--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-12

芸術に乾杯はできず

2009 J1 第5節
ジェフ千葉-ジュビロ磐田


昨年の好調な連勝期間も(アレックス・ミラー、疑問や~)と言っていた人間としては
必ずしも現在の状況でも勝利を願っていない、という意地悪な顔が出る。
けれども巻の芸術的なパスや深井の二本の(入っていれば)芸術と称賛されるであろう
シュートを見せられては、俄然勝利を想う気持ちが高まる。

おまけに比較的おとなしいとされるジェフの選手たちもようやく(もっと攻撃の時には
繋ごうぜ!)となっているらしく、「とにかく大きく、前に放り込め」というそもそもジェフ
(というか日本)のサッカーとはミスマッチではないかと思われるミラーの手法から
離れていっているのが頼もしい(ながい目でチームを見るとちょっと心配だが)。

芸術は得点に結びつかなかったものの、泥臭さでジェフに先制点が生まれる。
これがサッカー、これが巻。

立ち上がりの悲壮な顔から一転、得点の時は喜びを爆発させていたミラーは、
後半25分に下村を投入。
単純に考えれば守備の引き締め? ただし残り時間20分を残してのこの交代は、
失敗すれば内に外に大きく信頼を失う。

杞憂に非ず。
呆気なくフリーの前田遼一に決められる。
工藤のミドルは相変わらず”惜しい”止まり。すっかり”頼みの綱”と化した新居もシュート
を放てず。そして巻。なぜ守備で頑張りゴール前で体を張るのに、シュートのチャレンジだけ
はしないのだろう。

フロントのミラーへの信頼は揺るぎないらしい(この試合の前までの情報)。また個人的
にはダンディなたたずまいは嫌いではないが、さすがにもう限界か?
監督を連れてくるより、もう日本人の監督を昇格させて選手の自主性で戦った方が良い
のではないか?

と悲壮な雰囲気のスタンドを見ながら思ったものの、考えてみればまだシーズンは開幕
したばかりで、そんな刹那的な考えを起こすべきではないか?
それにしてもこのブログを始めた頃は二戦勝ちがないぐらいで”やばいぞ、ジェフ千葉”
なんておたおたしていた自分が、やけに懐かしい。

<PR>
Sport Management Review VOL.12
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

負ければ ほら見なさい
と言い易いところですが
選手同士の話し合いは監督の思惑を超越してたようで
それはそれでよかったんじゃない的な結果でしたね。
下村や新居の投入は相変わらず的外れでした。
中後を入れて駒大スクワッドに頼るのが真っ当な戦法なのに
なぜかソレを避けるミラーでした。

コメントありがとうございます

おおつるジダンさん、コメントありがとうございます。

選手が自主的にやったゲームで勝ち馬に
乗ろうとしたものの、謎の采配でそれを
失したミラー(まあそればかりが原因では
ないですが)。

次は全盛期のラモスみたいに坂本が
”中後を入れろ!”とピッチ内から叫ぶ
とか。
そこまでいくと少し可哀想になります
ので、良い形で調和して欲しいものです。
まあ、何よりも勝利が良薬ですね。
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。