--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-29

退場で壊れたチーム、いつもの壊れ方のチーム

J1第8節はまず浦和-京都を観戦。
私自身が思い出深い地だからか、京都に肩入れ。
浦和は言うまでもなくスター集団だが、京都もかつてよく知る顔がチラホラ。
森岡、田原、柳沢・・・さながらそれは本流を外れた野武士集団のよう。
この日はベンチ入りできなかったが、監督の加藤久も日本サッカーの
本流にいながらそこから外れていった存在だ。

前半は京都のペース。
このままのペースが続いて、もしくは先制をしていたら浦和がジレて崩れて
くれたかもしれないが、田原が報復行為で退場に。
これですべてが崩れ四失点で完敗。
あれで退場なら、なぜせめてファウルをした阿部にイエローでも出ないのか。
理解に苦しむ。

ともあれ野武士集団京都は良いサッカーを見せていた。
これまではJ1に上がった時は力のありそうな選手を取り寄集めのようなサッカー
をしていたが、前節の新潟戦でも退場者が出ての敗戦だったようだし、こうした
試合が続いて精神的に崩れなければ期待もできる。
できればエンゲルス時代のような若手の躍進があれば良いが、今のところは
そこは厳しそうか。

さて一方関東では、千葉がホームに磐田を迎えての一戦。
茶野、村井という初代裏切り者がいるが、今となってはそんなことより目先
の一勝が欲しい千葉(村井交代の時は大ブーイングだったが)。

かつての千葉-磐田戦と言うと身震いするような激しい一戦を見せてくれていたが、
下位でやっている同士の対戦、のんびりと見ていたがなかなかスピーディーな
展開に身を乗り出す。
ただし千葉は先制すると何となく腰が引けたサッカーに変化。
前半終了間際に磐田に同点にされると、後半に追加点を奪われまたも敗退。
終わってみればいつものような敗戦。

悪いサッカーもしていないし、点も取るが良いペースは続かず守りもできない。
経験がない選手たちが多いからか、チームがまだ固まっていないからか。
ただし8節でもこの状況は、非常にマズかろう。
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。