--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-03

JOMO CUP 2008の余韻

JOMO CUP 2008、試合については昨日書いたようイタイ結末となりましたが、いくつかの
ブログなどを見ると非難轟々のようです。

内容はというと
”なぜ韓国(Kリーグ選抜)との試合なのかわからない”
”ファン投票がない”
”自分の応援するチームから選手が選ばれていないので関係ない”
”完敗でふがいない”
など様々です。
後半負けているにも関わらず選手交代をさせたことで、オリヴェイラの采配批判もありました。
こんな試合で批判されて、名将もとんだ貧乏クジです。
一応オールスターでわざわざ呼ばれていっているのだから出るのは当たり前、そういう意味では
唯一交代がなかったGKの都築も貧乏クジでした。

批判の多くはJリーグ選抜-Kリーグ選抜となった理由、すなわち大会のコンセプトがわからない
といったことに帰結すると思います。
テレビでは散々と日韓対決、真剣勝負を煽りながらピッチでは別の光景が繰り広げられるものです
から、見ている方もまったく訳がわかりません。JリーグやJFAも「日本は弱い、代表も同じ」とか
の発言をするものだから、混迷の度合はますます深まります。

観客を集めてのスポーツの興行は”真剣勝負+見せ物”なのですから、繰り返しになりますが大会
のコンセプトを明確にしないとなりません。
今回安易に(日韓対決で煽ったら客が入るかな)なんて感じでやったのだと思いますが、W杯予選
などならいざ知らず一夜限りのスポンサー賞だけの戦いに興味が沸くはずもありません。中継前
に堀池が「日本は韓国に世界への道を阻まれていましたからね」などと言っていましたが、いつの
時代の話だと思わずツッコミを入れてしまいました。それだったら自分たち阻まれてた
80年代-90年代の選手でリベンジマッチでもしとけ、と思いながら。

隣国のプロリーグ同士の交流だったら「今回の試合は交流だから、お互いプロ同士の技術を
見せ合うエンタメに徹する試合をしよう」などの取り決めが必要です。
そうしないと一方は真剣だったから、とかかえって後味の悪い雰囲気が残りますし、中途半端
な潰し合いでは試合の見せ場が少なくなります。
(やっぱり日本はプレッシャーがかからないとうまいなあ)とか、(韓国の選手は強いなあ)など
両国の特徴が満喫できる交流イベントと考えると、気軽に楽しめます。

もっともそんな肩の力を抜いたイベントの相手として韓国が適切かと言うと、そうでもないでしょう。
だとすれば例えばヨーロッパの有名チームを招待してJリーグ選抜と対戦とすれば、向うは試合の
意味を理解してきっかりとそれに合ったゲームをしてくれるでしょう。招待チームによれば、集客も
大いに期待できます。
もっと手軽にやろうと思えばJリーグの外国人選抜と日本人選抜で試合をする、というのも考えられ
ますが、ひと昔前と違って今の外国人でチームを作ってもそうワクワク感は感じられません(もっとも
日本人選手もそうですが)。

どうしても真剣勝負で興味をひきたいとすればそれにエンタメ要素のスパイスを加えることが
必要です。
テレ朝がバックアップしてるのですから、セルジオ越後セレクトのJリーグ選抜、松木監督
のもとKリーグ選抜と試合をするといった形も可能です。辛口評論家がどんな選手を選ぶ
のか、そしてすっかり電波芸者と化した元Jリーグ優勝監督がどんな指揮をとるのか。
もしこれで大したゲームができなければ、翌日はセルジオ批判のオンパレード、またセルジオ
はセルジオで「あれは松木の采配が悪かったね」などと言えば別の意味でのドロ沼を見る事
ができます。

普段このブログで「寝言は寝て言え!」とかやっているので、あんまり現実味がない話は
しませんでした(例えばヨーロッパ選抜とJリーグ選抜で試合をさせる、だとか)が、どっち
つかずのコンセプトで、またファンやサポーターの意見を無視した大会を開くなら、
空想やポピュリズムを遙かに超える面白いものを見せて欲しいものです。
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。