--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-18

さよなら、スカッとさわやかな未来

2010FIFAワールドカップ・アジア最終予選
オーストラリア-日本


岡田監督会見「1試合で悲観することはない」

これだけでもツッコミどころ満載の見出しだが、この日(オーストラリア戦)は除いて結果を
出している監督だから、何も言えない。
結果とはワールドカップ予選を危なげなく通過したことだし、付随してやりにくい状況で監督を引き
受けここまで持ってきたということだ。

「たくさんではないがチャンスを作っていましたし」
「もう少しマイボールの時間を長くしないと、うちのサッカーをやるには厳しいと」


このあたりは来年の本大会で予選リーグ、もしくは決勝トーナメント一回戦で負けて帰ってきた
時に再び聞きそうなセリフだが、まあとにかくこれは”岡田JAPAN”という日本サッカー
協会認可の私有物なのだからしょうがない。
ただこのオーストラリア戦は意外とゴールに向っていて、パス回しに拘泥する様子もなかった。
連戦、主力メンバーが大量に欠場、消化試合にしてはモチベーションも高かったし日本を支持する
立場からは悲観するようなものではないと思う。これで監督交代だ、チームが悪いとするのは
いくらなんでも難しい。

「(ファンに)悔しい思いをさせてしまって申し訳ない」

なんて中村憲剛に言われると「こちらこそ予選中ずっと(負けろ!)とか今日もケーヒルの
ゴールシーンにあわせてボクシングポーズ連打して喜んで申し訳ありません」となってしまう。
選手の気持ちがのって満足なら、それで良い。
本当は四度目のワールドカップでは勝っても負けてもスカッとする時間をファンとしての立場でも
味わいたかったけれど、それはもう、しょうがないことだ。

<PR>
サッカー批評 issue43―季刊 (双葉社スーパームック)

スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。