--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-19

オシム離れというチャレンジ

こんなのを書くと反発されるんだろうな~、と思いつつ。

日本で仕事したい! オシム氏J監督復帰熱望


(またスポーツ新聞がしょうもないネタ書いていやがる)
なんていう気分で見た記事。
「日本協会のアドバイザー延長の打診はない」。これぐらいがせいぜいピンとくる情報で、
以前「もうオシムは日本から完全に離れて欲しい」で書いたように
”アドバイザーなんてお飾り”という役割がやっぱり終わるのか、という思い。
就任期間で、何をさせたか? せいぜいスカパーの特番に橋渡しして、EUROの
解説をしてもらったぐらいか。日本サッカー協会が本気でなかった事は、今回の
更新なしの報を待たず、十分に感じられていた。

一部でまたぞろオシム待望論が起こっている。
日本代表、Jリーグ、日本サッカーそのもの・・・今回のニュースで再燃の雰囲気も。
でも、”もういい加減に、オシム離れをしたら”という感じだ。
Jのチームで指揮うんぬんは、軽い感想程度で言っている方がほとんどだと思うので、以下ちょっと
根が深そうな代表や協会絡みで。

「Jリーグのチームはできるのに、代表はどうして良い監督を探せないんだ」「協会はネットワーク
がない」と批判があるが、日本代表に良い監督が就任しないのは”探せない”んじゃなくて
たぶん”決断する事を逃げている”からだ。


だいたい外国人監督の多くは代理人経由なわけだし、日本サッカー協会に売り込みなんかも
多々あるはず。実際、代表監督に外国人が検討され始めた頃すでにベンゲルの名前も出たのに
無視していたら、後年名古屋を大躍進させて(ベンゲルって本当にいい監督だったんだなあ。
あの時、呼んでおけば良かった)と協会関係者が呑気に語っていたという笑い話もある。
日本サッカーのあるべき姿、明確な目標を協会が提示できないという技術的な問題もあるが、
「この監督に任せてみる」という腹の据わった決断ができないのが選べない理由。
もちろん責任や影響力が一Jクラブより遥かに大きい(と考えられている)日本代表監督を
選ぶには、並大抵でない勇気がいる。監督選びなんてギャンブルに近いものがあって、
どんなに実績があったって合わなかったり結果が出なかったりもあるのだから、「興梠はスゴイ!」
なんて言ってたのが一週間も立たないうちに「なんだあいつは」なんてなる世論なんかいちいち
気にしていたら、やってられない(笑)。
だからJで実績がある監督や、信頼できる人からの紹介ばかりとなって、リスクを回避しようと
する(ファルカンは微妙だが、一応無謀なオファーを出したテレ・サンターナ経由の紹介なので
これも同じ)。

ただオシム、オシムというのにうんざりなのは、そう言っている人は実はこのメンタリティと
同じで、オシムに頼ってばかりで新たなチャレンジを何もしようとしていないからだ。

小野剛技術委員長が言った「岡田さんしかいない」という言葉、”岡田さん”の箇所を”オシム”
に変えて言ってるのと同じで、(そうじゃないでしょ)となる。

ファンやサポーターの立場でできる事なんかない、と言われるかもしれないが、海のものとも
山のものともわからない監督がやってきて、指揮を執るのを見守る、何もないところから目の前
のものを評価する。それはチャレンジ。岡田だって結果がそう悪いわけではない。もういい、
じゃあ解任して新しい監督を連れてくると予選期間中になった時、かえって悪い状態
になった場合に受け入れられるのか。それもチャレンジ。
(ちなみに私は、ずっと”南アフリカに出れなくっていい”と言っているので問題なし。
「また次も、その次も出れないかもしれないんだぞ!」という意見もあるが、アジアで
ボロ負けしている時代をさんざん見てきているのでそれも平気。ブラジルとかが出れ
なかったら、ちょっぴり落ち込むが)
多分Jリーグで”これが自分のチーム”と熱心に応援しているコアなサポーターは、
多かれ少なかれこんな思いはとっくに経験済みだろう。

世界にはオシム以外に優秀な監督はごまんといる。そんな中オシムとの出会いの幸運は
自身が日本との関わりに情熱を持ってくれていたからで、それは奇跡的な邂逅と
言ってもいい。
日本に特別な思いを抱く監督は、今は世界にいないかもしれない。
でもオファー時に協会が未来への展望や熱い思いを語って口説けば、どうか?
ファンやサポーターだって、満員のスタジアムで応援する姿を見せたり、心のこもったメッセージ
を送れば(よし、この国のために頑張ってみるか)となるのではないか。

オシムというほぼ現実的には無理であろう人物にいつまでも過剰な期待ばかり寄せて
執着している姿は、新しい出会いというリスクを回避した逃げにしか映らない。

オシムが伝えたのは「考えて、走る」とかじゃなくて、”リスクを恐れるな、チャレンジしろ!”
じゃないの?

FA プレミアリーグ 10年史特別BOXセット (初回限定生産)
スポンサーサイト

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

最後のまとめの数行に拍手!!

コメントありがとうございます

おおつるジダンさん、コメントありがとうございます。

例として”だから阿部なんかは外に出ていくチャレンジをして、浦和に行ったんじゃないか”と書こうとしてたんですが、ながくなっていたので省きました。
まあ、結果として阿部の場合はただうまいだけの中堅選手になってしまったのですが。
現実って、厳しいですね。
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。