--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-21

この方向が、いいのかな

昨年末に気になった戸塚啓氏のコラム。

岡田監督が加速させた代表の「日本化」

オシム前監督が掲げた「日本代表の日本化」を岡田監督は加速させたのだ。
特徴的なのは前線の組み合わせだ。玉田圭司、大久保嘉人、田中達也の3人の
同時起用は、これまでならば考えにくかったはずである。ストライカーとしては小柄な
彼らは、「アジリティ=敏捷さ」を武器にすることで同タイプと見なされる。
(中略)
しかし、岡田監督は彼らの同時起用をためらわなかった。日本人のアジリティを最大限
に活用するためと理解できる。「日本代表の日本化」を加速させたのだ。


そうかなあ。
それならこれまで(の監督)も同じようなやり方をするでしょう。日本にはこの手の選手は
バンバンいたんだし。
カタール戦は確かに翻弄したけど、相手が今二つぐらいだったのと、得点のタイミングも
良かったから。アジアの一線級以上が相手、あるいは点がしばらく取れなかったりしたらどうか。
いわんや本大会レベルの相手に対しては。もちろんその時はひかれて崩せない、ではなくて、
相手にペースを握られて攻めきれない、でしょうが。

それで以前ちらりと書きかけたのが、オシム時代のエジプト戦。あの時も大久保たちが入って
活躍、マスコミは”個の力”と騒いだが親善試合でエジプト相手、これ以上の相手には厳しい
な・・・と。今のやり方は、あの状況とそう違って見えなくはない(つまり、本大会を想定すると
日本では敏捷で、ある程度テクニックに定評がある選手たちを揃えて挑んでもきついだろうな、と)。

前監督は前線に巻を起用し続けて、”ジェフ枠”などと揶揄する声も多かった。
それでも以前のインタビューでは巻(あるいは矢野)という体のある選手をトップに
起用し続ける意志が強かったことを口にしていた(ここでは本題ではないが高原も)。
もちろんこのやりかたの方が絶対に成功する、という訳ではないけれど、あれだけ日本人
の良さを生かすことを叫んでいた監督がどうして(諸外国に比べたら体格的には優位に
立てない)選手をトップで起用し続けるつもりだったか。

犬の意地さんのブログに、気になるコメントがあった(上から四つ目のやつ)。

鹿屋体育大学の監督のコメントというのは、これかな?

若いし技術もあるけど攻撃はワンパターン。中盤にタメがつくれていない
(2009年1月の練習試合後)

中村俊輔や遠藤といった経験があってタメをつくれる選手も入ってくるので、その部分の
印象はずいぶん変わるはず。
それでもなお、前線にターゲットたり得る選手を置かないと、得点のチャンスは生まれにくいか
(スペースができないから?)。

以前は矢野、我那覇なども呼ばれていたが、今は巻だけ。その巻もどうもパワープレー
要員ぽい召集のされ方で、流れの中で生かす戦術練習などはしてなさそう。
今の”コンセプト”がやっぱりある程度以上の相手(あるいは力が下でも引いた相手)には
機能しないとなったところで、方向転換になるのか。そこから本大会まで、強化にさける
時間は? 試合数は? 代表は岡田監督のチャレンジや経験の場とはやっぱり違うと
思うんだけどな。

<PR>
名波浩 夢の中まで左足


スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。