--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-22

目覚めの美

J1第3節
ジェフ千葉-川崎フロンターレ


(谷澤も今年は抑えられるな)
前節までこんな印象を持っていた。正直ほとんど知らない選手だったが、サイドでの
モノ凄い暴れっぷりに昨年は魅了された。
けれども今年は(ジェフの要注意人物)と最初から厳しくマークを受けている感じだった。

ところがその谷澤が相手DFをあざ笑うように置き去りにし、ループを決めて先制。
サッカーのセオリー。早すぎる得点は必ずしも優位とはならないが、今日のジェフ
は流れるようなカウンターを見せ、久しぶりにゾクッとくる快感を味あわせてくれる。

昨年は札幌、東京ヴェルディ相手でもブラジル人ひとりにやられてしまうシーンを見せられ
ていたが、今日のジェフはゴール前に黄色い壁が張り巡らされ失点も感じさせない。

(予想外に、勝利か?)
と思いきゃ、「前半は寝ていた」とこれまた日本のサッカー監督がよく口にする言葉で
関塚監督に表現された川崎は猛攻を開始。
特にミドルは強烈で、クロスバーが防いでくれなければ後半早々に振り出しに戻される
ところだった。

昨シーズン中盤の快進撃、そして最終節のミラクルはまさに運も手伝ってくれてのもの
だったが、まだ崖っぷちでないからかそれともそう何度も奇跡は起きないということか、
ジュニーニョに美しいミドルを決められる。
またブラジル人にやられた! と嘆くのでなく、描かれたそのシュートの曲線美にただ
ため息。

工藤、和田、そして今節は”点を取ってこい”と新居まで投入されるが、ジェフは攻撃
の糸口を見つけられず。
川崎の圧力が強いからか、良くも悪くも固定されている形が崩れて応用がきかないのか。

結局同点でタイムアップ。
正直今節の勝ちは予想していなかったので、個人的には悪い結果とは思わない。
けれども、今後のチームののびしろを思うと、未だ勝ちなしの状況はいささか不安に思える。

<PR>
Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2009年 4/2号 [雑誌]
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

これまたありがちなコメント
前半と後半では別のチーム
となりましたね。
よくまぁ1失点で切り抜けたもんだ
とポジティヴに受け取りましょう。

コメントありがとうございます

おおつるジダンさん、コメントありがとうございます。

>よくまぁ1失点で切り抜けたもんだ

クロスバーが味方してくれましたからね。
ただけっこう川崎のミドルにはシビレタので、
それが実って悪い気もしていなかったりして。
不謹慎ですね~。

まあ、ジェフがそれ以上のモノを見せてくれれば
いいんです。
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。