--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-22

猫だましにあったのは?

これだけ長期間やっていて、攻撃で出てきたのは中澤、闘莉王のDF=FW
のツインタワーのみ。サイド攻撃が軸になるかと思っていたが、精度は
もとよりその意識づけさえ十分ではなさそう。
もはやオーバーラップというレベルではないほど依存されているツインタワー
のカバーも、まだ表面化していないが実は守備の大きな問題だ。

修正、これからと言うが海外組はシーズンが始まり、日本だって昔と違い
各チーム、サポーターが代表召集に好意的な訳ではない。
この1か月をただ目の前の試合に勝つ事だけに注力してきたなら、貯金が
まったく無い状態で最終予選の難敵とぶつかることになる。

スタメンにはしっかりと中村俊輔の名前がある。TV解説によると怪我は治った
そうだ。こんな短期間で重傷だったり治ったり、代表選手はゲームのキャラか? 
本田圭佑と佐藤寿人も登場。松井、長谷部はイエローで外しているそうな。
本気で雪辱戦なのか、テスト兼消化試合なのか、それとも集客を意識した
のか、もう何もわからない。

岡田は終了後「前半の内容は良かったが、ゴールが入らなかっただけ」とデフォルト
のコメント。次からテレビ局は、インタビューは録音を使うといい。
本田と佐藤はプレーがいいから使ったそうな。全然機能していなかったように
思えたが、気のせいか。山瀬が入った方が機能するのはいつも目に見えて
いるのに、この選択はやはり話題づくりなのか?

後半に何度か流れるような攻撃がある。これには身震い。
本当は”できるコたち”なのに、単発でしかやらない。
チャレンジするのはキツイしミスも怖いのはわかる。でもやらなければ結果は
手に入らないしレベルも上がらない。
戦術うんぬんの前にそれをやらせる、気持に火を点けるのがいい監督と考えている。

消化試合と割り切ってきているバーレーン相手に、終盤には闘莉王を
上げて放り込み。ライン際ではメガネジャージが必死の形相。
「こんなもん見るためにドイツの後も日本代表を応援してた訳じゃない」
とこっちが苛立つ。

終了間際、内田が頭で放り込んだロビングが大きく跳ねゴール。
PKを止めてノリノリだったバーレーンのGKも、巻の”猫だまし”にあって万事休す。
見てくれは良くないが、草サッカーや地方大会などではたまに見られる人間臭い
ゴール。結果さえ出せばいいのなら何も言うことはないが・・・。

前回ドイツ大会予選でも苦戦するはずもないところで終了間際まで点が取れず、
久保や大黒のゴールで危機を脱し、(ワールドカップ予選は厳しい)(勝てばOK)
という意識をファンに刷り込んだ。

アジアが世界で最も弱い大陸ということは明白。
アウェーなど環境による苦戦はあっても、サッカーの質や結果で劣っていては
世界うんぬんと口にすることさえおこがましい。
一時期の日本は、アジアの中で次元が違うような近代サッカーを披露し始めた時期
があったが、協会のミスリードなどによりすっかりどんぐりの背比べの中に
戻ってしまった。

今宵の勝利でバーレーンに雪辱、グループ1位という一般受けする結果を手に入れた。
これでまた馬鹿騒ぎの最終予選、ドンキホーテ物語さながらに世界世界と合唱が
始まるだろう(応援団長香取って、何すか?)。
猫だましにあったのは一体誰なのか。
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

tag : 2010W杯予選日本-バーレーン(ホーム)

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんばんわ。

所用がありましてバーレーン戦の時間は帰りの新幹線、ビデオ録画を忘れて観られませんでした。
ハイライトで少しだけ観ました。nike3さんも書かれているようにヒドかったみたいですね。
消化試合で主力を出していないバーレーン監督の試合後のコメントは、真実を突いていました。
しかし岡田監督は「前半の内容は良かったが、ゴールが入らなかっただけ」と、「前半飛ばしてスタミナ切れになる」課題を修正することもなく、ケガの俊輔を出し続け、内容のあるサッカーをできず内田のラッキーゴールで「結果には満足しています」?

何も変わらないですね…

コメントありがとうございました

batistutaさん、コメントありがとうございました。

ブログに行ってもこの試合の掲載がなかったので、(さすがにキチンと見る人はEUROで忙しくてこんなヘボ代表に関わっている時間はなさそうだな)と思っていたのですが、観れなかったんですね。
ちなみに私もEUROの数試合を録画ミスしてました・・・。

マチャラなんて試合中はただ(観察)の体でしたからね。もう頭の中では最終予選の設計図を描き始めていたんでしょう。飛び跳ねる岡田とは大違い・・・。

日本の選手の方がうまいし強いしきれいだけど、はっきり言って多少荒さはあってもバーレーンの方がサッカーの試合をやろうとしてますよ。ゴールを常に狙ってますもん。
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。