--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-29

重要な付記

AFCアジアカップ2011最終予選
バーレーン代表-日本代表


「今日の試合は諸事情で、ユニフォームを取り換えてやる事になった。だから、
赤いのが日本代表チームだった」
そう言われても納得できるような内容。
マチャラ監督の思考はわからないが、想像するなら
「なぜあのシュートを外すんだ」。
バーレーンの大衆のメンタリティはわからないが、日本人と同じでネット文化も
似ているならば明日(今日)からの掲示板は
「やった、勝った。でもシュート下手過ぎ」
という言葉が躍るだろう。

バーレーンはきれいな形でチャンスをつくるが、フィニッシュの精度が悪い。
これが上手くて、日本の真ん中(特に中澤)がしっかり抑えていなかったら、
セットプレー以外でもあと2点はやられていたはず。
一方日本は、いつもは同じような事(シュートを決めきれない)を言われる訳だが、
今日はそれさえもなかった。

もっとも、恐らくアジアカップの出場権は得られる状況、オーストラリア戦に向けて
の調整段階、アウェー戦。そして何より、ベストメンバーではなく、この試合はまさに
チーム(バーレーン)対個人(日本)という状況。これは戦前から予想されていたので、
まったくネガティブに見る気はなかった。中村俊輔という特別な選手、遠藤、長谷部、
松井、大久保といった選手たちが揃う直近で最も重要な試合、オーストラリア戦では
まったく別の戦いが見られるはず。3月のバーレーンとの同じアウェーのワールドカップ予選
もこのメンバーが中心となるはずで、そこで負ける要素はまったくない。

けれども、後半を見ながら思った。
(あまりにも酷すぎないか?)。
バーレーンは日本と違い試合中ずっと勤勉に走り続けるなどしない。後半はだいぶん
勢いが収まり、十八番の時間稼ぎも顕著になっていった。日本はまったく、鳴かず飛ばず。
本田圭佑は「個人の力を見せる」と言っていたそうだから(いくつかチャンスをつくる。自分
で得点を決めたら、一転称賛に変わるだろう)と考えていたが、案の定良いパスを何本か
出すにとどまった。
特に中盤はレギュラーメンバーではない。本田、稲本は直前合流。連動などもとから期待
できるはずがない。
(1.5軍の個の力。それではもう日本は、チームとしてまとまりを持ったアジアの中堅国にも
勝てない)日本選手の個の地盤沈下が証明されただけ。この試合で岡田体制のチームづくり
をネガティブに批判してはいけないと思ったものの、やはりイライラして懐疑的になった
のは、グダグダになってきたネット中継の解説のせい(だけ)ではない。
本田out→なぜか拘る、香川が登場。
また誰か出てきた、19番て誰だ? ああ、興梠か・・・?
そして終了が近づき、巻が登場といつもの負けている試合での展開。そして相変わらず、
それを生かす攻めも中途半端。

あまりにも拠り所が、ない。
前半のうちは(だから”これが日本のサッカー”というスタイルを確立しなければならないんだ。
責任があるとすれば指針をつくらない協会)と考えていたが、数年間で体制が変わるチーム
としても、あまりにも空っぽすぎるのではないか。

もう誰も関連づけないだろうが、約1年前に同じバーレーンに、同じく敵地、同スコアで敗れ
岡田監督は「オレ流」を宣言しチームをガラリと変えた(本当はその時点で既に中途半端に
変わっていたが)。
ただ今回は違う点がある。それはバーレーンのサッカーの方が、遥かに内容が良かった
という事だ。ガルフカップ敗退でマチャラはかなり危うい状況にあると言う。ワールドカップ
の出場権も、現実問題難しいだろう。バーレーンサッカー協会がいつものようにさっさと
解任に動けば、またこのサッカーも放棄されることになる。バーレーンが日本の脅威となる
可能性は、これからもやはり低い。
けれども、ついに来たのだ。
ホーム、それほどナーバスではない試合、レギュラー相手ではないとはいえバーレーンが
日本を破る日が。もちろん、”しかも内容で完全に上回って”と付記せねばならない。

<PR>
スーパーさぶっ!!劇場―痛快!サッカー4コマ漫画 (2) (NSK mook)
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

1年前に屈辱を受けてオレ流に転換したのにこの有様では
オレ流の存在意義が疑われても仕方がないです。
フィジカルで劣るし 引き出しも無いし
コンセプトの徹底を図るしかない つーことに固執してるだけでは 
相手からしたら組し易い
つージレンマから逃げられませんね。

コメントありがとうございます

おおつるジダンさん、コメントありがとうございます。

>コンセプトの徹底を図るしかない つーことに固執

そもそもこのコンセプトっていうもの自体が、どれだけ価値や実態があるものか怪しいですしね。
「ああ、ゾーンプレス。そんなのあの頃の日本でできるわけないやん。そう言っとけば相手もマスコミも勝手に勘違いしてくれるやん」と言った加茂さんみたいに、岡田も何年かしたら「コンセプトなんて、本当はなかったよー」って告白するのかも??
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。