--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-16

勝ちたかったんだろうな、やっぱり

2010年 南アフリカワールドカップアジア地区予選 日本-ウズベキスタン

”一応批評してるんだから、わからないって書いちゃダメですよ”
と意見を頂いたが、本当にわからなかったこの試合。

立ち上がりは、おそろしくゆっくりした展開の日本。
相手の様子を見るには長過ぎるし、もともとそれほど怖い相手でもない。
ウズベキスタンのプレスが強いというのもあるけれど、アジアのこのレベル
の圧力に何もできないとなると・・・。

そうこうしているうちに、ウズベキスタンが先制。
その時に、飛びあがって喜んだ。つくづく、今の日本が嫌いなんだなあ~、私は。
しかし、ちと早い。ウズベキスタンの前線のプレッシャーは弱まって、やや引いてきた。
日本の選手はヘボくないんだし、これまでだってこうした展開の中で逆転してきた選手
も多いのだから、残り六十分以上しのげはしないだろう。
案の定、中村、大久保、玉田と経験ある選手のラインで前半のうちに同点とした。

仕切り直しの後半、両チームそれほど大きな変化は感じられない。
ウズベキスタンが動き始め、日本も交代を使い出す。
岡崎が登場。香川かな、マズイな、と思ったら大久保が下がる。ウズベキスタンの首が
つながった、と思った。
しかしこの岡崎、試合前にはさんざんスタメンだ何だと煽られていたが、結局はベンチ
スタート。選手は一体、どういう気持ちなのだろうか? ファンと同じように、マスコミは
馬鹿だと割り切っているのだろうか。

早々と前線に行きまくっていた闘莉王だが、後半はより顕著になっていく。
これで守備組織、チーム戦術の統一は図られるのだろうかと心配していると、岡田
の指示でもあるよう。さらに後押しするように稲本も投入。闘莉王以上に今のところ
計算できるCBもいないのだが、探しも試しもしない監督(スタッフ)、供給できない
Jリーグも、なんだかなあ。

ウズベキスタンもさすがに運動量が極端に落ちて、勝ちを狙うのはもう無理そう。
でも日本も悲愴感漂う。そう、UAE戦から気になっていたのだが、中村俊輔の表情
などはどこかおかしい。また中澤あたりもすでに金属疲労が顕著。予選うんぬん
ではなく、選手生命が心配。

そこに興梠を投入するから、UAE戦で見せたような縦への突破をされたら
ウズベキスタンは危ないな、と思っていたら、無難なプレーに終始してくれた。
本番の緊迫した場面に、残り数分で若手を出すのはちとコクか。

1-1の同点で試合は終了。
監督と選手はどこかで聞いたようなコメントを発するも、テレビに映るサポーターは
うなだれていて、これがこの試合結果の真実か。
ただそれでもなお、日本が先のながいアジア予選で敗退する可能性は低いだろう。

それにしても、日本の選手はまったく動き(出し)がなくなった。
パス出し待って、動くだけ。
と~っても古いサッカーを見ているよう。まさに”司令塔サッカーの時代”復活だ
(各司令塔候補も機能しなかったから、余計訳がわからないのだけど)。

しかし、やっぱりわからない。
先月のバーレーンとのアウェー戦で見せたような動きとプレッシャーの方が、よほど
ホームで勝ちに行く試合運びだったのに、なぜあんなにゆっくリズム?
また水をまいてたらしいけど、早いパスまわしなんか選手がせず、かえって
すべったりしているのはなぜ? 闘莉王はいきなり前線に張っててもいいの? 
(勝つ気がないんかな・・・)
と思ったけれど、あんだけ必死になってたから、勝ちたかったんだろうな、やっぱり。

一番わからないのが、岡田の最近よく使う”コンセプト”。
この便利な言葉を、どなたか解説してください!

日本代表激闘録 AFCアジアカップ2007 INDONESIA MALAYSIA THAILAND VIETNAM ~オシム・ジャパン進化論~

スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

例のBSを見ていますと、オーストラリアは「とてもとても」良いサッカーをしておりましたとも、ええ。

nike3さんの仰る通り、日本の選手はポテンシャルはあると思います。
逆にウズベキスタンは大したことなかった。

…となると、答えは導き出されますよね?明日のスポーツ新聞、サッカー雑誌などの論調が楽しみ…と言いたいところですが、正直解任論など出なさそうですね。
最近はマスコミまで優しいみたいで。

コメントありがとうございます

うぇばーさん、コメントありがとうございます。

ウズベクは監督交代直後、何故か裏切り者
に仕立てられたアドバイザーのジーコは
まだ海のものとも山のものとも・・・それで
とりあえず、こういう結果ですからね。

どこぞの国は10ヵ月ほど前、監督が
いないとパニック障害を引き起こして
いましたが、こんなんだったらいなくて
良かったんですが・・・。

オーストラリアがある程度の成績になって、
フランス大会の時の韓国よろしく
(一緒に本大会に行こうぜ!)みたいな
優しさを出さずに、現実を見せつけてく
れる事を祈ります。
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。