--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-27

ミラーの思惑に不安はあるけれど

「ワントップにボールを放り込む、2列目からの飛び出しやこぼれ弾も狙っていく。
それで勝てるのか、点が取れるのか-」

ミラー監督の指示は巻にボールを入れる、だったそうでこれまでと基本的には同じ。
ただ選手たちはこれまでほど素直にそれを遂行する意志がないように思えた。
それが冒頭の思いで、実際に勝てない状況では選手も疑心暗鬼になるのは当然。
巻はポストプレーがうまいわけでも強靭なわけでもない。また二列目にもゴール
への感性がそれ程高い選手がいる訳ではない。

では選手たちが自分たちの判断で動いて点を取れるか、というと残念ながらジェフの選手に
はそこまでの能力はなく、何ともはっきりしない攻撃が続いた。
千載一遇のPKのチャンスも、巻の蹴ったボールは止められる。PKキッカーが巻となるのも、
今のジェフの弱さを象徴している。

神戸の方もかなり下降線、おまけにジェフが(とにかく点は取らせない)とばかりに最下位では
なかったら絶対クリアできないだろうというボールまではじき返すものだから、まあ今日は0-0
の引き分けだろうか、と思いテレビ画面から目を離し他の事をしだした瞬間に巻がゴール。
こうなると不思議なもので、ジェフが勝つんではないか、追加点を取れ、などと見ている方も
調子づく。このまま逃げ切って、ようやく勝ち星を手に入れることができた。

けれどもこの”(ワン)トップに放り込んでいく”というサッカーがジェフの選手の質に合っている
とは思えない。恐らくミラー監督の手はこれしかないはずだから、このまま勢いに乗れるかは
大いに疑問。
今度の新外国人は193cmの長身FWらしいから、このワントップの役割をさせる腹づもりだろう。
あるいは巻(かレイナウド)と併用で、ゴールに近い位置にあらかじめクロスに対応する2枚を
備えるようにし、ここに2列目の選手も加え得点の可能性を高めていくのかもしれない(個人的
には2枚を置く可能性の方が高いと思う)。
もともと衝撃を受けたトータルフットボールとは全く違うやり方だけど、果たしてこのやり方が
はまるのかどうか、今シーズンの残り試合は降格争いと共にそれを見守っていこう。

このようにお堅いことばかり書いて、せっかくの勝利に水を差すのも何だ。
最後に松下幸之助の言葉を拝借して、ジェフの選手にエールを送ろう。
「ご苦労さん。 ええ勝利やったな。
さあ、今日からこの一勝が忘れられるように、白星をどんどん重ねていってや」
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

tag : 2008J1 19節 ヴィッセル神戸-ジェフ千葉

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

リヴァプールでクラウチを軸に出来なかったのに また同じ手を使おうとしてるミラーです。
ただデカイだけのターゲットに当てるしかないなんて 勘弁して欲しいです。

コメントありがとうございます

おおつるジダンさん、コメントありがとうございます。

結局ミラーについては日本で指揮を取り出してからも「リヴァプールのコーチだった」しか言うことがない。まるで「あの大会社の役員だった人だから」みたいな。
でっかいのでドーン、スパン、だったらまだ楽しみもありますが、そこまで日本のDFも弱くないでしょう・・・。
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。