--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-21

武器は飛び出し、思うは本大会

「いやー愉快愉快。あんたの渋い顔が、浮かんできそうやわ。こんな絶賛する時は、たいがい
憂鬱な時やしね。ちゃぶ台でもひっくり返しましたか? ”協会ナイスアシスト!”って、どんだけ
なんですか」

前回のエントリーを読んでくれた友人からの電話。二点目が入った瞬間、もうテレビを消そうかと
思った。三点目の時には、壁を叩いた。ブルーノ・メツの表情が映るたびに、自分の暗い顔と
だぶった。
さすがにドーハの悲劇からの付き合いともなれば、実に私を理解してくれている。

ただ、選手への称賛は本物。コンディション面や移動といった負の要因を、微塵も感じさせなかった。
また、合流間もない選手を中心に違和感なく連動できていたのは、その能力の高さへの大きな驚き。
唯一の不安は初出場となる寺田だったが、心配はなかった。フッキクラスのブラジル人が帰化して
いるならともかく、セバスチャン、しかもカタールは単純な縦パス狙い。Jリーグでふだんやっている
プレーをすれば、跳ね返せた。

=======================================================

もの凄く大ざっぱな言葉を使えば、オシムのサッカーはトルシェとジーコの中間。岡田のサッカー
を雑な区分けで言葉にしても、そうなる。
攻撃では追い越しを交えた連動、個々人のアイデアとスキル。判断力も望まれている。敏捷性と
動きの量を生かす方向性も似ている。

考えたのは、なぜオシムは中盤の選手に飛び出しを望み、岡田はFWの選手をやや下げて
(1.5列目)の飛び出しを狙うのか。
日本の中盤は巧いため、これまでパス回しに酔う状態がよく見られた。翻って、FWは前線の
厳しいプレッシャーに耐えきれず勝負ができない。大久保は所属チームでも1.5列目で生かされる
事が多々ある。田中達也、佐藤寿人は前線で勝負できる稀有なFWだが、二列目にいけばより
スペースを生かすことができる。松井も、京都時代に見られるよう純粋な中盤の選手ではない。
玉田は昨日の試合でもよく下がって守備もしていたが、名古屋ではチャンスメイクまでしている。

「あんた、俊輔をトップみたいに書いてますけど、何でですの?」

それは、以前書いたように4-2-4が世界で戦うベースの布陣と考えているため(サイドの上がりや
パスワークで崩しと数的優位に立ち、前線へ飛び出していく選手で得点を狙う。岡田体制では
ポジションはやや固定、ディフエンス時はゾーンにしっかり戻ると決めごとを重視。実際の前線は
流動的で、あまり数字の並びに意味はないが)。
俊輔はチャンスメイクと変化をつけるFW、といった感じ。各自の流動性が弱まった今、個人で
アクセントをつけられる存在は不可欠。おまけに、守備にも戻り精神面でも頼もしい。
オシムは飛び出しての得点まで望んだようだが、現在のコンディションではキツイだろう。

そう考えると、オシムが中盤の選手に飛び出しを求めた事よりも、岡田がFWを下げて起用する
やり方が日本人には合っているのか。やはり、日本人監督の方が適任か。それとも、オシムは
エレガントさもまた、望んだのか。

気になる事が、ひとつ。オシムはトップに体の強い巻(矢野)と得点の感性に優れる高原を考えた。
カタールのような力が落ちる相手にはともかく、上のレベルであればこう配置しないと飛び出すにも
スペースができないからか。
ジェフ時代、チームづくりの過程で得点力のあるチェ・ヨンスは放出され、前線で起点をつくる
マリオ・ハースを呼んだ。得点力が武器の高原の重用と、合致しない。これは、選手の資質を活かす
ための差か。

中盤の守備バランスにも、不安はある。遠藤、長谷部の組み合わせは強気。鈴木啓太は攻撃、
技術面での物足りなさはあっても、身を粉にしてよく働く。より守備的な選手がいなくても、格上の
相手を凌げるのか。
キーとなる二枚の中盤。シリア戦の後(中村憲剛、阿部、あるいは長谷部)と書いたが、遠藤は
あげなかった。バランサーとしては抜群。運動量と、守備力に疑問あり。ジーコ時代、遠藤の株が
上昇するも守備力の脆さが見え外れていった。また、オシムは絶えず名指しで運動量を要求する。
これらが揃えば、抜群の存在。

言葉がストレートに伝わる、といった面ではやはり日本人監督の方が有利か。選手たちが短期間
に合わせる事ができるのも、そうした影響があるかもしれない。気になるのはトレーニングの
引き出しと協会やメディアを向こうに回しての立ち振舞い。そして、世界を肌で知る実戦経験。
カタールのように終始圧倒できる相手ならともかく、互角かそれ以上の相手にはどうか。トルシェは、
「日本人指導者には、自らの経験が足りず戦術的規律を選手に教えられない」
とする。
前述のオシムの方法論との相違も合わせて、そのあたりがオーストラリア戦ではっきりすると
良いが。

中村俊輔は、守備にチャンスメイクに奮闘。ふわりとしたボールと、インタビュアーの的を射ない
質問への苛立ちは怪我のためか。だとしたら、岡田監督を唯一批判するとしたら交代をさせな
かった点。
選手を消耗品として使ってはいけない。

関連すると、香川をこの代表に招集すべきだったか。
彼がいてもU-19代表はアジアで敗退だったかもしれない。けれども、勝つ可能性を高め、あるいは
自らも悔しさの当事者になることで、得る物は大きかったと思える。ロンドン五輪も、岡田監督が
大きく関与すると聞く。一元化するのであれば、偏らないようバランスを考える事も大切。
犬飼会長の傍若無人ぶりが甚だしい。これは身近で物言う人間の不在によるもの。お友達体制に
見える技術委員と目立たぬコーチ陣は、物言う存在足り得ているか。

「ところで、あんたの書き方やとなかなか真意が伝わりませんで。俊輔のインタビューに
真正面から取り組まんと。誤解されて、また落ち込むなや」

<PR>
スポーツマーケティング (スポーツビジネス叢書)
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。