--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-12

ドイツワールドカップ、日本初戦

いよいよ今夜なので、先日友人たちと話した時に出た意見を書きます。

「前任者との衝突で懲りた、協会の甘えの結果は?」
サッカー協会は前監督トルシェとの度重なる衝突で、楽な後任者
を選んだ。ジーコは現役時代にPKのボールにツバを吐きかけて
ひと悶着起こしたことなど嘘のように、穏やかな人格者として
4年間を過ごした。
監督経験、実績、ともにナシ。現代的なサッカーとも無縁。今回
の結果は、その監督を選んだ協会の責任となる。摩擦を恐れ楽な
方にはしったとの評価となるか、それとも素晴らしい判断だった
となるのか?

「日本サッカー”最後”の結果は?」
ある記事によると、イタリアの優勝への期待は今回を逃すと、次
以降の世代がうまく育っていない事への不安の裏返しだと言う。
日本は優勝など望むことはできないが、それでも今回のメンバー
がおそらく個々の才能の面では極めて稀な世代であることには
変わりない。今回予選リーグ突破ができなければ当分決勝トーナ
メント進出は望めない。いや下手をすると、これが最後の本大会
出場の可能性だってある。

「世界を驚かせられるか」
フランス大会では初出場という言葉に甘え、前回大会では開催国
の最低限の義務を無難にこなした。今回求められるのは、内容だ。
ジーコが目指すサッカーは、個人の技術と想像力を重視し、美しさ
を追求したもので、戦術、フィジカルを中心に語られる現代の
サッカーへの強烈な挑戦でもある。それをヨーロッパでも南米でも
ない、極東の島国が成功させたら大きな驚きとなる。しかし”内容”
とは言っても今の日本では、結果も伴ってこなければ納得されない。
今回のワールドカップは、まったくもってやっかいだ。

スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。