--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-24

サッカー放送はどうなっていくか

「演出、アナウンサー、解説者。サッカーのテレビ中継の評判が悪い。このままいくと、
格闘技のように一過性のコンテンツとしてポイ捨て、世間から見向きもされなくなる
危機感がある」

サッカーと同じ、いやそれ以上の過剰演出等でテレビ局に対して非難轟々の格闘技。
年末にそれと比較した事を書こうかと思っていたら、意外と大晦日の格闘技放送
(TBSのDynamite!!)が良くて、書く気が失せていた。
もっとも良かった理由というのが、いつもより放映時間が短縮されていて、食傷気味のリピート映像
や過去の試合映像を流す時間が無くなっていたからだ。その意味では、怪我の巧妙とも言える。

サッカーは競技人口も多いし、(総合)格闘技と違って競技そのものがしっかり確立している
ので消えてしまうことはもちろんない。別に格闘技もなくなってしまったわけではないが、
数年前には「ミルコが」「桜庭が」と話しかけてきた連中が現在は、「それ、何やったかな?」。
すっかり書くタイミングを失してしまっていたら、バーレーン戦の生中継消滅が取り沙汰されて
いるので、今ならと思い書く事にした。

地デジへの移行が目前に迫っているが
「これにより視聴料金を徴収できる。そうなれば、サッカーも熱心なファンがお金を払って
見る仕組みができるのではないか」
そうした話を以前聞いた。
そうなれば懐は痛むが、無意味な芸能人の演出が無くなったり実況や解説に視聴者から
意見を言うことができる。もちろん討論番組や、様々なカメラワークも期待できる。
私自身は、2002年ワールドカップの時のスカパーのような鳥瞰カメラは見たい。やはり
あの時にあった試合中の監督の様子をずっと流す映像も楽しめる(そこまで見る時間
も頻繁にはないだろうけど)。
もっともそんなメリットは語れらていたが、スカパーなどの有料放送の今の内容を見ていると、
そうそう理想はすぐに実現せず、(ただ熱心な人向けにコンテンツを確保している)という
雰囲気にしばらくはなるのではないか。

北京オリンピックの頃は、海外ではネットで中継録画がすぐに手に入り、繰り返し視聴が可能
なサービスもある、と聞いた。私としては費用が大きく跳ね上がり視聴時間が固定されるテレビ
よりこちらに期待をかけたい気もするが、もしネットとなっても経費以外の要素でかなりの
料金設定になるかもしれない(実際、格闘技がそうだった)。

いずれにしても、放送の形態やメディアの質は変化してきている。肝心のサッカー人気も、
日本代表ばかり言われるが逆に言うと話題にさえのぼらないJリーグ、その実際に
視聴率が取れない現状(昨年の優勝決定戦3.0%)を考えると、急にコンテンツとしての
強さが息を吹き返すとは思えない。既存の方法に拘れば、バレーボールをはじめと
する他競技よろしくますます過剰な演出にはしり、結果熱心なファンを遠ざけてしまう結果
にもなるだろう。
チーム強化や育成面では不評な日本サッカー協会(含むJリーグ)も、ここは代理店や
既存メディアだけを視野に入れず、幅広くまた将来を見据えた危機をバネにしての
チャレンジを期待したい。

<PR>
スポーツの魅惑とメディアの誘惑―身体/国家のカルチュラル・スタディーズ
スポンサーサイト

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

プロ野球でさえあの有様なので
スポーツ中継は地上波から消えるんでしょうね ビッグ・ゲーム以外は。
ミーハーに振り向いてもらう努力は やるだけムダ
に気付くと 困るのは電通様だったりして

コメントありがとうございます

おおつるジダンさん、コメントありがとうございます。

気になっちゃうカンジ、の代表戦。
まあしょうがないんでしょうね。
スポーツ中継は地上波から無くなり、
あるのは中田英主催ゲームだけ
だったりして。
D社様も、次のビジネス展開に頭を
ひねってる所でしょう(それで皺寄せ
はまた視聴者、みたいな)。
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。