--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-05

チルドレン

岡崎、香川、安田が得点と派手に暴れ、長友と内田の両サイドバックも抜いてあげて打つ。
フィンランド戦。これで評価も良く・・・上げられたり下げられたり、良いんだか悪いんだか。

岡田監督がなぜこれだけ若手を使うのかと言うと、
「自分のチルドレンをつくりたいんじゃないか」(たぶんセルジオ越後談)
「若手だと、飛躍的に伸びたのように見えるから」(どの解説者か不明)
という話があって、(ひどいこと言うなあ~)と思っていたものだが、
あながち間違いではないのかも。

ところで、ヨーロッパ組が合流してオーストラリア戦の中盤より前は
どういうメンバーでいくのだろうか? 中村憲剛はまず外されてしまう
だろうが、岡崎は? 香川は?
評価だけではなく、スタメンも出たり出なかったり。

(岡田監督が連れて行った市川がフランスW杯以降にどれほど活躍したかと言うと・・・)
とたまに目にするが、小野伸二もその才能に見合う活躍をしたかと言うと個人的には
疑問(怪我という不確定要素のせいでもあるが)。また暗黒時代には横山謙三、
代表バブル以降のエアポケットのようなファルカン時代、ともに大量の若手を入れた
ものの、後年のその選手たちの活躍はどうだったか(もちろん、活躍した選手も
いたが)。早期起用が、必ず成長へとつながるものか。

ここまでは愚痴。
これで終わるとただ後味が悪いだけなので、先日サッカー以外のあるスポーツ
関係者(ちなみに格闘技でもない)から聞いた話。

「○○たち今年目立った若い選手をどう思うかって?
年に何回かは良い成績を出す。当然だよ。力も才能もあるから彼らはこの
世界に入ってこれたんだ。
でも、シーズンを通して常にその位置にいるかって言うと違うだろう。
でもベテランの□□や△△はシーズンを通して、しかも毎年結果をキープ
している。その理由は、俺が思うに・・・」

とあるエピソードを交えながら解説してくれた。

「一度入っただけで”日本代表”の肩書や。あんたも、そうなるか」
雲の上のような存在だった釜本が、代表に初めて招集された時の加藤久に
ようやくかけてくれた言葉は、こんなものだったと言う。

<PR>
自然体~自分のサッカーを貫けば、道は開ける (小学館101新書 22) (小学館101新書 22)
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。