--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-04

注目の名古屋グランパス-ガンバ大阪

サッカー雑誌の表紙になったりテレビで特集されたりと、注目度が高まると勝てなくなる
という定石どおりとなった名古屋グランパス。
ACLを戦うとリーグがうまくいかないというこれまた定石どおりのガンバ大阪。
首位決戦ではないが、それを占うのではないか? けれども連敗中の両チームの対戦。
アウェーではあるものの私の予想はガンバ。
名古屋はJリーグ開始以来裏切られているので、信用がおけない。

激しい戦いはバレーが相手をあざ笑うようにガンバが先制。
そのあとグランパスは小川がスーパーミドルで同点。
けれども後半にバレーが振り向きざまのこれまたスーパーシュートで勝ち越し。
小川の同点弾、バレーの勝ち越し弾ともに素晴らしかったが、小川のミドルは
いかにも偶然の産物だったのに比べバレーはイメージ通りの風。

結局ゴールを奪えるかどうかで勝敗は決まる。
前半に玉田がDFと1対1になり潰された場面、終了間際に藤田が絶妙の抜け出し
からシュートではなくヨンセンへのパスに選択した場面、ともにタメ息。
これはやはり日本人の気質なのか。

これでグランパスは3連敗。
いつもの下降スパイラルか?
ストイコビッチ(というか新体制)の見極めはここからとなる。

スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

結局 春先だけの名古屋
てことになっちゃうんですかね

No title

このチームの伝統ですね。
それはそれで個性かも。
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。