--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-25

日本サッカー、危機の予兆

クラブワールドカップも終わって、国内サッカーに目を移すと移籍情報
がチラホラ。
もっとも、下火のサッカー人気に不況もあって、ひっくり返るような
派手な話は聞こえてこない。

名古屋のヨンセンが清水に移籍との報。
国内で移籍先が見つかって、良かったと思うとともに、ジェフではどうだった
かという考えも再燃。
前線に大きなFW、日本人選手しか名前がのぼらなかったものの、ヨンセン
では如何なものかと少し想像した時も。ただ、巻を第一に考えるなら控え
に外国人枠を使う必要もなく、ターンオーバーと騒ぐも並行して多くのタイトル
を狙っている訳でもなく、実際はコンディションやアウェーでの戦い方でスタメン
をいじっていただけ。
そういった面で、特に検討されなかったのかもしれない。

噂レベルで実際はわからないが、阿部勇樹の名前があがっているそう。
妙にボランチ探しにやっきな印象。下村の代わりなのだろうか? パスミス
などは非常にヒヤヒヤさせるものの、今のチームのリーダーとしては欠かせない
印象。終盤にチームのやり方に異を唱えた件が尾を引いているなら、残念。
あの位置でボールを失う、攻撃に移れないというところがチームとしては
不満なのだと思うが・・・。

いずれにしても、上位争いの可能性も低いし成長の場としても魅力に欠けるし、
名前のある選手がやってくることはなさそう。経営(お金の安定)とサポーター
の雰囲気だけでは、動かないだろう。
今年ベンチでくすぶっていた選手を次々獲得していったような形となるのではないか。
人(選手)の確保は、ICカード化(Suica)より遥かに難しい。

J1ではないが、東京ヴェルディは経営面でかなり厳しい雰囲気が。
”フリューゲルスの悲劇を繰り返すな”
はJリーグの合言葉だが、(それもこのご時世じゃ止むえない)といった世間
の空気は、怖い。

ただ、製造業はともかく他の業種の連中に聞くとメディアの馬鹿騒ぎに反して、
それほど景気が悪そうではない。
「円高だから、海外旅行に行きたいな~。でも、休みが取れないなあ」
という具合であり、特に製造業とそれほど親和性が高くないヴェルデイの
スポンサー候補が、皆無という訳でもない。
(日本サッカー自体に魅力があるか? 人気があるか? 面白いのか?)
結局、大切なのは本分である。
金融危機による不況より、サッカー界にとってはこちらの方に危機
がありそうな気がする。

<PR>
ビッグクラブ ―浦和レッズモデルができるまで―
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。