--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-08

良きものたちの開幕

Jリーグ2009第一節
鹿島アントラーズ-浦和レッズ

金曜の夜、外で食事をしていると鹿島と浦和にスポットをあてたJリーグのニュースが流れた。
「田中達也、顔が変わったね」
「髪切ったんだよ。評判悪いんだよ。みんなにからかわれてさ」
「大人の顔になってる」
「川口もさ、一時期おかっぱみたいな頭でカッコ悪かったしね」
食堂の親子の会話がかみ合っていたかどうかは別にして、こんな風に世間でも盛り上がり
(?)が感じられる中、ついにJリーグが開幕した。

指揮官が変わり今年こそはチームとなるのか、が注目される浦和レッズ。一方の鹿島は
既に先週ガンバ大阪を粉砕し、好調な仕上がりぶりを見せた。
前半におおよそ記憶にない、チームとしてのパス回しの片鱗を見せたレッズ。期待が高まる。
けれども鹿島は、ボールを奪うと鋭いカウンター。左右に大きく振りながら、レッズゴールを
狙う。
その成果は早くも前半のうちに出て、先制。

後半に入っても鹿島のツボを心得たサッカ-は止まらない。
一方のレッズは、昨年までの個人に頼る状態に先祖がえりしていく。今年は開幕からポンテも
いるだけに、この傾向は余計目立つ。

すでに完成された心憎いサッカーを見せた鹿島。小笠原まで出してきて、ながいリーグを制覇
する一番手に名乗りを上げる。
ただ個人的にはいくら国内を連覇中だろうと、ACLを獲っていないために信が置けない。
一方今年はチームとして戦える可能性を見せてくれたレッズ。このまま伸びて・・・といくかどうか。
豪華なスタメンは、そのまま代表へと選手を持っていかれる事を表している。また勝利がなかなか
掴めないようであれば、またぞろピッチ内外で”エゴ”が噴き出す懸念もある。
フィンケ新監督は、日本の代表への熱狂と自チームの選手のパーソナリティーを把握している
だろうか?

優勝を狙う強きものたちの開幕はなかなか面白かった。
ところで聞かないようにしていたのに急に「他会場ではガンバが・・・」なんて言うものだから
耳を塞ぐのが遅れた。
まあ、この後見る予定のジェフの経過でなくて良かった。いや、待てよ。ガンバの相手って
確か・・・。

<PR>
浦和レッズ 敗戦記
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。