--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-02

変わるサッカーカレンダー

『シングル・アゲイン』の頃、TOYOTA CUPにはACミランが変革と強さを携えやってきた。
アリゴ・サッキが”ミラー・ゲーム”と評した難しいゲームを制し、世界のサッカーが確実に
変わっていることを証明してみせた。
スター不在、結果も出せない日本代表のエアポケット。JSLは寝っ転がって観戦でき、
天皇杯は国立競技場でやる意味が見いだせないほどガラガラだった。

『告白』の頃、サビチェビッチは後半を迎える前にさっさとピッチを去り、それども記録と
記憶だけはしっかりと日本のわずかなサッカーファンに刻み込んだ。
ラモスが帰化、日本代表入り。カズもブラジルから帰国し、日本のサッカーも何かが
変わろうとしていた。

『September』なんて曲があるけれど、昔を振り返るとJSLはこの時期に開幕していたし、
そこから冬に向かって数少ない国内のサッカーイベントが始まるのだから、何となくワクワク
したものだ。

街を歩けば曲が流れてきて足を止め、主題歌になってはドラマへの思いを高めてくれる。
竹内まりやの存在は昔と変わらないけれど、サッカーはずいぶんと変わった。
日本代表への注目度はケタ違い、Jリーグは固定のサポーターをつくり、強豪クラブは
アジアの覇権を当たり前のように争うようになった。
TOYOTA CUPで来日するチームに期待しなくても、各国のリーグはいくらでも観れるし、
ヨーロッパで実質の世界一を決める大会が開催されているのだから、年に一度の
試合なんか待ちわびなくてもいい。第一、この大会自体もうないのだ。

その頃の曲がめぐったり、季節のうつり変わりで思い出したり。
そんな風な気持ちがあるから、天皇杯への批判や日程変更論議、Jリーグの秋春制
移行なんて話には、本当は耳を塞ぎたくなっている。
それでも、ボールがゴールの中に転がってどちらかが勝利するように、成り行きを見て
受け入れていかないといけない。だって、サッカーなのだから。

コンプリート トヨタカップ The 1st~The 25th
スポンサーサイト

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。