--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-15

後半は別の顔

J1リーグ第24節 ジェフ千葉-東京ヴェルディ

昔シドニィ・シェルダンの『真夜中は別の顔』というのが小説があった。”超訳”だったか、読みやすい
訳がしてあるということで大流行になったものだ。
けれどもケータイ小説なんてジャンルが出て、それがテレビドラマや映画の原作になる時代、
ふた昔前の流行なんて古本屋のワゴンセールに並べられる運命でしかない。

東京ヴェルディは、細かいパスで中央を崩していき、残留へ向け一試合たりとも気の抜けない
ジェフ千葉ゴールを脅かす。
胸にはITベンチャー、背中にはテレビ局とメディアに踊る現代を象徴するような企業ロゴをつけ
外見は今風だが、ヴェルディの基本スタイルは読売クラブ時代から受け継がれていて、流行に
流されず日本サッカーの過去と現代をつなぐこだわりのチームだ。
監督や選手が代わり時代が代わっても、その伝統は脈々と受け継がれている

一方ジェフは監督が代わり選手が代わり、数年前までのチームとはまったく別のスタイル。
攻撃はクロスが主体となったため、サイドプレーヤーの補強を積極的におこなっていて、新加入
の深井もサイドで先発出場。
前半はヴェルディのパスワークに翻弄されたが、工藤の交替出場と立ち上がりに狙い通りの
得点を奪い、後半は逆に圧倒。
PKで二点目を決めたあたりでは、ヴェルディは完全に崩れてしまい退場者まで出してしまった。

前半はともかく、後半のような試合運びを見せればジェフもまだ期待が持てる。
気になるのは次のようなことか。

・巻がいない時、攻撃が成り立つか?
・ミシェウが戻り、それが奏功するか(あるいは誰が外れるのか)?
・アウェーでどんな試合を見せるのか?

特に次節は残留争いの相手、コンサドーレ札幌とのアウェー。
”アウェーは手堅く、負けなければOK”というサッカーをするのか、それとも敵地でも勝ち点3を
狙うか。
来日の頃はベンチに大人しく座っていたミラー監督も、最近はかなりエキサイトしている。
日陰のコーチではない、指揮官としての血が蘇ってきたか。
チームのスタイルを変えること、そしてこの日は、前後半で試合の流れを変えることに成功。
次のアウェーでは日本のサッカーをどれだけ理解したかを見ることができるだろう。

サッカー批評 issue40―季刊 (40) (双葉社スーパームック)
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

工藤のフィジカルを考えての温存だったら
二重丸をつけてあげてもいいんですが
どうやら結果オーライだったようで。

工藤や米倉のように
指示を与えなくてもゴールに絡める選手がいるんですから
早くそれに気付けよ 
と繰り返し言いたいです。

コメントありがとうございます

おおつるジダンさん、コメントありがとうございます。

ミシェウが戻って来て、戸田&下村は外さないような感じなので、いよいよ工藤たちの居場所がないのでは、と。
勝敗とメンバー構成、いろんな意味で注目の次節です。
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。