--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-01

J再開後、またか審判・・・

J1再開後の14節は、名古屋-鹿島戦から見る。
中断期間が吉と出るのは鹿島、と思っていた。
昨年もオリヴェイラは不調だったチームを立ち直らせている。
空いた時間を効果的に使うのはかなりうまい、とみる。
一方名古屋は中断前からデコボコしてきたとはいえ、長い空白を
どう使うかは正直未知数。
よって今回は鹿島が有利・・・と思っていたが、0-4という予想を遙かに
超えるスコアで鹿島が圧勝した。

惜しむらく、というか不可解だったのが2点を追う名古屋があげた前半の
ゴールが取り消しになった事。ファウル? オフサイド? その瞬間はよく
わからなかったためずっと解説を待ったが結局は触れられず。
終了後のダイジェストでも見事にこの場面はスルーされ、今でもモヤモヤ。
聞けば納得、なのかもしれないが不可解なため(ああ、Jリーグはこれが
あったなあ)と審判問題にいらつく。

もうひとつは名古屋の自滅といえば自滅だが、玉田が自ら得たPKを失敗。
最近(玉田はボールを受けてシュートするイメージがない選手)なんてバッシング記事
を見ながら”代表での玉田の役割は点を取ることではなく、つっかけていってセットプレー
を得ることなんだ。岡田も口ではそう言わないがきっとそう考えて使ってるんだな”なんて
馬鹿な空想をしていたら、自分のチームでもそれをやってくれた。もっともキッカーまで
やるんだったら決めろよ・・・と思う。

この前半の失敗(と不運?)から名古屋は立ち直れず、後半も2点を追加され万事休す。
ダニーロの豪快なシュート、内田の長距離RUNの噛ませ犬となり後に引かぬと良いが。
試合後オリヴェイラは「ACLもあって過密日程なんだから、Jリーグはもっと支援しろ」
と訴える。基本的には今年のACLはガンバに肩入れしているが、この日のようなサッカー
だったら鹿島でもいいかな。浦和も土壇場になれば応援するけど、あのリアクションサッカー
で今年も行くなら勘弁・・・。
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

tag : 2008J1 14節名古屋-鹿島

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

固め打ちが出来るのが鹿島やガンバの強みですね。
しかし 遠藤があれだけ持て囃されてるのに
小笠原ときたら まるで声がかからない。
どんだけ扱いづらい選手として認識されてるんでしょうか。

コメントありがとうございます

またJリーグ観戦再開、です。
しょっぱなはジェフじゃないんか?
いうツッコミがくるかとヒヤヒヤしてました。

小笠原・・・確かにそうですね。
何だかんだ言って活躍してるのは鹿島&
ジーコJAPAN。
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。