--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-06

巻のような選手こそ海外に行くべきだった

2009 J1 第9節
ジェフ千葉-鹿島アントラーズ


0-2で負け。
初戦のガンバ戦、そしてこの日の鹿島戦と今年は強いチーム相手にはきっかりと
スコアに差が出て負けるので、わかりやすい。
昨年のように目くらましのように強豪チームに連勝した結果が現在なわけで、
力関係がハッキリすると問題も浮き彫りになりやすい(もっとも昨年のその快進撃
があったからこそ、J1で戦える現在があるとも言えるのだが)。

Jリーグを連覇しているものの、私はあまり鹿島に信を置いていない。
何故ならACLを獲っていないから。その意味で、今年こそは私に(スイマセン)と言わせて
もらいたいものだが・・・。
さてそのACLがあるためか、鹿島は少しメンバーを落とした感じ(体調不良も含め)。
アウェーでのメンバー変えはジェフの十八番だが、あれは(負けなければOK)、この日の
鹿島は(このメンバーでも勝てるだろう)で目的に大きな違いが感じられた。

果たしてその通りの結果だったわけだが、鹿島はながいサイドチェンジも流れていく人の
動きも目を見張る。対してジェフはどうもギクシャク。繰り返すことになるが、昨年から体制
を継続させている成果が見えず、深井、谷澤、新居あたりの単発プレー(シュート)が目を
引くぐらいで、これで「シュートは良く打ってるからいいんじゃないでしょうか」(実況&解説)
と言われたって・・・。

ところで常にテレビ中継で注目選手にあげられる巻誠一郎。
実際のところは深井、谷澤あたりの鋭い動きが光るわけだが、お仕事の時しか関わらない
実況と解説者には日本代表の肩書と知名度がある巻の名前しか言うことができないのだろう。

もっともその内容も「巻に当ててこぼれ球を」「ヘディングで巻に」とステレオタイプの
パワープレー&ポストの役割と決めつける。
どこぞの代表監督もそんな評価でシーズン前にさんざん連れまわした挙句は外した訳だが、
さらに問題なのは自チームの指揮官、アレックス・ミラーまでそんな役割を期待していることだ。

だいたい今のサッカーをするならでっかいFW、たとえばフリーになったヨンセンあたりを獲れば
良かったのに、中後(=あまり出ない)、アレックス(=可もなく不可もなく)あたりで”補強完了”
とするし、あまけにミシェウも残すから(ミラーは日本風にアレンジしたサッカーをするのだろう)
と思いきやロングボールを入れる頑固なサッカーを指向。
そうすると軸は確かに巻なのだが、彼は違うだろう・・・・。

180㎝を超える身長は日本では大型FW。それだけにパワープレー&ポストプレーヤーの
レッテルが貼られ、そんなプレーが要求されるも、巻の魅力はそこではないと思う。
極東の島国では大男とされる巻のような選手こそ、海外に行くべきだった。
もちろんスポンサー筋を喜ばすには知名度不足だからイタリアやスペインなどではなく、
森山泰行などのようにスロベニアなどになる。
巻が”普通サイズの選手”に見られる地で、その体を張ったプレーがどう評価されるか-----
彼のような選手こそ、海外に行くべきだった。

<PR>
日本サッカー偏差値52 (じっぴコンパクト)


スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。