--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-19

肌感覚の実力差を想像

世界のトップに真っ向勝負すれば、このぐらいの力の差があることがわかる、
良いゲーム。
ガンバ大阪は3点も取り、2点差まで迫ったのだけど、マンチェスター・ユナイテッド
は来日して間がないのだし、日本での開催だからスコアがその差とはならない
(もっとも先にひとつ試合をしているしそこで怪我人も出ているので、ガンバ側にも
マイナスはあり)。

素晴らしいと言っていただけるのは社交(辞令)だと思います(西野監督)

点差が開いていたので、完全に彼らが本気かと言うと違うと思う(遠藤)

簡単に点を取られてしまった。攻撃よりも守備面で大きく差を感じた(山口)

監督と、ベテランの中心選手がこれを冷静に受け止めている。
これが、スコアやデータでは測れないサッカー。肌感覚の実力差、と言おうか。
当然、私もその戦慄を実感はできていないのだが、”わずかな差”はとても
大きな差ではないかと考える。

若い選手が若干、満足気味なコメントをしているのが不安。
若さゆえこれから追いつき追い越せる希望がある、と言えるものの、ヨーロッパや
南米はこれからもどんどん進化していく。

(C・ロナウドは)すべてに関して違った(安田)

このコメントに、アトランタオリンピックでジュニーニョ・パウリスタをマークした服部年宏 が
「(目の前でフェイントをかけられ、そのあまりの凄さに)感動した」と言っていたのを、
何故か思い出し、日本とブラジルのそれまでとそれからの関係を考えた。


民放(日本テレビ)によるものだし、どうせバカ騒ぎをするだけだから目くじらを立てる
のは止めておこう、と思っていた。
けれども、ガンバが一点を取った時にプッツリ切れた。
ひとつの結果、ひとつのプレーだけにフォーカスして騒ぎすぎる。試合の流れを評価
する、見るというのがいつまでのできないのは、この影響もあるのでは?
だから、プレーもそこに目が向けられず「日本人は巧いんだけど、試合で生かせない
し、ゲームもつくれないよね」と何十年間も同じ評価を外国人選手や監督から頂戴して
しまうサッカーが続く。
点を取った後、リプレーや選手のアップばかりになり、ガンバの選手がどれだけ
まだ勝ちに向かう姿勢があったのかが見れなかったのも、残念。
余談だがコロコロPK、コロコロPKと馬鹿騒ぎしていたが、あれはコースをついた
普通のPK。元Jリーグの選手だった解説者たちは一生懸命ながいものには巻かれて
たけれど。

<PR>
ガンバ大阪 栄光への軌跡 AFCチャンピオンズリーグ2008 [DVD]







スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。