--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-07

課題の一本調子

北京オリンピック グループB 日本-アメリカ

同じアジア圏、蒸し暑さへの慣れという環境面では日本が有利か。アメリカは慎重に、
ボールを持ってもパワフルでスピーディーな攻めを見せる事もなく、単純に大きく蹴り込む
などの立ち上がりで、体力の消耗を抑えた。

さすがに壮行試合ほどではなかったが、日本は内田のサイド攻撃で前半幾度か好機を得た。
終始アメリカも手をこまねいてるはずがなく、ここで決められなかったのはやはり痛い。
それ以上に残念だったのが前半21分のコーナーキック。
狭いスペースをくぐり抜けてゴール前に流し込んだボールだけに、決めるのは決して簡単
ではなかったが、やはり痛恨。
もちろん強豪国、クラブでも見る光景だが、日本がこうしたシュートを決め切れない場面は
かなり多いような気がする。それとも自国だから、外した時の印象の方が強く残っている
だけなのだろうか。

後半の立ち上がり、アメリカがこの試合唯一ギアを入れる。
そこで待望の得点。ハーフタイムで少しリフレッシュして、試合開始直後が勝負所と見据えて
チームが動いた場面だった。
その後のアメリカは少し攻撃に色気を見せもしたが、容易には追加点は奪えないと感じると
すぐさまペースダウン。試合が進むにつれノラリクラリとした戦い方を一層徹底させていった。

一方の日本は終始同じペース。もちろん攻め込む時間、攻め込まれる時間はあるがとにかく
攻撃が一本調子、守りから攻めへのペースもメリハりがない。もっともこれは、このチームだけ
の課題ではなく日本代表というチームのいつもの課題だ。
けれどもこのチームが特に弱いのは、交代などでリズムを変えられる選手がいない事。
実際の交代では、パーツを取り換えるかポジション毎の人数配置を変えるだけで、展開その
ものが何も変えられないことはかなり痛い。
中盤に違う感覚を持つ選手は入っていないし、別の攻め方に変えるためのFWもいない。

けれども(だからOAを・・・)と言うべきではないだろう。この世代にだって、そうしたポテンシャルを
持つ選手はいたはずだからだ。所属クラブでの調子や怪我の後などの問題もあるだろうが、ながい
予選と幾度もの合宿を通し、一貫した体制でつくられてきたチームだ。
その時だけの刹那的な判断で本大会に挑むのではなく、ある程度ギャンブルの要素を含めての
選考をしておいても良かったのではないだろうか。
幸運な事に、今回は”メダル獲得”など盲目的な期待がそれ程多くはなく、チャレンジするには良い
状況だったと思えるのだが。
スポンサーサイト

theme : サッカー
genre : スポーツ

tag : 北京オリンピック 日本-アメリカ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

チャレンジする状況だったにもかかわらず
気が付けばメダルの期待を負わされてた
つー皮肉
どう考えてもNHKが悪いですかね ワラ

日本人は敏捷だ 
つーステレオ・タイプな捉え方がありますが
敏捷でも一本調子なんですよね。
チェンジ・オブ・ペースは苦手。
キュキュッと来てスッとユルめるとか
ユル~い感じからキュキュッと早くなるとか
相手の嫌がることができない。

コメントありがとうございます

NHKであれですから、次からのテレビ朝日
シリーズは恐怖です。

敏捷、相手も最初は面くらうかもしれない
ですが、慣れてきたらずっと同じだから
楽だな、みたいな。
このチームはアクセントをつける個人さえ
いないですからね。
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。