--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-15

やっぱりミラー流

2009J1第2節
柏レイソル-ジェフ千葉


トップ下(工藤)を外して、巻と深井を前に。アレックスはサイド。
試合前の予想配置からどんなサッカー、特にどう点を取るのかに注目する。

ところが試合が始まっても、さっぱりわからない。攻めるシーンが出てこない。
どうしてかなあ~と考えて、思い出した。
「アウェーは負けなければOK。ホームできっちり勝つ」
昨シーズンにプレミアからやって来た、元リヴァプールのヘッドコーチという
キャッチコピーで紹介され続けたアレックス・ミラーは、こんなサッカーをする
監督だった。

先制され、悪いムードで後半開始。
ジェフはそれでも、攻めに重きを置くことはない。
ところが実況が苦言を呈し始めた頃、後ろから上がっていた坂本隊長が
ミッシェル・プラティニを彷彿させる(わかるかな?)芸術的なシュート。
これが見事に決まって、勢いづく。

ところで柏だが、実際にそれ程試合を見ている訳ではないので一言だけ。
いろいろあった中で今シーズンから指揮をとる高橋真一郎監督だが、
どこぞの大熊監督を思わせるような大声が響く。
「そこで上げろ!」
そんな事まで監督が言うの? どうもそういう野球っぽいのは好きでない。

点を取ったジェフに戻ると、監督の思惑を知ってか知らずか(多分知ってる
だろうけど)選手は前へ行く意識を見せる。ただ日本人の生真面目さゆえか、
(負けなければいいんだ)という監督にも気を使っている風でどうも思いきり
がない。
そこにミシェウを投入。行け、なのか行く必要はないのか不明。選手たちは
理解できたのだろうか?

ロスタイムに不満顔の新居を投入。どう見ても時間稼ぎの交代で、新居の
ように露骨だと見る方にもわかりやすい。
時間稼ぎなのに谷澤は走って出て行く。
(監督の事は気にしないで、短い時間だけど点取れよ!)
などと新居に声をかけてくれると面白かったが。

試合後のピッチの様子は、何となく重い。
私なんかのようなテレビ観戦が口にするのは不遜だが、荒れた天気と予報されるなか
生で観戦された方の満足度は如何ほどだったか?
そういえば今日、某杉山茂樹氏の編集本を読んでいて(日本のサッカー界は馴れ合い
とか紹介人事ばかりで、おかしい)というのが散々出てきたが、解説の水沼氏と高橋監督
のやり取りはシンクロニシティみたいだったな。

<PR>
サッカー番長杉山茂樹・オールナイトサッカー(COSMIC MOOK) (COSMIC MOOK)
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

和田や佐伯でも入れればいいのに
あそこで新居じゃ新居も萎えますよね。
去年は状況が状況だっただけに
選手からは 勝ちにこだわる監督 つー印象が洩れて来ましたが
やってることを見ると どーもそれほどこだわってる風ではない。
それは今年も変わりませんね。

コメントありがとうございました

おおつるジダンさん、コメントありがとうございます。

新居のような尖がった目のFWは個人的に好きというのはありますが、Jリーグでこれほど頑なにアウェーは負けなければOK、とやってると星勘定が苦しくなりそうですがね。
サッカーの中身と同じで、どうも柔軟性に欠ける嫌いがあります。

そちらのブログで書かれていたようにジュビロ戦までつぼみのままだと、悪い雰囲気になりそうですね(ジュビロの方が花開くかもしれないし)。
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。