--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-02

真剣勝負とかの、イタイ結末

真剣勝負、この方が楽です。
面白い試合をすることもできず、うまいなあという感嘆も与えることができないんだったら、
(勝つために真剣勝負で頑張っています)こうした方がよほど見る者の興味をひきます。
でもそれで結果がでなかったら、イタイです。
今宵のJOMO CUP 2008、Jリーグ選抜-Kリーグ選抜の一戦はまさにそのイタイ結末と
なりました。

もちろん、テレビで煽っているほど真剣にはやっていません。
一晩だけのタイトルのために怪我も顧みず死力を尽くして戦うなんて馬鹿な真似はしません。
それでも日本の選手たちは華やかな面白い試合を演出するのではなく、勝利のためにプレー
をしていました。
代表戦だったらパスを廻しまくってチャンスを潰すのに、この試合では序盤からミドルを連発。
日本の選手たちは練習をきっちりとこなさないと、顔を合わせてすぐに共通のイメージができて
美しく効果的なパス回しができる、なんて能力は持ち合わせていません。
またヨンセン、チョンテセ(後半途中からは巻)という高さのある選手が前線にいても、それをどう
使えば点が入るかということをピッチの選手だけでは考えることもできず有機的な攻撃の形も
つくれません。
こんな一日二日の寄せ集めチームだと、そうしたJリーグの個人能力が一目瞭然です。

一方Kリーグ選抜は、少なくとも日本よりは攻撃に対してのアイデアがありました。
サイドをえぐったりポストプレーで落としたりと幅のある攻撃を仕掛けてきます。もちろん向こうも
完全な真剣モードではないので、フィニッシュの精度を欠いてくれ助かりましたが、あと2点ぐらい
取られていてもおかしくはありませんでした。
外国人選手の差、といわれるかもしれませんが、そこも含めて両国のリーグ戦の差です。
ACLで昨年まで日本チームが予選グループさえ突破できなかったことと併せて考えてみても、
(日本のJリーグがアジアをリードする)なんてちゃんちゃら可笑しくて笑ってしまいます。
経済が崩壊し、ASEANや韓国、中国に大きく後れを取っていても気づかない無能ぶりはサッカー
でも同じです。
代表チームとこの試合をあまり結びつけたくはないですが、ワールドカップの最終予選
はサテライトの方のグループに入って良かったでしょう。韓国とその他列強が揃う方の
グループだったら、サプライズ召集とか円陣ジャンプで遊んでいる暇はなかったでしょうから。

最後にJリーグ選抜に関する人選ですが、何かまたテレビ解説は(ほとんど代表選手ばかりだ!)
と持ち上げていましたが、リーグの選抜チームなのですからそうした価値感ではなく選んで欲しい
ものです。
中澤なんかもう疲労困憊で、交代していく姿など見たら痛々しかったです。これからのマリノス
の試合、また代表戦にも影響が及ばないよう休める時にきっちり休まないと、本当の真剣勝負
の場で代えのきかない選手なだけに心配です。
例えばCBにはボスナーを入れるとか(例えばなので最下位のクセに、とかのツッコミはなしで
お好きな選手をイメージください)ベテラン、若手、外国人に関わらず面白い人選をしてもらいたい
ものです。
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

tag : オールスター戦2008 J-ALLSTARS-K-ALLSTARS

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。