--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-28

小野伸二信仰

日本には小野伸二信仰というのが根強くあるようだ。
”代表に小野が入っていないのが残念”
”小野を入れるべきだ”
チームでレギュラーでない、目立った活躍をしないにもかかわらず
こう言われるのは"天才MF"というイメージによるものだろう。

小野伸二信仰というよりも、これは昔からの日本人の性質だ。
私は小野を見ていると礒貝を思い出す。
十年に一人の大天才と言われたが、その素晴らしいパフォーマンス
を実際に見せたのは(特にJリーグに入ってからは)数回限りと言われる。

小野自身は自分がベストでないことをよくわかっていて、それが
救いと言えば救いだ。
Number702号で自身は(パッとしていたのはJリーグ1年目と高校生の
頃かな)と語っている。そう言えば礒貝も自分のイメージ通りに蹴れ
なくなった時期を客観的に回想していた。

同じくNumber702号からだが、その小野についての論考「埋もれた才能」では
(とことん決定的な仕事にこだわっていい。リケルメのような王様的なキャラクター
を貫くのも・・・云々)という記事が掲載されている。
要はトップ下で攻撃の中心となりタクトを振うことに専念せよ、ということである。
(現代サッカーの枠組みから外れても)というエクスキューズはついているが、
これは全く空論に過ぎない。
小野がベストなパフォーマンスを発揮した時を見たことがないので、その力量
で判断はできない。
ただその形で結果を出すならば、小野のために点を取れるFW、守備範囲の広い
MFなどまわりにそのシステムを成立させるための選手を配置しなければならない。
日本人選手を中心に据えるクラスの海外クラブでそうした陣容を取ることは不可能
だろうしJリーグ、代表では条件を満たせる選手がほとんどいない。
また一番の問題は小野自身の”怪我”という問題である。
頻繁に欠場せねばならない選手を中心に据えたチームをつくるなどという選択を
するプロ監督などいないだろう。


スポンサーサイト

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。