--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-07

身の丈に合わない服は似合わない

2009 J1 第10節
清水エスパルス-ジェフ千葉


”こういうサッカーをするんだったら、ヨンセンを獲れば良かったんだ!”
とは前回書いた言葉だが、その大型FWはベンチスタート。
一方ジェフは”こういうサッカーをするんだったら残す必要なかったんじゃ
ないか?”と書いたミシェウが先発。中盤の底も編成変え。

もはやターンオーバー(もともと用法間違い)もアウェーは負けなければ
OK、の理念(?)もあったもんじゃない。
ミシェウがトドメ(だったはず)の点を決めた時のミラーのしかめっ面は、
ユニフォームを脱いで警告を受けたせいではなく自分の手からまったく
離れてしまったピッチ内での光景に苛立ったためか?

二点リードで決まったとばかりにテレビ画面から目を逸らしていた私。
ミラーの逃げ切り心満載の交代も、清水の何とか追いつこうとする交代
ももはや焼け石に水、と思っていたのに、清水が次々加点。
気づいた時にはスコアは同点に。
下村のシュートが外れた時に(試合の行方を左右するかも・・・)と
アナウンサーが言っていたプレーが大きく悔やまれる。
近頃は逃げ切り交代要員になった感の下村。いい選手だが中盤のパス
の精度に加えこうしたプレーには課題が多い。

試合内容は監督の意思から離れたものの、交代だけはどうしようもない。
かつての読売クラブ(ヴェルディ)の選手たちのようにピッチの中から「武田を入れろ」
などと要求するところまで行かないとダメか。
というかそこまで来る前に監督代えた方が手っ取り早くないか?
日本でプレミアめいたサッカー(ただしオールドファッションな)
を見れなくなるのは残念だけど、身の丈に合わないスタイルは身を滅ぼす。

テレビ画面から聞こえてきたブーイング。
(大人しいはずのサポーターも、アウェーで我慢の限界か・・・)
と思いきや清水サポーターの不満の表明。
二点差を追いついてもダメなん?
厳しいですね。
似合わない服を薦める紳士にも、そろそろキツメのブーイングを
すべきではないか。

<PR>
Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2009年 5/21号 [雑誌]
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

仕事の内容は見てないのに
経歴だけで評価しちゃう単細胞さがアダですね。
瓦斯のガーロがそうだったように
いずれよくなる と待つのは時間の無駄。
既に去年の時点でバレバレだったんですけどね

コメントありがとうございます

おおつるジダンさん、コメントありがとうございます。

ガーロ、いましたね。

去年妙な快進撃があってごく一部で
日本代表監督にまで推す声があって、
あの時(みんな見ないで意見を言ってる
んだなあ~)と。
今年は実況もさすがにリヴァプールの
ヘッドコーチだけでは話が続かず
「スコットランドでも監督経験があります」
って、どんだけの経歴だそりゃ? って感じ
ですね。
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。