--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-01

好ゲーム、と余計な追記

2008 ヤマザキナビスコカップ 決勝 大分トリニータ vs 清水エスパルス

”勝利か、敗北か”。
決勝戦は、お互いが盾で守り合うといった魅力に乏しい試合ではなく、剣を構えた
ワクワクするものになった。
大分は後半23分に先制、終了間際に追加点という理想的な展開。守備を強みとする
大分が早い時間に点を取っていたら、リズムが崩れて危なかったかもしれない。
また最初の得点者がチームの中ではわりと経験のある高松ということで、
これも成功の要因。ここぞという時にベテランの力を信じる試合への臨み方は、
若手にばかり偏ったり逆にいつまでもベテランを外せない諸監督には見習って
欲しい。

ただ浦和レッズ以来、ここから強豪への第一歩となるイメージ、またジェフ
がタイトルをとった思い出深い大会ではあるものの、実質的には優勝チーム
がACLなどの大きな大会に打って出られる訳でもなく、個人的にはあまり価値
を感じていないカップ戦。
以前ブログ『FOOTBALL NOTE』に「ACLに大分が出ていれば、勝ちぬける理想的な
チームだったのではないか?」という論があった
が、こうした興味に続いていか
ないのが、惜しい。私自身は経験のない大分がACLで勝ち上がっていくのは難しい
だろう、と思っているので、”ナビスコは取れたぞ、ではアジアはどうだ?”
はぜひ見たかったところだが・・・。

さて、いい試合だったのけど”引きづりこまれて大興奮”とまではいかなかった。
このあたりは若い選手が多くても、そう驚きをもたらしてくれるほどではない、
あるいは日本代表の称号をばら撒いているために「代表選手です!」などと実況
が叫んでも、唸るプレーがあまり出ない。Jリーグのレベルが低下というか、
小粒になっている印象はやはり拭えない。

「首都圏のチームが今回いません」「大分からも大観衆がかけつけました」
「九州勢初優勝です」・・・どこかで聞いたような言葉だな、と思っている
と、高校サッカー選手権だった。かつては強豪が常に本命であり、首都圏
のチームも有利だったのが、年がわりで地方校が優勝を争う状況になった。
ユース年代はクラブチームに人材が流れていっているというのもあり、選手権
が最高峰の戦いでないから良いのだが、Jリーグはまぎれもなく国内最高
の選手たちが集う場所。大分の勝利を称え清水の労をねぎらい、好ゲーム
だった、とだけ記せばいいのだろうが、Jリーグ勢によるカップ戦の決勝を
見る目が些か厳しくなってしまうのは、どうかご容赦いただきたい。

<PR>
大分トリニータ 2007シーズンレビュー シャムスカ・マジック
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。