--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-14

想像を超えることが起こると楽しい

2009J1第2節
浦和レッズ-FC東京


(しばらくは個人の能力に頼って上位をキープしておく。その間にチームづくりが
進むと面白いが・・・)

エジミウソンの勝ち越し弾が決まり、ゲームも終盤にさしかかった時間帯までに
持っていた感想。テレビ中継の画面から集中を切らしかけたその頃に、あの
ダメ押し以上に価値があるゴールは生まれた------。

浦和レッズのスタメンに、高原の名はなかった。どういう訳か昨シーズンはあの状態で
使われ続けたが、新監督は早々にこの知名度の高いスターを外した。そして原口元気
は開幕に続き名を連ねる。
スタメンを見ると、フィンケ監督のもとで(今年の浦和は違うのではないか)という期待
が起こる。

けれども試合内容からはまだそういった雰囲気は見えて来ない。
テレビ中継は細かなパス回しを見せると大仰に騒いで見せるが、果たしてポイントは
そこなのか? ボールの動きを中心に追う画面、また自身もいろいろやりながらの
テレビ観戦なので的外れかもしれないが、ゴールに進むパスの流れや中で待つ
人の数なのであれば、楽しみが増す。

頼る個人の能力とは、主にポンテ。得点を決める個人能力としてはまだそれほど
信頼ができないが、エジミウソンか。そして後は闘莉王。二点目はこの三人で生んだ。
それが冒頭にあげた感想を浮かべた理由のひとつでもある。

ところがわずか一点差、開幕で負けホーム初戦という難しい状況に関わらず、
フィンケ監督は18歳の山田直輝を投入するという大胆な采配。
状況を鑑みると大ばくちとも言える。
けれども山田はゴール前で冷静さを見せて、ポンテのシュートをアシスト。
フィンケは賭けに勝ち、チームは勝利とそれ以上の価値を手に入れる事に成功した
(もっともポンテだからこそあのシュートをきちんと決めてくれた、と言うのはあるけれど)。

フィンケ監督は若手の育成、起用に定評があると言う。
あの浦和でそこに着手できるのは、いつの事やらと考えていたが最初からその力量を
見せている。
もっとも遮二無二そうした若い選手を使う監督ではないらしく、ベテランの奮起も考えて
だと言う。メディアの言う事だからと高を括っていたが、交代で出てきた高原の必死な
形相とプレーぶりを見ると、それも嘘ではなさそうだ。

想像を超えることが起こると、楽しい。
もう少し暖かくなる頃には、もっと楽しませて欲しい。

<PR>
浦和レッズ 敗戦記
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

今日は浦和のサッカーが!というより、
東京のサッカーが・・・。という試合。

正直、東京の出来が悪すぎて、全く
ポジティブに受けとれません。
(前節鹿島に完敗だっただけに)

浦和の新しいサッカーの評価は次節以降
ですかね・・・。

コメントありがとうございます

sinnkaさん、コメントありがとうございます。

>今日は浦和のサッカーが!というより、
>東京のサッカーが・・・。という試合。

私も書きながら(ぜんぜん東京の方にふれてないな・・・)と思いましたが、まったく印象に残ってなくて。敢えてあげれば石川のシュートで凄いのがあったぐらいですか。
仰る通りで、(あの相手にあれで”想像を超えた”も何もないでしょう)という感じですね。

sinnkaさんは浦和サポーターの方でしょうか?
私はフラットに見ているので今日の試合でも温かい目でいられますが、サポーターの方は(全然、まだまだ)といった評価になるでしょうね。

次節はアウェーで磐田ですか。
4月のホーム大分戦あたりが評価対象のゲームになると良いですが、間に代表戦もあるしまだ時間がかかりそうですね。
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。