--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-18

日本人選手のイメージと現実

昨年、某欧州ビッククラブの関係者が来日しJリーグの試合を見た後、
「日本人選手はスピードがありよく動く、という印象を持っていた。
しかしそれは間違いだと気づいた。だからJリーグでは、
怠惰なブラジル人選手が活躍できている」
といった内容の発言をしたという。
これを聞いて私は(なるほどなあ)と思ったものだ。

多くの場合日本(人)のサッカーの長所として”スピードがありよく動く”と言われる。
けれどもずっとそう言われ続け、その間にヨーロッパなんかははるかに進んで
いってテクニックのある一流選手なんかもハードワークを厭わなくなっている。

この暑い中でのJリーグを見て、そこで懸命に動き回る選手たちを見ていると
恐らくは数試合しか見ていないこのクラブ関係者の指摘が必ずしも正しいとは
限らない。
ただオシムがまず「もっと走れ」と言い続けたことと、本当に自分たちが
誇るべき点だと思っている現実に齟齬がないか考えてみることだ。
オシムと言うとアレルギー反応を起こすご仁もいるだろうからついでに書くと、
名古屋で指揮を執っている頃のベンゲルもかなり選手を走らせていて(練習
で懸命に走らないと、監督が鬼のようになる)と青い顔をする選手もいたという。
ちなみにこの頃も、日本人の長所は”スピードがありよく動く”と言われていた。

このクラブ関係者が語ったように、今のJリーグでは多くの一流とは言えないブラジル人
選手が活躍している。みんなとは言はないが、ボールが来た時だけ働く、チャンス
の時だけ動く選手がいることも事実だ。そうした選手がゴールを決め決定的な仕事
をするものだから、チームはそれらの選手を重宝しファンの目をひく。
子どもたちがこんな選手にばかり憧れると、また各地で(得意なプレーしかしない
テクニシャンを中心としたチームづくり、指導者もその選手の機嫌は損ねられない)
なんてなりプロ入り後、あるいは世界との差を知って潰れていく選手が多く出ないかと
心配になってくる。
ご存知の通りヨーロッパで活躍するブラジルの一流選手は、昔と違ってよく動き
チームに貢献している。その熾烈な環境に身を置く関係者の指摘は、やはり聞き捨て
ならない。

”世界で三位以上”とか”メダル獲得”とか、ええ年した大人たちが寝てもいない
のに寝言を言って世間を躍らせてる場合ではない。Jリーグの地域密着などの
進歩は好ましいことだが、ピッチ内での現実にもきちんと目を向けねばならない。

11+1(イレブンプラスワン)―SOCCER JOURNAL (INFOREST MOOK)

スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

自国の選手7・8人で守備はなんとかし
あとは前線のブラジル人2・3人に任せる
つー Jのほとんどのチームや
ジーコがトルコでやってた方式は
結果重視に偏りすぎで進歩はもたらしませんね。
女子供にはウケるけど。

浦和は遂に釣男をFWで起用し
ハットトリックに大喜び。
全部セットプレーなのにね。
そのカゲで 阿部はカードを貰いまくり
稀有な才能が浪費されてるのが現状です。

コメントありがとうございます

横山さんが代表監督をしていた頃、某雑誌の「外国人監督でも、後に何にも残らない人じゃダメだ。ボラとか」っていう記事を鮮明に憶えていますが、21世紀の日本がそんなだとは当時の記者さんたちも思ってなかったでしょう。

阿部、どっかのブログを見てたら
「何でFKを蹴らせないんだろう?」
合わせるのもうまいから」
っていう話題があたけど、攻撃でも便利屋さん・・・隊長みたいに復帰しないですかね。してもJ2じゃダメか。
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。