--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-30

結果と内容のEURO2008決勝戦

結果VS内容、そして最後には結果が勝る。
EURO2008の優勝はドイツと見ていた。
美しさはリアリティに屈する、そして今回もまた結局はそうなのだ、と。
私は希望にはいつも悲観的だ。

立ち上がりは固かった。
試合を通し徐々にほぐれていったが、全体を通してもスペインは
時折しか美しいパスサッカーを披露することはできなかった。それでも
少なくとも三度は感嘆のため息。ちなみにドイツのプレーではそれは皆無、
せいぜいバラックの怪我に驚いたぐらいだ。

ボールまわしだけに目を奪われていたのではない。
フリーランニングや一対一の競り合いなど、スペインはファンタジーだけでは
ない勝負も絶え間なく続けていた。
ドイツは良くも悪くも一発で結果を導き出すチーム。スペインがただ内容だけで
満足するチームだったならば、ドイツの逆転も十分にあっただろう。
F・トーレスが言う「正義の勝利」は美しさとともにハードワークがあったからこそ
成し遂げられたものだ。

これでにわかに「スペイン、W杯でも注目」「美しいパスサッカーでも結果が出せる」
といった話が出てきた。けれども私はこれには極めて懐疑的。過去をさかのぼっても
EUROでの結果がそのまま順調に続いて行くことはほとんどない。そしてまた、
決勝で優勝の可能性を分け合ったのはドイツであり、”くじ引きのような”PK戦まで
もつれこんだのはイタリアだったのだから。もちろんこの悲観論も、今宵の優勝予想
のごとく覆されることを心の底では願っている。
スポンサーサイト

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

tag : EURO2008決勝スペイン-ドイツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

後半 明らかに点を取りに行った時点で
取れず仕舞い
つーのが現在のドイツのリアルな姿でしたね。
昔のドイツだったらスペインはひとたまりも無かったでしょうに。

と オヤジは昔話ばっか ワラ

ゲルマンは遠い昔ですね

私の子どもの頃なんてほとんどは(西)ドイツ
のユニフォーム持ってましたからね。
練習着はドイツ、みたいな。
それだけ憧れ・・・今やそれがスペイン
の引き立て役なんて、ヨーロッパ版三丁目
の夕日ですよ。
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。