すると様相は一変する。残念ながら終盤近くには日本代表がボールを持つと、退屈のサインのように感じ始めていた。このワールドカップの試合をすべて見てはいないが、日本が関わった試合は3試合ともワーストの部類に入るのではないかと思う。

試合が終わるや否や、いろんな声とともに「時期監督はアギーレか?」「ぺケルマンも興味」と始まった。少なくともメディアは何も変わらない。そしてそれにそそのかされるファンも変わらないだろう。日本サッカー協会だってきっと同じ。結局、何も変わらずまた四年間が過ぎるのだ。

<PR>

夢想するサッカー狂の書斎 ぼくの採点表から

セルジオ越後 辛口の真実
スポンサーサイト
2014-06-22

凄さと美しさを感じさせたゴール

ルイス・スアレスのとんでもないゴールを見せつけられて、首の皮がつながったウルグアイにホッとする。イングランドは好きなのだが、このグループで2つを選ぶならばやはりウルグアイとイタリア。ところがコスタリカというアウトサイダーが”死の組”の椅子をいち早く奪取。これで一つを選ぶ事になったが、魅力的なのはウルグアイか。

スアレスのゴールに最近はすっかりごぶさたに思っていた凄さと美しさを感じていたら、それを上回る衝撃がやってきた。わたしはメッシをあまり見たことが無いのを白状するが、それを残念に思う。それほどまでにイラン戦で決めてみせたゴールは素晴らしかった。世代的にマラドーナの記憶が上書きされる事に無念の気持ちはあるが、それがメッシならば良いのかもしれない。
ところでアジアから出場のイランも良かった。守備を固めて、と一言でいえば面白くないサッカーのようだが、全体にアグレッシブさがあった。カウンターも個人の能力も加えて鋭かった。守備の強化はカルロス・ケイロス監督の功績との事だが、アナウンサーはレアル、マンチェスターユナイテッドでの実績は言っても名古屋グランパスの事は口にしなかった。少なくともこのアナウンサー、もしくはテレビ局はそれを黒歴史と考えているのだろう。

実はアルゼンチンの勝利を喜んだのは、それによりボスニア・ヘルツェゴビナのグループリーグ突破が有利になるからなのだが、ナイジェリアの一発の前に沈んだ。相手、またピッチとヨーロッパ以外での経験が十分で無かったのかもしれない。無念。

<PR>

夢想するサッカー狂の書斎 ぼくの採点表から

セルジオ越後 辛口の真実
2014-06-21

階段は上るだけでは無い

2014 ブラジルワールドカップ グループリーグC
日本代表-ギリシャ代表


のっけからお詫びだが、日本サッカー協会の原博実は「目標はグループリーグ突破」と専門誌上で明言していた。
また「二戦目のギリシャ戦が大事」とし、初戦のコートジボワールにもし負けた場合の想定も口にしていた。
となると、非の多くはメディアにある。
グループリーグ突破という超現実や、事務方の原博実の言葉より「目標はワールドカップ優勝」と派手に、しかも本田圭佑や長友佑都といった現役の代表選手がぶち上げてくれる方がよほど売上につながるだろう。
もっとも日本サッカー協会側にもやはり誤りはあって、選手たちにリップサービスとは別にきちんと現実を説かねばいけなかった。もちろん多くの経験があり世界の実力を知っている選手たちがわかっていないはずがないのだが、人間は気分や雰囲気に流されるのだから、そこはきちんと引き締めねばならなかった。そうすればコートジボワール戦で追い上げられてもまるで地の底に落とされたような顔にはすべての選手がならなかっただろう。

************************************

「この試合のスコアは、何対何と予想するか?」
と問われて
「そのような知的で無い質問には、答えられません」
と返したのはかつて読売クラブを指揮している時代のルディ・グーテンドルフ監督の言葉だが、大会前ギリシャ戦を「1-0でギリシャ、または2-0もあるかもしれない」と言っていたわたしは試合を見ながらこの言葉の意味をよく噛みしめた。一発勝負ではなくグループリーグ、しかも二戦目。また選手の出場の可否やコンディションにも大きく左右される。
試合展開は予想に近いものだが、ギリシャのカウンターには思った程の迫力は無かった。日本はやはりヨーロッパ勢と相性は良く、普通の状態でやれば勝つ可能性は高かっただろう。悪かったのはコンディションでも怪我で欠場の選手がいたからでも無く、必要以上に初戦をひきづってのものだった。

多くの人が「日本はまだ歴史が浅いから」「ワールドカップに数回しか出ていないから」と言う。
しかし数時間前に死のグループをいち早く抜け出したアウトサイダーのコスタリカは、初出場の'90年イタリアワールドカップでグループリーグを突破している。ちなみに日本の初出場の’98フランスと言えば、引いて自分たちの魅力をアピールする事も無く、同じく初出場のジャマイカ相手に1点取った事で「歴史的第一歩」と持ち上げられて終わった。
多くの人が人生に関わる階段は確実に上っていくだけのものでは無い事を知っているだろう。サッカーの日本代表、そしてワールドカップが関わると、どうしていつもこの不条理な理屈がまかり通るのかが理解できない。
日本代表はまだグループリーグ突破の可能性はあるし、コロンビアの考え方によってはその可能性は高くなるだろう。ただコートジボワールの試合も二つ見てみて、このグループを突破すべきなのはコロンビアとコートジボワールだろう。躍動感のある若い選手が多く揃っていたにも関わらずグループリーグ敗退が決まったイングランド、そして好チームながら高い可能性でどちらかが消えてしまうクロアチアとメキシコ・・・こんな残念な現実が、グループリーグには起こる。日本が消える事を残念に思う人が、どれほどいるだろうか。一つホッとするのは、渋谷やさまざまな場所で日本代表に熱狂しているこの国の多くの人々でさえ、今回それほど落胆しないのがわかった事だ。

<PR>

夢想するサッカー狂の書斎 ぼくの採点表から

セルジオ越後 辛口の真実
2014-06-20

ブラジルワールドカップ予選リーグ1

■グループA
開催国、そして大本命ブラジルがいるグループ。
開幕戦ではクロアチアが良いプレーを見せる。ブラジルとできれば2位でクロアチア、と思うがメキシコも良い。ブラジル戦は善戦では無く、実力と思う。クロアチアは伝統の技術なのか、軸足に一瞬あててのドリブルを見せた(私の好きなプレー)。
ブラジルは大本命から少し格落ちの感もあるが、序盤で苦しんでおいた方が優勝に近づくというW杯の歴史もある。

■グループB
スペインがオランダに粉砕された。南アフリカ大会初戦でもスペインは敗れているが、全く違う。点差では無い。戦略にはめられなくても、まともに打ち破られたのだ。そしてチリにも敗れた。南米らしい上手さが、チリに光る。スペインの時代は終わった。あまりにも新陳代謝されていなかった。またヨーロッパの中堅よりも少し強豪、といった位置に就くのか? 未来はわからない。

■グループC
日本戦では戦前が少し過大評価だった感もしたコートジボワールだが、コロンビア戦では全く違う姿を見せた。日本戦は初戦だから慎重だったのか、戦略重視か。コロンビアも主力不在という事で、凄いというより上手いゲーム運び。このグループはこの2チーム優勢か。ギリシャが日本の素早さに翻弄されるのか守りきって沈めるのか、相変わらずよくわからないヨーロッパの中堅国。結果次第で、コロンビアも日本戦への入り方を少し変えるのではないか。

■グループD
ウルグアイがコスタリカに敗れるという衝撃。これからすぐ重要な試合が行われるが、もともとイングランドは3位候補だったので勝っても完全な自力突破は望み薄か。

■グループE
フランス-ホンジュラスを少し見たぐらいなので、現段階で特に印象に無し。

■グループF
楽しみにしていたアルゼンチン-ボスニア・ヘルツェゴビナの試合の後半途中からを見られないという大失態。やはり対ブラジルの最有力候補はアルゼンチンか。しかし考えてみれば、アルゼンチンはもう20年以上栄冠は手にしていない。
ボスニアはこの試合の善戦、というだけで終わって欲しくない。組み合わせを見れば有利だが、他グループのようによもやもあるだけに油断ができない。

■グループG
ドイツがポルトガルに大勝。ヨーロッパ勢でブラジルの対抗馬となり得るのはやはりこの国か。不安は、ここが南米大陸であるという事。

■グループH
ベルギーが気になるが、「韓国が良い」と言われ韓国-ロシア戦を見る。韓国の鋭さ、力強さは光る。実力ではロシアが上回るが、ラッキーな面があり引き分けたので決勝トーナメントの可能性がある。ベルギーを巡り残り二試合の三角関係になったので、観る焦点が絞れた。

<PR>

世界のファンタジスタ 神業SUPER GOAL COLLECTION DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ)

フットボールチャンネル02 スペインは負けない。 王者が見せる強い美しいフットボールの神髄
2014-06-15

二つと戦っていた日本

2014 ブラジルワールドカップ グループリーグC
コートジボワール代表-日本代表


(近い将来、アフリカの時代がやって来る。ワールドカップも制覇するだろう)
こう言われたのは’90年イタリアワールドカップの時で、高い身体能力とやや力が落ちていたブラジル代表より個人技の面白いサッカーを見せると期待された。ユース世代がこの頃から活躍を見せていたのもこれを後押しした。
ところがそれから20年以上経っても、アフリカ勢はワールドカップ優勝はおろかベスト4にさえ入れない。
この日のコートジボワール代表は(やっぱりアフリカ)というような体たらくで、怖いのは個人能力だけと言って良かった。
今回の日本代表にあまりポジティブな印象を個人的に持っていないのは前回書いた通りだが、だからと言ってよりふさわしくないチームが決勝トーナメントに進む事を望む必要はないだろう。その良し悪しは別にしてザッケローニ監督も少しはプランを考えているようだし、ここで意固地になる必要も無かった。

ところがコートジボワール代表はドロクバが出て来た瞬間から、全く別のチームになった。これは驚くべき事だった。
また日本代表は同点にされ、さらに逆転をされた瞬間から別のチームになった。皆がすべてが終わってしまったような顔をしているのだ。これが優勝を狙うというチームの選手たちだろうか。優勝までの道程でまさかすべて先制すれば逃げ切れるなどと考えてはいないだろうに。
ザック監督はまともな監督経験の無いジーコのように狼狽していた。わたしにはこれも腑に落ちない。
残念ながら謙虚さも具体的な目標設定もできなかったチームを建ち直すには、あまりに時間が無い。そしてこの程度のショックでは”何も言わなかった大人たち”はいささかの反省も見せないだろう。

<PR>

世界のファンタジスタ 神業SUPER GOAL COLLECTION DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ)

フットボールチャンネル02 スペインは負けない。 王者が見せる強い美しいフットボールの神髄
2014-06-11

例え1000分の1の楽しみだとしても

ワールドカップブラジル大会が始まる。
自分がボールを蹴っている頃のの1000分の1、このブログを一番書いている時期に比べても100分の1ほどの興味しかない、という言葉にウソは無い。
けれども、ワクワクする気は起っているから、こうして久しぶりに書いている。

日本代表については、前からの予想ではギリシャに負けると考えていた。守られてカウンターを食うという展開だ。
ここにきて、コートジボワールにも負ける気がしている。点を取り合って力負けだ。
当初はこれらのネガティブな予想は外れて欲しいと思っていた。
けれども気持ちが変わってきたのは、選手たちの優勝発言を頻繁に耳にしてだ。
これは個人的な感想だから、異論がある人は大勢いるだろう。しかしわたしはこれについて良い印象が持てない。
選手たちがこうした発言をする一方、日本サッカー協会の大人たちからは何も聞いた覚えが無い。わたしが知らないだけかもしれないが、本当に優勝を目指すのかはたまたベスト4入りか、前回以上の成績なのかグループリーグ突破なのか。舵取りをしている連中がこの場面でだんまりとは、日本らしいと言えばそう言えるだろうか。
またザッケローニに関しても不信はある。「ペンペン草も生えない」という言葉を聞いた事があるだろうか。
ワールドカップ後の状況を思うと、不安になる。信頼している、と言えば聞こえは良いが、当たり障りなくやっているという印象のまま4年が過ぎていた。

さてワールドカップ全般について言えば、わたしが注目するのはベルギー、コロンビア、チリといったところだ。
それこそ今の1000倍以上サッカーが好きだった頃には考えられない事だが、伝統国以外の驚きを見たいと希望している。
そして優勝はブラジルを大本命に挙げる。
けれどもこの予想は、今なお外れて欲しいと願っている。その相手はヨーロッパの伝統国がベスト。しかし南米大陸であるから、そこまでの贅沢が叶わない場合には南米の伝統国にその役割を担ってもらいたい。
いずれにしても、ドキドキした日々がもうすぐ始まる。

<PR>

世界のファンタジスタ 神業SUPER GOAL COLLECTION DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ)

フットボールチャンネル02 スペインは負けない。 王者が見せる強い美しいフットボールの神髄
ブログ内検索
カレンダー
01 | 2014/06 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。