--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-10

スコアどうり

J1リーグ第20節 ジェフ千葉-鹿島アントラーズ

最下位のジェフ千葉が首位鹿島に3-1で快勝。
ジェフのスタメンには早くも新外国人のミシェウが登場、最下位脱出スクランブル体制。
戦術や戦略が今一つ、また謎の苔口偏愛等から選手選考眼も怪しいミラー。
数多の候補者から選んだということで、この助っ人外国人選手の実力は如何なものか?

中盤から虎視眈眈とスルーパスを狙う選手。
合流間もなく、他の選手の動きだしもそう多くはなかったので評価はこれから。
ただいつまでたってもフィットしない選手もいるので、そうならないよう祈るのみ。
と、いつまでたってもフィットしない鹿島のダニーロを見ていたら、後半早々に退場。
先制、また数的にも有利となりジェフのリーグ戦連勝が現実味を帯びてくる。

鹿島は大黒柱小笠原の不在が大きいのか、攻守にチグハグ。内田がいないのも痛い。
ここまでは想定の範囲内だったはずだが、得点源のマルキーニョスの欠場は急だった様子。
今シーズンのジェフの勝利は薄氷を踏むようなものばかりだったが、今宵はそれ程危ない場面
もなく、まさにスコアどうりの結果となった。

それにしても、シーズンの序盤戦まったく頼りなかったジェフの面々がなかなかたくましくなって
きて、それぞれが個性も発揮するようなってきた。もしかしたら降格も免れる事ができるのでは?
そんな期待も抱かせてくれる。
一方鹿島は不安がいっぱい。今日唯一の得点を上げ勝利への執念をむき出しにしていたのは
ベテラン本山だし、やはり小笠原は欠かす事ができない存在であることを痛感させられる結果
となった。
今日出ていたのは若い選手たちとはいえ、そのタレント性も考えれば彼らが既にチームを
引っ張ってなければおかしい。興梠などが時折うまいプレーを見せてくれるが、ただそれだけ
で得点にも結びつかなかったし勝利を目指す気迫も感じられなかった。この鹿島の選手たちの
停滞は、一クラブだけでなく日本の損失でもあるので、少しばかり心配。
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ACLと国内のリーグ戦を戦い抜くには
相当な層の厚さが必要ですよね。
今のJでそれを余裕でこなせるクラブは皆無。
ただでさえそんな状態なのに
AFCの不手際でとんでもない日程が組まれたりして

コメントありがとうございます

ACL出場のJリーグ3チームがすべていまいちの今日この頃、とうとう開催国枠発動という
情けない事態かと心配でなりません。
日程の不手際も(日本は開催国枠があるから)という嫌がらせもあって??
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。