--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-19

絶望に効く、わきゃない戯言

ワールドカップアジア最終予選の日本代表-オーストラリア代表に関する宇都宮徹壱さんのコラム
日本の進路が決まった日(スポーツナビ)」の結び、”ただ確実に言えるのは、この日、日本の進路が
決まった”
という一文に絶望的な気分になった。
もう決まってしまったものは、仕方がない。それなら世界で三位以上になる、驚かすために”日本らしさ”
とともにそれを.実現すべく自分なりに(テキトーに)考えてみた。

1、新ドーピング薬を開発

ロングパスはぶれるということで短いパスをつないでいき、展開が広がらない分とにかく動きまわる
というのがコンセプト(らしい)岡田監督。グラウンド上では前も後も選手が走りまくり、プレスを
かけまくる。「これをさらに上げていく」という事だから世界で勝つにはさらに驚異的な運動量が
必要だろう。そう、人間を超えるような。
またいつも敗因にあげられるのが、フィジカル。しかしもうそんなセリフは聞き飽きた。
ぜひとも日本はどんな検査にもひっかからない、効果抜群のドーピングの新薬を開発して欲しい。
90分、いや延長になろうとも走りまくれる体力。さらには黒人をも凌駕する瞬発力。ヨーロッパの
屈強な選手も弾き飛ばせる強靭な体。
DFはオランダ人を吹きとばし、アフリカ人選手より高く飛ぶ。FWはドイツ人のブロックを跳ねのけ
豪快なシュートで得点。勝利はもちろん、世界が驚くこと請け合い。
さらに良いことには、やはりおかしいと後に調査され仮にドーピング違反が発覚したとしても、
「悪いこととはいえ日本の新薬の研究、開発力は素晴らしい」と注目される可能性は高い。
新たな産業として、不況日本に明るい光が射しマスコミが持ち上げて、騒ぎが収まった頃には
再びノーベル賞も夢ではないだろう。

2、リフティングで制覇

日本サッカーの現場と言えば、常にリフティング。公園の子どももリフティング。草サッカーの
兄ちゃんもリフティング。しかも、皆結構うまい。

だから日本代表は、試合のすべてをリフティングで組み立てていく。
ゴールキーパーから展開されたらトラップを浮かしてパス、頭でも背中でもかかとでも、とにかく
至るところでリフティング。相手にかっさらわれてゴールされてキックオフになっても、センター
サークルからリフティングを開始。例え20点差がつけられようと、リフティングだけで試合は行う。
成績はでなくても、少なくとも世界は驚くはず。かつて東欧のブラジルと呼ばれたユーゴを撃破
したブラジルが「さすがにそう言われているだけの事はあったよ。なかなか巧いね」
と余裕で笑ったそうだが、同じように日本も「なかなか巧いね。でもワールドカップ向きじゃないかも」
と笑われることだろう。

3、テレビゲームで新たな世界を構築

ウィーとかウィレレとか、DSとか何が何だかわからない。でもテレビゲームが流行ってるんでしょう?
日本はFIFAを脱退して、独自のサッカー組織を立ち上げる。ただしヴァーチャルな世界で。
プロモーションに電通をつけ、ビックビジネスに。本物の人間たちがながい歴史と伝統を培ってきた
リアルなワールドカップなどおかまいなし、徐々に現実とヴァーチャルを混同させていく。
日本代表の面子も当然様変わり。Jリーグのユースや高校サッカーの強豪出身の選手たちは
徐々に姿を消していき、代わりに秋葉原などから次なるスターは生まれるだろう。

如何でしょうか?
どうもスイマセン。

<PR>
絶望に効くクスリ 14―ONE ON ONE (14) (ヤングサンデーコミックススペシャル)
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【城彰二DVD】ゴールからの逆算

正直なところ、城彰二さんって失礼ながら頭悪そうというか、感覚でサッカーをやっている方と言うイメージでした。まずHPを読んで思ったのは、皆さんが行っているリフティング。実は間違ったリフティングを続けても意味が無いとの事。

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

宇都宮徹壱さんのコラムで私の進路も決まりました。2010年のW杯終わるまで日本代表の試合は見ない、と。だって、「このサッカーを続けていくしかない」のですからね。。。

コメントありがとうございます

カニさん、コメントありがとうございました。

>2010年のW杯終わるまで日本代表の試合は見ない、と。

この決意、凄いです。
多分”見ない”という決断が最も潔く熱がある行動だと思います。
私はそこまでの思いきりができずにグダグダしょーもない駄文を書き連ねています。

久しぶりにこの間世界のサッカーのダイジェスト放送(アルゼンチン-フランスとか)を見ていたら、単純に面白かったのでやっぱり他で応援する国を見つけようかなあ、と(しかし私のは女々しい行動ですね)。
ただJリーグも始まるし、そちらを選ぶと他国のリーグを見る時間がなくなり思い入れが持てないだろうから、悩ましいところです。

それにしても、ピムの罪は大きいですね。
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。