--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-29

日々に疎し

2010FIFAワールドカップ・アジア最終予選
日本代表-バーレーン代表


いろいろと忙しく、近頃はテレビやネットでも特に日本代表関連の報道を気にする暇がなかった。
バーレーン戦の当日の昼間、たまたまつけていたテレ朝で何か前振り番組をやっていたが、
香取団長とか言うのがまたイッてしまった目をしていたので見ないで消してしまった。
そういえばこの予選の中継は”テレビ朝日開局50周年記念特別番組”と冠がつけられて
いるが、何かワールドカップがテレ朝のために開かれるイベントのような印象を受けて気分
が悪い。
ああ、せっかくメディアの煽りを受けずに穏やかな気分でいたのに、考え出すとまたイライラ
してきたのでこの辺で止めておこう。

「ホーム初勝利」
「厳しいアジアでの戦い」
「中村俊輔、日本を救った」
「ワールドカップまであと一勝」
etc、メディアの見出しパターンはこんなところか。

カタール戦で衝撃的な船出をした素早く動き回る攻撃陣も、機能しているとは言い難く。
闘莉王、中澤が前に行ってターゲットや起点になり安心できるという展開を見せられ続けると、
果たしてあのアタッカー陣の組み合わせにどれ程の可能性があるのか? といよいよ
不審になってくる。
実際に決まったのが中村のプレースキックということだけでなく、シュート以前にチャンスも
十分につくれない印象がある。肩入れしながら見ていたというのはあるが、粗さや集中力の
欠如という問題はあっても相手のバーレーンの方がゴールを奪おうとするサッカーをしていた
ような印象も残る。

冒頭にメディアの煽りをほとんど目にしていないと書いたが、試合が始まってもドキドキする
快感はなかった。これが今の日本代表に対してだけなのかどうかは、わからない。
スタンドのイベント会場のようなノリ(少なくともテレビにアップで映った場面は)と併せ、
わずか十年ほど前にあった興奮をもう日本代表で味わうことはないのかもしれない。
サッカーでは浦和レッズの再生と進化を見つめるか、ジェフ千葉の動向に一喜一憂するか。
テレビ放送はまず望めないがガンバ大阪が素晴らしいサッカーでアジアを再び制す戦いに
思いを馳せるか、ACL初チャレンジの名古屋グランパスの動きに注目するか。
はたまた、”やはりサッカーはヨーロッパだ”と日本のサッカーを見る時間を削り意識だけでも
海外に同化させるか。
でもやはり息をのんで心臓が止まるほどの思いをしていたあの頃には、どれも遠く及びそうにない。

<PR>
サッカー批評 issue42―季刊 (42) (双葉社スーパームック)
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。