--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-07

良い猫

2010FIFAワールドカップ・アジア最終予選
ウズベキスタン-日本


「黒い猫でも白い猫でも、鼠を取るのが良い猫だ 」

近頃、古からの言葉はなるほどその通りだと思うことが多々ある。
日々の暮らしは複雑に見えて、その実は過去から何も変わらない
進み方をしているように思える。
もっともそれが理屈でなく現実となると、こんなに客観的になれず
カオスと言うよりも遥かに混沌とした時を過ごすことになるのだが-----。

(ワールドカップ予選を見過ごすことはないだろう)

実はキリンカップだが、まだチリ戦の前半までしか見ていない。
いつかは見ようとHDDに残したものだが、数多に埋もれ日の目を
見ることが、本当にあるのか。

土曜日の夜だしさすがに本番(ウズベキスタン戦)を見逃すことは
ないと思っていたものの、いざその日になってみると一時間間違えて
いて危ないところだった。たまたまチャンネルを変えたため、約5分
見過ごしただけに止まったけれど。

(この日で出場が決まるのか)
(本大会への一番乗り)
後者はまあ良いとして、ウズベキスタンとのアウェーで本大会出場を
決めるかどうか。
(ほぼ間違いないだろうな)
果たして結果は、ご存知の通りだ。
もっともテレビゲームやアニメなどヴァーチャルな世界の出来事では
ないから、選手や監督、関係者、心から応援していたファンを思うと
おめでとうございます、お疲れ様でした。と心から讃辞を送りねぎら
はねばならない。
ところがこんな奥歯にモノがひっかかったような書き方をしてしまうのは、
極めて個人的に言うとこんな素晴らしい結果が出ても昔のような熱が
まったく沸き起こらないからだ。

散々な批判を浴びていた岡田武史監督だが、フランス大会の時、
コンサドーレ札幌、横浜マリノスに続ききちんと結果を出した。
やはり”良い猫”、いや監督と言うしかない。

まだ見ていないキリンカップでも結果を出しているようだし、残る
二試合はどう意味付けをしようが消化試合。
ここから先は本大会の蓋が開いてみないことには、何も言えない。
(あんた何を矛先ゆるめてまんのや。マイノリティが社会を面白く
する、そうちゃいますのん?)
こう言ってしばらく更新を怠っていたこのブログへ向かうよう尻を
叩いてくれた友人もいるが、申し訳ない。どうにもサッカーへの
熱が著しく落ちていて、そんな馬鹿者が結果をきちんと出して
幾多の期待を背負い己の道を拓いた者たちへとやかく言うこと
など、できようがないではないか。

<PR>
Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2009年 6/18号 [雑誌]
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。