--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-06

叩きのめされて

テレビをつけた瞬間(あれ、ヨーロッパ・・・?)と勘違いしたJ1第15節の浦和レッズ-FC東京。
相変わらず凄い応援の埼玉スタジアム。
ただ勘違いしたのはサポーターのせいだけじゃなく、赤いユニフォームが報道されて
るような感じじゃなく躍動しているから。
田中達也が飛び出しまくっている。そしていきなりエジミウソンがゴール。
ついに高原、チームでも休養宣告がされたようでピッチに姿はなし。
田中達也、ポンテという力のある選手が戻ってきて個人能力により成り立つ浦和は
勢いにのる。
けれども後半この二人が交代すると、グダグダのサッカーに舞い戻る。仕方ないか、
個人能力のチームなのだから。
と思っていると永井雄一郎が終了間際に素晴らしいゴール。
ヒーローインタビューで(今日で通算50点目ですが)と聞かれ「これだけながくやってて
50点というのも・・・」と複雑な表情を見せる。能力は高いのだから、もうひと花思いきり
咲かせて欲しい。
ところで心配なのは交代でもお声がかからなかった高原だけではなく、闘莉王も。
元気のないプレーは、6月に青のチームで”DFW”というフィールド全体をカバーする
役割を担わされてたからか。ACLとリーグ、代表とすべてがやってくる時期が心配。
もうひとつ個人的に心配は”MFもこなす万能DF”阿部。解説では「今の闘莉王じゃ
不安定で最終ラインは無理だから」って、ここでもチーム事情により便利屋。
このまま便利屋としてサッカー人生をまっとうするのだろうか。

調子が悪いとはいえ上位チームの心配をしている場合ではなく、千葉はアウェー
で東京ヴェルディと対戦。先週のFC東京戦の完全アウェー仕様ではなく、巻とレイナウド
を置いた攻撃的布陣。日本ではそこまでアウェーにしなくても良いと思ったか、下位チーム
には敵地でも勝ちにいこうとしたか。
前半はまずまずも、後半”ターミネーター”フッキに豪快ミドルを決められ一挙に崩壊。
東京ヴェルディ柴崎にも”45°からのシュート練習”のようなゴールを決められる。
ちなみにこの選手のヒーローインタビュー(誰にこのゴールを伝えたいですか)の問いに
「親です」との答えには心が和んだ。
機能してなかった巻をはじめ矢継ぎ早の交代も、まったく効果は出ず。
交代直後に加点されるという悪い流れで、アップで映ったジェフの選手たちは青息吐息。
上位にはディフエンシブにいきなんとか引き分けられるかもしれないが(やられる可能性の
方が高いが)、下位とのつばぜり合いでは撃沈される。
監督が変わろうが選手を連れてこようがJ2行きは日々現実化していく。
しかしこの状態では、J2にいっても昇格への道のりは険しそう・・・と鬼が笑う来年の事
を思う。

最後に、レイナウドとの併用が機能せず使い方が難しくなった巻誠一郎。
弟の巻佑樹とは逆のパターンでFWからDFへと転向してはどうだろうか?
もしくは守備的MFとか。
ほんで代表で採用(?)されているようなDFWの役割で、たまに点を取ると拍手喝采・・・
こうすればチームでもポジション確保、代表でも馬鹿にされない。
と、こんな妙な妄想を浮かべるなんて、ヴェルディに3点もとられて叩きのめされて、
頭がおかしくなってしまってるな。
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。